【特典4】 定価4,138円で販売している 「確定申告ソフトの特別版」

確定申告ソフトの特別版

FX利益20万円超で確定申告は必須
累計販売数43万本の確定申告ソフト

選択特典(2つまで選択可能)

本サイト限定特典

再配布不可

 

【最新の2013年版をご用意しました!!】

FXで20万円以上稼いだら、
あなたはもう確定申告対象者です。

え?何もしないつもりですって?
あなた、下手すりゃ脱税で捕まりますよホント。

でも大丈夫。
本サイトからの購入者さんのためだけに、
実際に市販されている「確定申告ソフト」の
特別版を頑張ってご用意しました!!

 

2013/2/24追記

2012年分の申告より、国内のFX業者での利益については、
申告分離課税となります。

また、海外のFX業者での利益については、
これまでと変わらず雑所得として総合課税の対象となる
というのが西ヤンの見解ですが、
事前に必ず近くの税務署に確認してください。

海外FX業者の確定申告については、
下記の記事をご参考になさってください。

海外FX業者の確定申告(2013年版)

 

【特典内容】

あなたがもしFXで年間20万円以上稼いでいたら、
確定申告の対象者です。

確定申告をしなければ、
(本当に)脱税で捕まりかねません。

4億円を脱税した主婦とか、
1億円を脱税した元校長先生とか、
数々のビッグネームが紙面を賑わしてきましたが、

その裏で、ネット上での投資だけで、
過去3年間8,000人の申告漏れが国税局から指摘されているって
あなたは知っていましたか?

2008年に可決された税制改正により、
すべてのFX業者に対して支払い調書の提出が義務付けられ、
なんとも恐ろしいことに、
国税局はすべての取引情報を
把握できる状態にあるのです。

要は、誰がどのくらい稼いでいるのか、
そして、誰が申告していないのかが税務署には筒抜けなのです。

捕まる前に確定申告は速やかに行いましょう。

何よりあなたの身の保全のためです。

 

申告の必要性をご理解いただけましたか?

繰り返しになりますが、
確定申告は「あなた自身のため」に必要です。

 

「ところで確定申告ってどうやってやるの?」

はい。
ここで購入者様向け特典の「確定申告ソフト」が登場します。

私の過去の人脈をグイグイと辿りまして、
某大手ソフト会社の社長様に直接掛け合い、

本サイトからご購入いただいた方のためだけに、
定価4,138円で販売されている
「確定申告作成ソフト」の特別版
を、
ご購入特典としてお譲りする許可を得ました!!

社長!!
ありがとうございます!!

このソフトを特典に付けている人は私だけ。

なにせ私自身がご購入者様のために交渉したのだから。

ちょっと恩着せがましいでしょうか?(笑)

でも本当にダメ元で交渉して、
特別に許可を得ることができたシロモノなので、
どうか温かい目でお許しになってくださいね。

「確定申告は大変でしょ?」

それ、いつの時代の話しですか?!

このソフト、多くの申告対象者さんに愛され、
これまでに、なんと累計43万本を販売しています。

 

あり得ない販売数を叩き出せたのは、

パソコンをほとんど使わないお父さんでも
携帯の漢字変換を覚えたばかりのお母さんでも

できる簡単さが為せる業。

年々、利用者が増えているのが何よりの証拠。

書店で売ってる申告マニュアル本なんか買っちゃダメですよ。
全然必要ないですから。

 

ちなみに、

FX以外の副業なんかで収入が20万円以上あった人や、
医療費が10万円以上
掛かった人、
パートやアルバイト
の人、
年収が2,000万円以上
の人なども、
確定申告が必要です。

このような方々も、もちろんこのソフトでカバーしています。

申告は素早くスマートに終わらせてしまいましょう。

 

※ソフトのサポートは付いていません。
※ユーザー登録が必要です。
※2013年のバージョンとなります。
※諸処の事情で、数量限定となります(本当です。)

 

【このソフトでできること】

  • ややこしい確定申告がいともカンタンにできてしまいます。
  • FX以外の確定申告対象者の確定申告もできます。
    (副業収入があった人、パートやアルバイトの人、
     年収が2,000万円以上の人、医療費控除対象者など)

 

 ⇒ 特典全般のご案内(スゴイよっ!!)

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2010年11月11日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ご購入特典

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

このページの先頭へ