ラーメンは日本の素晴らしい文化である。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無事に10日間ほどのアメリカ出張から帰って参りました!!

いやあ・・・アメリカでは、
朝昼晩と、まともに食事できませんでしたので、
日本に帰ってからは、
まずは「規則正しく食事を取れる喜び」を感じ、
その後に「日本食のウマさ」を再確認しました。

まあ、日本食といってもラーメンが中心ですが(笑)

しっかし、改めて思いますが、
ラーメンは日本の素晴らしい文化ですナ。

最近、東京の神田はおいしいラーメン店が乱立し、
昼食時などは楽しみで仕方ありません。

特にお気に入りは「鬼金棒(きかんぼう)」です。

「辛さ」と「痺れ」が決め手のラーメンで、
ここのつけ麺がウマいことウマいこと。

ちなみに、「鬼金棒」の「痺れ」って何だと思います?

はい。
「山椒」です。

唐辛子の「辛さ」と、山椒の「痺れ」が相まって、
大変な旨味ハーモニーを奏でます。

あ、そうそう。

実はこの「鬼金棒」ですが、
私の事務所とインフォトップの中間点にあるのです。
(嬉しきかなインフォトップも神田です。)

先日、毎度のことながらフラリと「鬼金棒」に入ると、
カウンターの奥で、肩を怒らせ難しい顔をしながら
ズルズルと居丈高にラーメンをすすっている
御大がいました。

その御大、どこかで見たことがあるなあ・・・と思って、
チラチラ見ていたら、
インフォトップの社長さんだということに気づきました。

はい。
インフォトップの田中社長です。

会ったことは無いが、なぜかfacebookでは友達だという、
俗に言う「バーチャ友人」なので、
恐らくは私の顔なんぞ知らんだろうナと思いながらも、
仮に、知っていて話しかけられたとしても、
インフォトップが扱っている商材を次々に糞ツボ扱いをするような検証者は、
存在そのものが有り難くないだろうし、
そもそも話すネタもないから話しかけられても困ると思い、
肩をすぼませうつむき加減猫背でラーメンをすすり、
インフォトップの社長をやり過ごしたという事件がありました。

・・・ん?

さほどご興味がありませんか?
この話し。

了解です。

少なくとも私は、上記のコメントは
インフォトップの社長ならびにインフォトップの皆さんには、
あまり見られたくはありませんが、
当然のことながら涼しい顔してサイトにアップします。

クリックで応援いただくと飛び上がって喜びます^^
 ⇒ 人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク