VPSでMT4やEAはいくつ稼働させることができるのか?

 

  家康に過ぎたるものは二つあり、
  唐のかしらに本多平八

 

はい。

のっけから申し訳ございません。
つい、あの方をネタにした狂歌を歌ってしまいました。

ホトトギスが鳴かないのを、
悠然と待ってしまう家康公をネタにした狂歌です。

 

あなたはこの狂歌の意味を重々ご存じだと思いますが、
念のために申しておくと、
「ワシが持っとる『兜』と家臣の『本多忠勝』は、
 とんでもなくスゲーんだワ、これが。」
という、兜と本田忠勝をべた褒めする狂歌です。

 

これが、
私の自動売買ソフトの運用に当てはめて言うと、

 

  西ヤンに過ぎたるものは二つあり、
  Forex Robin VOL に VPS。

 

てナ感じでしょうか。

 

取って付けた感がハンパ無いので、
パソコンないしはスマホの画面を前にして、
あなたの顔面が苦痛に歪んでいるのが、
容易に想像できます。

これは大変に失礼いたしました。

 

はい。

連日、Forex Robin VOLをご案内しているので、
それは西ヤンの「過ぎたるもの」ということで、
とりあえず脇に置いておいて、
西ヤンのもうひとつの「過ぎたるもの」であるVPSについて、
良くいただくご質問にお答えします。

 

上述したとおり、私はもはやVPS無くしては、
EAの運用はできないとさえ思っています。

契約しているVPSの数も二桁を余裕で超えますし、
月々の支払いもハンパありませんが、
それでも「VPSでEAを運用できて幸せ~」と感じます。

 

あ、釈迦に説法孔子に論語だとは思いますが、
「VPSってナンヤネン?」という方は下記をご覧になり、
ニュアンスとしてVPSをご理解ください。

VPSとは?

 

さて、良くいただくご質問ってのは、

「西ヤンよ、VPSが良いのは分かった。
 じゃあ、どのプランが良くて、
 どのくらいのEAを動かせるんかい?」

というご質問です。

今日はこちらにお答えします。

 

まず「どのプランが良いか?」という疑問ですが、
私は一番下のプランで良いと思っています。

「使えるねっと」や「お名前.com」で言うところの、
メモリが「1GB」のプランです。

これは、自動売買ソフトの
ライトユーザーにもヘビーユーザーにも言えることですが、
大きな容量のVPSを「ひとつ」借りるよりも、
小さな容量のVPSを「複数」借りた方が良いです。

と言うのは、VPSというのは通常であれば、
何名かで共同利用するサーバー内に格納されています。

ゆえに、同じサーバー内の隣人さんが、
相当なヘビーユーザーだったり、
妙な使い方をして何らかのトラブルを発生させてしまった場合、
自分のVPSも、何らかの影響があるかも知れません。

また、サーバーそのものに不具合が発生してしまった場合、
最悪の場合、そのサーバー内に格納されているVPSが
稼働しなくなってしまうかも知れません。

こうした「リスク」を考えた場合、
大きな容量のVPSを「ひとつ」借りていた場合は、
当然のことながらひとたまりもありませんが、
小さな容量のVPSを「複数」借りていた場合は、
リスクも分散させることができます。

(すべてのVPSが同じサーバー内に
 格納されてしまっている場合はダメですが。)

 

ゆえに私は、自動売買ソフトの運用と同様に、
VPSのリスク分散もすべきだと思っており、
大きな容量のVPSを「ひとつ」借りて運用するよりも、
小さな容量のVPSを「複数」借りて運用する方が、
やや手間はかかりますが、リスクは分散される
と考えています。

費用の面でもそうですよね。
小さな容量のVPSは格安ですので、
これをひとつずつ借りていった方が、
無駄なコストも抑えられますので有効だと思います。

 

では、
「どのくらいのEAを動かせるんかい?」
という質問に移ります。

極論を言ってしまいますと、メモリの1GBプランで、
MetaTrader4を10個以上は動かせると思います。

とあるEA開発者さんは、1GBのプランで最大で、
MetaTrader4を15個まで稼働させていると言っていました。

つまり、1つのMetaTrader4に、
1つのEAが乗っていたら合計で10個、
2つのEAが乗っていたら合計で20個を
稼働させることができうるという訳です。

なお、たくさんのMetaTrader4を稼働させていると
VPSを立ち上げた時に表示が遅くなったりします。
(これを『描画が遅くなる』といいます。)

しかしこれは、
単にVPSがポテンシャルとして描画が苦手なだけで、
実際のVPSの中を覗くとキッチリとEAが動いている
訳です。

そもそも、
EAが早くなったり遅くなったりすることにおいて、
VPSに対して神経を尖らせるよりは、
FX業者のサーバーに神経を尖らせた方が良い
と考えます。
(遅延はそちらの方がヨホド影響が大きいと思います。)

 

ただし!!

ここまでの話は事実なれど、
ややもすると「限界に挑む!!」的な考え方の下、
ご案内した次第です。

実際に私はどのように稼働させているかと言うと、
メモリの1GBプランのVPSで、
MetaTrader4は多くて「4つ」まで、
EAは、各MetaTrader4に2個~3個乗せる感じで、
最大でEAは10個くらいまでだと考えています。

それ以上は、動かしてはいません。

 

500万円以上を投入している口座に至っては、
1GBプランのVPSに、
1つのMetaTrader4、
2つのEAみたいな運用をしているVPSもあります。

やはり、大事な資金がかかっているものですので、
決して無理な詰め込み方はせず、かといって、
「『VPS1つ』につき『MT4は4つ』だけ!!」などと、
あまり考え方を硬直化させずに、
「資金量」や「挙動」を見ながら
判断するようにしてください。

 

え?

「『使えるねっと』と
 『お名前.com』ってどっちがエエの?」

ですって?

 

んー
正直、どちらでも構いません(笑)

少し前までは、
双方のメリットデメリットもあったのですが、
今は、お互いがお互いを思いっきり意識し合い、
「使えるねっと」のサービスを「お名前.com」が追随し、
「お名前.com」の価格破壊を「使えるねっと」が追随するみたいな、
ある意味、サービス面でのつばぜり合いが激しく、
顧客としては嬉しい切磋琢磨をなさっている訳です。

(双方が歩み寄って、価格カルテルなどを
 結ばないようにしていただきたいですナ(笑))

 

ですので、どちらでもOKです。

上述したように、VPSのリスク分散も必要だと思いますので、
今「使えるねっと」を利用している方は、
2つ目のVPSには「お名前.com」を、
今「お名前.com」を利用している方は、
2つ目のVPSには「使えるねっと」を、
導入すれば良いかと思います。

 

「ヲイヲイ西ヤン、
 それじゃ答えになっとらんよ。

 強いて言えばどっちよ。」

 

困りますね(笑)

強いて言えば「使えるねっと」でしょうか。
(ほとんど変わりませんけどね。)

VPSの初期導入時に稼働できる容量が、
やや「使えるねっと」の方が大きいですので。

使えるねっとが安いです。今。

 

ちなみに、
「使えるねっと」が始めた米国の設置サーバー
は、
「お名前.com」も同様のサーバー選択ができるように
なったようです。

お名前.comの無料トライアルが得ですワ。

 

この「せめぎ合い」が、一顧客としてはたまりません。

市場がぶっ壊れない程度に、
双方ともいい塩梅でこのままケンカ四つ
組み続けていただきたいところですナ(笑)

 

クリックで応援いただくと飛び上がって喜びます^^
 ⇒ 人気ブログランキングへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2013年01月31日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:VPS

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

このページの先頭へ

FX情報商材トップ
このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加