ナンピン・マーチンゲール手法(ナンピンマーチンEA)とは?

ナンピンマーチンゲール手法ってのは、
多くのブログやらメルマガを見ていると、
まあ都合の良いことばかりが書かれています。

書いてらっしゃる皆さんはご存じないのでしょうね。

あるいは不都合な部分は隠しているんでしょうね。

それはさておき、本日は、私西ヤンが、
こうした連中に反旗を翻すために、
ナンピン・マーチンゲール手法について解説します。

「ナンピンマーチンの恩恵に預かっております。」
というあなたのその盛り上がりをたたき壊してしまうかも
知れませんのでどうぞそのつもりでいてくださいませ(笑)

 

まず、ナンピン・マーチンゲール手法を説明します。
(ここでは略して「ナンピンマーチン」と言います。)

「ナンピンマーチン」とは、
最初のエントリーの方向とは逆の方向に値が動いた場合に、
・エントリーと同じ方向に
・ロットを上げながらポジションを追加し
・トータルで利益にする
という手法です。

・・・って分かりますか?

 

「何言ってンのかようわからんワ。」

 

ですよね。

なのでチクと具体的に説明します。

例えば、現在、ドル円が「100円」だとします。

この時点で、今後は円安の方向に値が動くと予想して、
「買い」の方向にポジションを持ったとします。

この場合、そのまま円安の方向に値が動けば、
スンナリと「利確!!」になるのですが、
そうは問屋が卸さないのが為替相場。

想像とは裏腹に、円高方向に値が動いてしまえば、
「買い」ポジションの含み損は順調に拡大していきます。

この状態を脱却するお手伝いをしてくれるのが、
「ナンピン・マーチンゲール手法」
な訳です。

上記の場合であれば、最初の「買い」ポジションを立てたあと、
グイグイ円安の方向に動いてしまった「あるタイミング」で、
2つ目の「買い」ポジションを立てます。

その際(2つ目)の「買い」ポジションは、
1つ目のポジションよりも「ロットを上げて」立てます。

※用語についてはちゃんと説明すると長くなるので、
 ・「ナンピン」とは、ポジションを同じ方向に重ねること
 ・「マーチンゲール」とは、ロットを上げていくこと
 くらいに覚えておいてください。
 (用語はあまり重要ではないのでかなり適当です。)

はい。

この時点で、2つのポジションを保有していることになります。

そして残念ながら、それでも値が戻らなければ、
3つ目の「買い」ポジションを、更にロットを上げて立てます。

更に残念ながら、それでもそれでも値が戻らなければ、
4つ目の「買い」ポジションを、更に更にロットを上げて立てます。

・・・これを繰り返すことで平均購入価格を下げ、
少しの値の戻りでプラス決済をさせるのが、
ナンピン・マーチンゲール手法の肝な訳です。

 

「ぬなっ?
 じゃあ、ずっと値が戻らなかったらどうなるん?」

素晴らしいご質問ですナ。

はい。

もちろん「破綻」します。

これは実に当たり前のことです。

ナンピンマーチンの根底には、
相場ってのは、上に下にジグザグと動くモンだよね。
(つまりは一方向へ動きっぱなしってことは無いよね。)
という「暗黙の了解」が存在します。

この暗黙の了解ってヤツが崩れ、
一方向にビュビュビューっと値が動いてしまえば、
何個、ポジションを押っ立てても追いつきません。

あとは資金量との勝負になり、その資金が底をつくと、
「強制ロスカット」となります。

つまりは、その口座は破綻してしまうと言うことです。

例えば、先ほどの例であれば、
ドル円が「100円」の時に「買い」ポジションを立て、
その後、予想に反して円高方向に値が動き、
更に、決済ができるような「値戻り」も無く、
ドル円が一方向にビュビュビューっと
「80円」になってしまったとしましょう。

資金量やポジション数にも左右されるでしょうが、
一般的なナンピンマーチンのロジックであれば、
「20円」の値動きはおおむね破綻してしまうクラスです。

事実、2012年の11月時点ではドル円は「78円」でしたが、
アベノミクス効果?で「100円」にまで動きました。

この一方通行の円安の動きで、ナンピンマーチンを採用した
複数の自動売買ソフトが残念ながら破綻しました。

私自身、確信を持って動かしていたとあるEAが破綻し、
「こりゃしっかり対処せにゃならんな。」
と(負けていながら)兜の緒を締め直した次第です。

 

はい。

とまあ、あなたには余計なお世話だったと思いますが、
ナンピンマーチンについて解説してみました。

誤解の無いようにお伝えしておくと、
ナンピンマーチンという手法は、実によく考えられた、
まさにEA向きの手法だと思います。

どのくらいの値幅でポジションを立てるか?
その際はどのくらいのロットが適切なのか?

これは人間が考えるよりも
コンピューターに任せた方がよほど楽チンです。

とりわけビクトリーFXに至っては、2010年11月から、
ずーーっと月ごとの成績がプラスで推移していますし、
(2012年の11月以降の円安の値動きにも対応しました。)
それ以外にも優れたナンピンマーチン系EAは存在します。

 

ここでひとつご提案をします。

ナンピンマーチン系のEAを運用するのであれば、
どの程度、損失が拡大してしまったら損切りするか?
という撤退ポイントを最初に決めておきましょう。

自らの資金と相談し、自分はどのくらい我慢できるのか?
どのくらいの損失までならば許されるのか?
こうした点をあらかじめ決めておく。

(もちろん、そのEAの可能性を信じて、
 行くとこまで突っ走るのもひとつの考え方です。)

含み損を切る(決済する)ことは、
当たり前ながら相当に勇気が要ることだと思いますが、
自分で決めた「EA」と「損切りポイント」です。

ゴール(マイナスのゴールですが)が決まっていますので、
含み損が拡大してしても心理的負担も減るでしょうし、
バタバタと慌てることも少なくなるでしょう。

 

はい。

この記事をお読みになって、
ションボリしてしまったかも知れませんが、
そのくらい、
「ナンピンマーチンはなめてかかってはいけない」
と気持ちを引き締めて運用していただきたいと思っています。

 

「ってことは、『ナンピンマーチン』系のEAで、
 安心して運用できるEAってないんかい?」

ナイスなご質問です。

もちろんあります。

私がかねてからオススメしているビクトリーFX
ビクトリーFXの西ヤン評価

そして、ロスカット機能が付属しているFXKousui Baggio
FXKousui Baggioの西ヤン評価

この2つがオススメに値するEAだと思います。

 

ビクトリーFXは、前述したとおり、
2010年11月より2年半に渡って、
マイナスの月が一度もないという、
普通ではチト考えられない成績を残しています。

利益は大きくはありません。
その替わり、ほとんど損失がないEAな訳です。

ビクトリーFXは、
「ナンピンマーチンという狭い枠」に限定した話ではなく、
国内の自動売買ソフトの中では最高峰のEAだと思っています。

 

そして、FXKousui Baggioは、
・EAに内蔵されているプログラム
・パラメーターで設定する機能
という2つのロスカット機能が搭載されていますので、
通常のナンピンマーチン系EAと比較すると、
損失が限定され、比較的安心して運用できます。

ビクトリーFXに対してFXKousui Baggioは、
非常に貪欲に利益を獲っていきます。

だからこそ、損切り機能が付属しているのですが、
「攻めも立派」「守りも立派」というEAとして、
西ヤン自らの「投資」扱いで運用しています。

 

以上、ナンピン・マーチンゲール手法の解説と、
オススメのEAのご紹介でした。

ご参考までに。

 

クリックで応援いただくと飛び上がって喜びます^^
 ⇒ 人気ブログランキングへ

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

このページの先頭へ