「銀座いわ」でお寿司を食べてきました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日は、西ヤンメルマガの読者様と一緒に、
銀座八丁目にある「銀座 いわ」に行ってきました。

銀座 いわ(食べログ)

「銀座 いわ」の店主は「岩央泰さん」という方なのですが、
「銀座 久兵衛」で修行した後に33歳で独立し、
その独立初年度からミシュランの一つ星を獲得し、
更にその後、5年連続で獲得し続けている江戸前のお寿司屋さんです。

ちなみに「銀座 いわ」が出店しているテナントには、
2012年までは、かの銀座小十が入っていました。

こちらもミシュランで三つ星のお店で、
銀座界隈の味にうるさいお客さんを唸らせてきたのですが、
そのお店の「場所」を、「銀座 いわ」がバトンタッチしたようです。

今週、岩さんは銀座いわ 香港店で寿司を握っていて、
本日は香港からの帰りの日だということで、
残念ながら、岩さんが握ったお寿司は食べれませんでしたが、
なんのなんの、やっぱり美味しくて仕方ないです。

西ヤン 銀座 いわ

「銀座 いわ」ならではの少し小振りのお寿司を口に運ぶと、
口の中でフワリととろけます。

お恥ずかしい話、比較的私は、
「なんでもかんでも出されたものはおいしく感じてしまう人間」
という大胆かつ大雑把な舌を保有しているのですが、
この私が、いつもの「うまい」ではなく、
「腰が抜けるほどうまい」というお寿司な訳です。
(どうも説得力に欠けるコメントで恐縮です。)

西ヤン 銀座 いわ

西ヤン 銀座 いわ

「銀座 いわ」のお寿司は「ザ・江戸前」

いわゆる「新鮮さが命」という、
取れたての魚をサッと捌いてサッと出すお寿司とは違い、
魚に華麗な包丁さばきを施し、
見た目だけでなく、味も美味しく進化させてくれます。
(もちろん大変に新鮮です。)

基本はお任せコースなのですが、
その日の良いネタを出してくれますので、
次回、足を運んだ時もエラく楽しめると言う訳ですね。

西ヤン 銀座 いわ

今回は読者様とご一緒させていただいたのですが、
話も大いに弾み、皆さん、大満足なさってらっしゃいました。

月に1回は・・・、いやいや、少なくとも3ヶ月に1回は、
「銀座 いわ」で、心も体も温めたいものです。

(つまりは、為替でしっかり稼ぎなさいよ、西ヤン。
 ということですナ(笑))

西ヤン 銀座 いわ

帰り際に「寿司 いわ」の若い皆さんをパチリ。

西ヤン 銀座 いわ

参加者さんと一緒にお店の前でパチリ。

西ヤン 銀座 いわ

皆さんご一緒くださいましてありがとうございました!!
(勝手にお寿司にしちゃいました。)

そうそう。
余談ですが「銀座 いわ」では、小さなお子さんもOKだそうです。

高級店は「小さなお子様お断り」のお店が多いのですが、
「銀座 いわ」は、どうぞごゆっくりだそうです。

本日は、いらっしゃいませんでしたが、
昨年末に、つけ場に立つ岩さんを収録させていただいたので、
一度、ご覧になってみてください。

芸術的な職人さばきです。

圧巻のウニ作りの所作

「お寿司握っているところを撮って良いですか?」
と聞いたところ、一言、ボソッと、
「どうぞ。」
とのこと。

「ヤベ(汗)お気を悪くなさったかな?」と、
一瞬ヒヤッとしたのですが、あとで聞いてみると、
お客さんが心地よく好きなように楽しんでもらうため、
あまり言葉を投げかけず、最低限のことしか喋らないようです。

ご自分は、とにかく美味しいお寿司を出すことに徹するのみ。

なるほど、つけ場に立つ岩さんは驚くほどに寡黙ですが、
その握りから放たれる言葉は実に雄弁に語りかけてくる訳です。

最後に、「銀座 いわ」の香港店もご紹介しておきます。

香港 銀座いわ
香港 炭火肉料理いわ

香港島のセントラルのど真ん中のビル(8 Wyndham)の最上階に
お店を構えています。

「香港 銀座いわ」が30階で、
「香港 炭火肉料理いわ」が29階です。

香港の寿司市場においては、最高級のグレードのお店として、
出店しているのですが、
2013年の9月にオープンしたばかりにも関わらず、
既にお金持ちの常連客がたくさんついているようです。

少林サッカーで監督と主演をしたあの人も、
2週間に1回はお見えになる超常連さんのようです。

通常、日本の「銀座 いわ」で岩さんは腕をふるっていますが、
2ヶ月に1週間ほど、「香港 銀座いわ」でも腕をふるいます。

もし、お近くにお住まいの方がいらしたら、
どうぞ足を運んでみてくださいね。

以上、西ヤンのつたないグルメリポートでした。

クリックで応援いただくと飛び上がって喜びます^^
 ⇒ 人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク