嗚呼、我が健康管理かな

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チクとここ最近、
「朝から晩までパソコンに向かいっぱなし」
「運動をサボりっぱなし」
「残念なことがあって心身にダメージあり」
という状況が続いていました。

その結果なのか、
肉体的にも気分的にもどうも優れないことが多く、
私の体を管理監督してくれる人に相談し、
先週の頭に下記の行動指針を賜りました。

1、起床後に運動する(30分以上)
2、入浴後にストレッチと筋トレをする(30分)
3、ラーメンを控えて米(そば)を食べる
4、お酒を控える
5、寝る前にプロテインを飲む
6、基本、笑顔

つまるところ、
「健康な肉体があるところ、健全な思考が宿る」
ということなのですが、
もともと、上記の「1」から「6」は、
日々、私が行っていたこと・・・つまりは今、
私が至極堂々とサボっていることな訳です。

特に「6」の「基本、笑顔」なんて、
西ヤンの代名詞というべきものだったのですが、
思い返すと、最近はそれがどうも出ていませんでした。

なんだかいつも難しい顔をしている。
チクと難しい言葉を使うと終始眉間に皺を寄せている。

イカんです。
実に
イカんです。

・・・と言う訳で、
「よしゃ」と思い立ったが吉日。

早速、行動指針を賜った日から毎日取り組んでいます。

ちなみに、上記の6箇条ですが、
コピー用紙の裏紙に太字のマッキーで丁寧に殴り書きし、
それをスキャンして、パソコンの壁紙にしています。

壁紙ってのは無粋なもので、
パソコンを開いているとイヤでも視界に入ってきますので
ワビもサビも風情もヘッタクレもあったモンではありません。

しかし、
何かを自分の体に刷り込ませたいという時はお勧めです。

無論、ゴッツい弊害もあります。

行きつけの神田のスタバなんぞで、
いかにも仕事のデキそうな細身のスーツ姿の男性に、
後ろチラと
「3、ラーメンを控えて米(そば)を食べる」
とか、
「6、基本、笑顔」
とか、手書きで書かれている我がパソコンの壁紙を覗かれるのは、
廉恥の固まりとも言うべき私でも恥ずかしいものです。

これが、我が地元が誇る純喫茶「ドトール矢野」であれば、
まったく恥ずかしい思いはしないのでしょうが。

僕の好きな喫茶店「ドトール矢野」その1

お陰さまで、
この6箇条を開始(復活)させてからまだ10日程度ですが、
肉体がまず「嬉しい悲鳴(筋肉痛)」をあげ、
それが心地よい疲れとなり、
適切に取る食事も適切に消化され、
熟睡もできるようになり、
結果、気持ちもそれに応じて落ち着いてきました。

たったの10日なのに。

肉体を正しく稼働させ、
精神を正しく稼働させる。

実に重要でございますナ。

クリックで応援いただくと飛び上がって喜びます^^
 ⇒ 人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク