ビクトリーFXの2011年4月の実績

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビクトリーFX(タイプ1)の2011年4月の実績をご報告します。

獲得Pips 損益
4月第1週(4/4~4/8) 5 3 0 51 $5.34
4月第2週(4/11~4/15) 8 6 0 93 $10.23
4月第3週(4/18~4/22) 17 10 0 213 $21.91
4月第4週(4/25~4/29) 18 7 0 220 $23.01
合計 48 26 0 577 $60.49

今月も無事に、
「500Pipsオーバー」+「$60.00オーバー」
を達成しました。

ビクトリーFXで非常に感じるのは、
ナンピン時の「ファジーさ」です。

例えば、FX孔明オートトレードシステムは、
60Pipsごとにナンピンを発動し、
ナンピン時のロットも決まっています。

これに対し、ビクトリーFXは、
ナンピン発動幅に複数のルールがありますし、
ナンピン時のロットもまちまち。

この、「良い意味でのファジーさ」は、
ビクトリーFXの開発者の山本さんが、
最も苦労した部分で、
過去の値動きの分析をし尽くした上での答えです。

でも、よくよく考えると、
「ナンピン発動幅」や「ナンピン時のロット」が、
全て決められた数値であるというのは、
いかにもおかしな話しです。

相場は奇妙奇天烈な動きをする生き物です。

その奇天烈な生き物に対して、
決まった数値で型にはめようとするのは、
非常に危険な印象が否めません。

このファジーなマーチンゲール手法こそが、
ビクトリーFXの持ち味です。

ビクトリーFXの販売ページはこちらです。
 ⇒ http://victory-fx.main.jp/iftop.html

ビクトリーFXのレビューに戻る。
 ⇒ ビクトリーFXの詳細レビュー

クリックで応援いただくと高らかにビクトリーサインを出します^^
 ⇒ 人気ブログランキングへ

スポンサーリンク