「次世代地頭FX会」募集を開始します。

本日は「次世代地頭FX会」の説明をさせていただきます。

まずは以下を読んで理解を深め、
もし、あなたに「地頭FX会」が必要であれば、
参加の意思表明をお願いします。

なお、今回の参加メンバー数は、
これまでの「地頭FX会」の募集人数と比べて一気に落とし、
「10人」だけとします。

(「地頭FX会」は「50人」としていました。)

運営方法がはじめての試みとなりますので、
最初の募集は少しずつ様子を見ながら行うための措置です。

したがって、場合により、
競争率がかなり高くなるかも知れませんが、
どうぞご理解のほど、よろしくお願いいたします。

ではまず、「次世代地頭FX会」のコンセプトをご案内します。

この投稿の続きを読む »

西ヤンシステムの構築

しっかし、昔の人はよく言ったモンです。

「言ってもらえるウチが花」

この投稿の続きを読む »

西ヤン、本、出しました。

私、西ヤンは、本を出版しました。

西ヤンの本

この投稿の続きを読む »

謝辞+お得情報アリ升

3月3日に、
「地頭FX会」第四期生の募集を終了させていただきました。

お陰さまで多くの「EからSに移行」を切に希望する
雄々しい勇者たち(あ、女性もいらっしゃいます)が集結し、
その活気で地頭FX会は沸点間近となっています。

この投稿の続きを読む »

いつでも、どこでも、さくさくと

私のメルマガの読者様に、N様という方がいらっしゃいます。

恐らくこの方は、私が知っているトレーダーの中でも、
トップクラス・・・いや、
そのまんま「トップ」と言っていいくらいの
凄まじいトレード力を持った方です。

この投稿の続きを読む »

悲しいかな、しょせん我々は雑魚。しかし雑魚なりの生き方がある。

本日の記事は、
聞く方によっては悲しい現実を突きつけられる話かも知れません。

でも、FXで勝つためには知っていなくてはなりません。

心してお読みください。

この投稿の続きを読む »

進化って素晴らしい。北京原人からクロマニョン人へ。

一昨日、「地頭FX会」の講師のHさんと、
第四期生の勉強会について話し合いをしてきました。

・・・その時に、重要な事実が判明しました。

 

はい。

「地頭FX会」の「裁量トレード支援ツール」が、
私の想像を超えたとんでもない進化をしていました。

表現がへたくそな私が恥を忍んで表現すると、
第一期生のツールが「アウストラロピテクス(猿人)」
第二期生と第三期生のツールが「北京原人(原人)」だったとすると、
第四期生のツールは「ネアンデルタール人(旧人)」を飛び越えて、
「クロマニョン人(新人)」にまで進化した
・・・という感じです。

自分で書いていて、誠にお粗末かつお恥ずかしい表現ですが、
事実、そんな状況なのだからこれがまた恐ろしい。

この投稿の続きを読む »

「地頭FX会」第四期生のメルマガ開設!!

「地頭FX会」第四期生について、
もっと深堀りして知りたいという方は下記にご登録ください。

⇒  「地頭FX会」第四期の情報提供を希望する 

この投稿の続きを読む »

刹那的な「タノシイマイニチ」に自らを埋没させた日々

 

私は現在、41歳です。

まずはその「どうでも良い点」を頭の中に入れてお読みください。

 

私が「中学生やら高校生」の頃。

そのくらいの年齢から見る「20歳」の人はとても「大人」に見えました。

自分が「20歳」になった頃には、今、自分できないことが全てできる、
颯爽として格好良い大人になっているだろうと思っていました。

・・・しかし。

いざ自分が「20歳」になった時、
「成人式」とか「飲酒解禁」とか、確かに節目「感」はありましたが、
想像以上に、自分は「大人」になっていませんでした。

極端な話、中学生やら高校生頃の心をそのままスライドして、
「20歳」を超えてしまったという感じでした。

この投稿の続きを読む »

地頭FX会のツールは本当に戦える武器になるのか?

昨日の「地頭FX会」のご案内メールをご覧になった方から、
こんな褒め言葉を賜りました。

「地頭FX会」第四期生のご案内

 

「まあ毎度毎度オタクのメールはウザくて熱いが、
 昨日の資料はとりわけウザくて熱いぞなもし。」

この投稿の続きを読む »

このページの先頭へ

FX情報商材トップ