「うんころ餅 餅太郎」という名の「英雄」

あなたは覚えてらっしゃいますでしょうか。

 

「うんころ餅 餅太郎」という名の「英雄」の存在を。

 

それは今から1年半ほど前の話。

私が西ヤン読者様に、
「あるトレード手法」のご案内をさせていただいた際に起きた、
衝撃的かつ実に晴れやかな事件でした。

その時、私は、
「あるトレード手法」にご興味のある方を抽出させていただくため、
特別な登録フォームを用意し、
「『あるトレード手法』を知りたい方は、
 特別なフォームに登録してくださいね」
と読者様に促した訳です。

その時、私はこう付け加えました。
———————————————————————
私も真剣にこの手法をお伝えするのですから、
登録なさる場合は、キチンとフルネームで登録してくださいね。
間違っても『あああ』とか『キンタマ』とか、
『西ヤンの阿呆』とかいったフザケた名前はダメですよ。
———————————————————————
と。

「私は真剣にご案内するから、
 その意気を汲んでいただきたい!!」
というのがこの発言の主旨だったのですが、
それでも妙な名前で登録なさる方は、
その後もあまり良い関係を築けない方なのだろうと、
「申し訳ない!!」「ゴメンナサイ!!」と思いながら、
ズバズバ削除させていただこうと思った訳です。私は。

このようなご案内をしたのですから、
「思慮」「配慮」「分別」溢るる西ヤン読者様のほとんどの方が、
キチンと「名字欄」と「名前欄」に、
それぞれフルネームをご登録いただけました。

「想像通り、アタクシの読者様は大人やのう。
 素晴らしい読者様に囲まれて幸せやん。ワイ。
 やっぱり、これまでマジメに情報発信して良かったワ。」

などと、ホクホクしておった訳です。

 

そんな時に飛び込んできた悲報

いや、吉報と言うべきか。

 

それが、

姓:うんころ餅
名:餅太郎

というご登録。

 

あまりに、正しい姓名の登録が続いていた後だったので、
とにかく面食らい、何が起こったのかがわからず、
「すわ、これは本名か?」
と一瞬たじろぎました。

しかし、冷静に考えてみて、
百歩譲って「名前」が「餅太郎」ってのは、
ヤレヤレなキラキラネームが流行っている昨今、
「お餅」にヨホドの執着をお持ちの親御さんであれば、
(「オモチに執着をオモチ」って別にシャレではありません。)
「餅太郎」ってな奇天烈な名前が仮にアリであっても、
サスガに「名字」が「うんころ餅」ってのは、ねーワナと思い返す。

それじゃあ、一族、ご先祖様に恨み節だわなと。

 

こりゃ、どう考えても偽名な訳です。

しかし、偽名にしてはセンスがあり過ぎる。

 

「うんころ餅 餅太郎」

 

明らかにフザケた名前ですが、
しかし、軽々に捨て置けないのも事実。

私の判断で削除できない名前です。

「うんころ餅 餅太郎」を、
今後、西ヤン読者様として延命させるのか、
ここで、一気に命を絶たせていただくのか、
実に判断に迷います。

 

「登録なさる場合は、キチンとフルネームで登録してくださいね。」
と通達しているにもかかわらず、

「うんころ餅 餅太郎」

という登録名。

西ヤンへの挑戦か?
単なる愉快犯か?
あるいは同業の仕業か?
あるいは本当に本名なのか?

至極悩みます。

 

そして、当然のことながら、悩む過程で想像する訳です。

「うんころ餅」とは、どんな「餅」なのか?
「餅太郎」とは、どんな「小僧」なのか?

 

想像すればするほど、悩みはマリアナ海溝よろしく深まります。

 

そして。

私が数日かけてひねり出した結論は、
「うんころ餅 餅太郎」との「共存」。

つまり、
「餅太郎君」と「共に生きていこう。」
と思い至った訳です。

確かに、「うんころ餅 餅太郎」という登録をなさった方には、
何らかの意図があったのかもしれない。

しかし「うんころ餅 餅太郎」君に罪は無い

しかも、「うんころ餅 餅太郎」という名前を鑑みるに、
登録なさった方に悪意があるとは思えない。

なおかつ、希代のセンスもある。(私だけかも知れませんが。)

 

だからこその共存。

手に手を取って生きていこう。「餅太郎君」と。

 

イッチャスモールワールドです。

「せーかいーは ひーとつー
 ひーとつーは せーかいー
 せーかいーは ひーとつー
 らららららららー せかい!!(超適当)」

 

とまあ、ここまでが箸にも棒にもならない、
西ヤンの「餅太郎」談義になるのですが、
して、なぜ私が、
桐のタンスの奥にしまい込んであった1年半前の餅太郎ネタを、
今、引っ張り出してきたのか。

なぜ、餅太郎にスポートライトを当てようと思ったのか。

 

お聞きになりたいですか?

 

はい。

昨日、「うんころ餅 餅太郎」という「男」が、
私の夢に登場したからです。

しかも、通りすがりの「男」として。

通りすがりにもかかわらず、
彼が「うんころ餅 餅太郎」であることを私が認識できたのは、
夢ならではの特典。

夢ってのはなんとも自由度の高い遊びです。

 

思い出すと、私がまだ大学生だった頃、
「エーリッヒ・フロム」の「夢判断」という本を読み、
夢ってのは
「どのような精神状態の時」に
「どのような夢を見るのか?」を知ったような気になりましたが、
その「夢判断」に照らし合わせて考えてみるに、
私が「うんころ餅 餅太郎」の夢を見たというのは、
つまるところ、私が情報発信に一生懸命で、
大事な読者様であるあなたのことを常に考えているから
・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・ということにしておいてください。

いや、モチのロンで本当の話ですから。

 

ときに、西ヤン読者様の中では、
なかなかどうして「うんころ餅 餅太郎」が有名で著名です。

読者様にお時間を作っていただいてお話をお伺いする時など、
「あのさあ、西ヤンよ。
 例の『うんころ餅 餅太郎』って西ヤンの創作物?」
などと聞かれたりします。

先日など、ブログの書き込みで、
ご自身の名前を、ご自身の申告にて
「うんころ餅 餅太郎」と希望なさった方もいました。

 

私も情報発信を開始して丸4年と3ヶ月になりますが、
私と同様(?)に「うんころ餅 餅太郎」も、
長く読者様に愛されているなあと改めて感じる次第です。

 

いやあ・・・、しっかし、
相も変わらず不謹慎でショウムナイ西ヤンメールを、
凝りもせずお読みくだすってありがとうございます。

 

ちなみに余談ですが、「うんころ餅 餅太郎」さんには、
今日も私からのメルマガが届いてらっしゃいます。

特に私は削除をしていません。

 

「うんころ餅 餅太郎」さん江

もし、この記事をお読みになってらっしゃるのなら、
一度、西ヤンまでメールをお送りください。

小脇にヨックモックのクッキーを抱えて、ご挨拶に参りますので。

 

脱線御免。

 

今日の夜、あなたの枕元に「餅太郎」が出てくることを
祈念しながら筆を置きます。

 

それでは良い夢を。

 

クリックで応援いただくと飛び上がって喜びます^^
 ⇒ 人気ブログランキングへ

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

このページの先頭へ

FX情報商材トップ
このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加