「Trade Max Zillion」のバックテスト結果を見て躊躇しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、サイトでご紹介した「Trade Max Zillion」ですが、
ようやくその評価結果が出ました。

Trade Max Zillion
Trade Max Zillion(Pepperstone版)

今日はその評価結果をご案内します。

※なお前提としてこの評価結果は、
 リアル運用をした結果では無く、
 バックテスト結果を基にした私の結論であることを、
 あらかじめご了承ください。

改めてご説明すると、
「Trade Max Zillion」は、「EURGBP」で取引する、
24時間稼働逆張りロジックのEAです。

ナンピンも最大4回行い、最初のエントリーからは、
「0.01 ⇒ 0.01 ⇒ 0.02 ⇒ 0.04 ⇒ 0.04」
と、最初のロットの最大12倍のロットを持ちます。
(合計のロットが「0.12」ロットということです。)

この「Trade Max Zillion」について、
2007年からのバックテストを行いましたが、
投資額「$10,000」に対し、
初期ロットを「0.05」で行ったら、
あえなく2008年4月に破綻しました(汗)

・・・はい。
華麗?なる撃沈です。

そこで、初期ロットを「0.01」に変更して、
今一度、テストを行ってみたところ、
これは2011年11月まで完走したのですが、
通算利益「-$1,809」という結果に。

次に、
週末決済機能(WeekendCloseFlag=1)を設定して、
再度テストを行いましたが、
これも通算利益「-$1,013」とパッとしません。

とは言え、この設定が、
あれこれテストをした中では一番良い結果でした。

他にも、パラメーターをいろいろいじくり倒し、
合計ストップロスのパラメーターを変更したりと
テストを何度も行いましたが、
いずれも良い結果は得られませんでした。

もちろん、あくまでバックテストの結果ですので、
リアル運用を行うことで好成績が残せるのかも知れません。

しかし、そもそも過去の成績をベースに開発するEAが、
パラメーターをいじくり倒しても良い結果が得られない・・・
と言うことは、
ある程度のフィルターはバックテストで掛けられますので、
さすがに実運用に至る前に一定の判断ができると考えます。

念のため、下記にバックテストを記載しておきます。

————————————————————————

・バックテスト期間:2007/4/1 – 2011/11/8
・初期投資:$10,000

A:デフォルト運用
B:デフォルト運用
C:WeekendCloseFlag=1
D:TotalStopLoss=500

  ロット   利益    勝率
A:0.05 -$9,950.69 49.3% ⇒ 2008年4月に破綻
B:0.01 -$1,809.56 53.4%
C:0.01 -$1,013.92 52.5%
D:0.01 -$3,013.86 53.3%

————————————————————————

という訳で、
残念なのですが「Trade Max Zillion」は、
実運用は控えることにしました。

補足をしておくと、「Trade Max Zillion」は、
稼ぐ時は一定期間、右肩上がりに利益を伸ばすのですが、
大きな相場の乱高下があると、
ストップロスにかかりやすくなります。

販売ページでは、
「重要指標発表時に新規ポジションを持たない」
と記載されていますが、
少なくともバックテストではその効果を確認することができず、
リアルで動かした時に、果たしてどうか?と言うところです。

いずれにしても、バックテストからは、
コツコツと貯めた利益をドカンと放出するEAに見えるので、
もし、あなたがリアル運用する場合には、
年内一杯は、資金に余裕を持って、ロットを最小にして、
様子を見ながら運用することをお勧めします。

同じ榊原さんが開発した「Trade Max Pro」は、
非常に秀逸な自動売買ソフトだけに、
この結果は残念ですが、
私は榊原さんの開発者としての腕と人柄を理解していますので、
次回作に期待したいと思います。

余談ですが、卓丸さんの前作「Trade Max Pro」は、
システムトレード.comの10月の月間人気ソフトランキングでも、
FX総合で2位を獲ったようです。

あれは、素晴らしい自動売買ソフトです。

Trade Max Proのレビュー
Trade Max Proの販売ページ

クリックで応援いただくと飛び上がって喜びます^^
 ⇒ 人気ブログランキングへ

スポンサーリンク