私の夢

今日はちょいと趣向を変えて、
私の今の考え方、そして少し夢何ゾを、
お恥ずかしながら語らせていただきます。

 

さて、まずは嬉しいご報告から。

 

最近になって読者さんから、

「FXを真剣に取り組もうと思っている。」

「FXを真剣にやろうと思っているのに、
 周りに止められている。」

「FXに本気で踏み込んで良いかまだ判らない」

などと、
FXにまつわる読者さんの身の上相談を
いただくようになりました。

 

こんなご質問をいただけるようになったことを、
私は都合良く解釈して、

私のサイト、
私のメルマガ、
私のサポート、
私の評価など、

モロモロをひっくるめた「私」という存在を、

「ちょっとは信じてやるか」

という読者さんが増えてきたのだろうと、
強引かつ豪腕に信じ込み、
好き勝手に嬉しさを噛みしめています。

 

翻って私事ですが、

私は、この年になってようやく、
人生は活き活きと楽しく、
自分に偽りなく、

「やりたいことを全うしたい」

と、遅ればせながら思えるようになってきました。

 

38歳にしてようやくです。

(あ、私は今年で39歳になりますが。)

 

そして私は、
FXで「生活の基盤」を「確立」つもりです。

 

事実、ちょうど1年前の
昨年の2月に初めて取り組んだFXですが、

昨年の11月ごろからですが、
徐々にFXで生活ができるようになってきました。

 

ただ、

「オレはFXで生活するぜ!!
 (あるいはFXで生活してるぜ!!)」

といったことを、

大学時代の友人とか、
近しい友人とかに伝えると、

私の周りの人間からは、

「そんなことで大丈夫?
 いい年なんだからさあ。」

といったことを言われます。

 

少し前の私でしたら、

「確かになあ・・・

 なんかFXってまっとうじゃない気がするし、
 FXを専業でやっていると言うと
 世間的には『えっ?』って思われそうだし、
 稼げなくてもヤダし・・・

 やっぱり普通に働くか。」

なんて考えていたかも知れません。

 

でも今は、

「そんな雑音、知ったこっちゃ無い」

という気持ちでいます。

 

なぜなら、

自分で定めた「大事な人生の判断」を押し殺し、
他人様にその判断をウッカリと委ねてしまうと、

「自分の人生を棒に振ってしまいかねない」

ことに気づいたからです。

 

周りの友人たちは、
私のことを考えて、
苦言を呈してくれているのかも知れません。

 

しかし、

周りの友人の人生は、
周りの友人の人生のもの。

私の人生は、
私の人生のもの。

 

周りの意見に惑ってしまうことで、

私自身の根源的な思いを圧迫させ、
潜在的に不本意を感じながら生きる。

 

これは、

「後悔する生き方だな。」

と、ようやくですが、
思えるようになってきました。

 

本当に遅ればせながら、
今さらながら気づきました。

 

実際のところ、
私はこのような仕事を始めたお陰で、

私の周りには、

「FXが生活基盤の人」
「FXで生活している人」
「FXで稼いでいる人」

が、

「今までどこに隠れてたんだよ!!」

とツッコミを入れたくなるくらい、
ワラワラと集まってきました。

(集まってきたと言いますか、
 私が近寄って行ったという感じですが(汗))

 

この人たちは、発想の文化が違います。

 

誰も、

「そんなことで大丈夫?
 いい年なんだからさあ。」

なんて言いません。

 

世間様の視線なんてどこ吹く風、

自然に、
至極当然に、
あたり前田のクラッカーの如く、

FXで生活しています。

 

どこか達観している人が多いです。

 

彼らの中には、
FXで稼いでいる情報(方法)を、

ブログやサイトで公開している人もいますし、
自らの売買を配信している人もいますし、
自分でそのノウハウを販売している人もいます。

また、何ら公開することなく、
ひっそりと淡々とFXを行っている方もいます。

 

このような方々が私の周りにいるので、
少なくとも私自身は、

「FXは稼げる。」

と、信じやすいポジションにいますし、

少なくとも私は、

「後悔をするような人生は一切したくない。」

と、遅ればせながら思えるようになってきたので、

周囲の人間が、私に何と苦言を呈そうと、

「そんなこと知ったこっちゃ無い!!」

という気持ちでいられるようになってきました。

 

恐らく、まず大事なのは、

「自分のやりたいこをやる」

決めつけることだと思います。

 

そして、そのやりたい道に踏み込んだ後に、
それが自分の想像通りの結果を得られるものなのかを、
走りながら
検証すればいいのだと思います。

 

その走り込みの中で、

私で言うところの「FXで生活している人」のような、

「信じられる人」や、
「信じられる方法」を、
走りながら見つけ出せば良い
のだと思います。

 

「走り出しもせず」、
ためらってその場に止まり、

今まで通りの
何となく満たされたような気がする生活に
何となく満足している気になり、

「潜在的な不本意さ」を押し殺しつつ生きることって、

人生の大事な部分を少しずつ削ぎ落としているようで、
恐ろしくてもったいないと感じるようになりました。

 

もちろんあなたは、
そのような考え方、
そのような行動ができてらっしゃるのだと思います。

 

しかし一方で、
ご質問される方の中には、
悩み続けてらっしゃる方も大勢います。

 

そうした方にとっての「やりたいこと」は、
様々でしょうし、

その中での「FX」は、
どのような位置にいるかはわかりません。

 

しかし、

少なくともそうした悩める方々が、
FXに興味を持ち、

「やってみようかな?」

と思ったのであれば、

四の五の言わずに、

「よっしゃ、FXで一山当ててやろう」

くらいの気持ちで、
サッサと走り出せばいいと思うのです。

 

こんなことを、
サポートをしながら考えています。

 

少なくとも私はあなたをはじめとする、
大事な読者さんに、

「私が実際に取り組んでみて、結果の出た方法」

を、できるだけ飾らず、
お伝えしてきたいと思っています。

 

 

せっかくFXで稼ごうと思っているのに、

周りに止められている、
FXなんて稼げないと思っている、
倫理観でFXはダメだと思っている、

この辺の発想は無駄です。

 

ダマシダマシ取り組むのであれば、
やらない方がいいでしょう。

 

やるのなら「稼ぐつもり」で取り組みましょう。

 

 

余談ですが、私はあと5年以内に、
大好きなカナダのバンクーバーに生活拠点を移し、
家族と親とで一緒に暮らす夢を抱いています。

必ず叶う夢として抱いています。

 

そのために、
世界中どこにいても取引ができるFXは、
私にとって必須のツールです。

 

こんな、ささやかで小さな夢を達成するために、
FXで生活基盤を確立したいと心から思いますし、

そうした情報をあなたと
どんどん共有したいと考えています。

 

あなたと私では、
置かれている立場はまったく違いますし、
FXに引き寄せられた理由もまったく違うでしょう。

私なぞが、
こうして身の上話をお話しをするのも、
おこがましいのですが、

悩んでいる方も私も、
FXでしっかり稼ぎたいという思いは、
一緒だと思います。

 

まずは信じて走ってしまいましょう!!

 

追伸

バンクーバーに移住した際は、
このサイトでご案内しますので、
社交辞令じゃなくて遊びに来てください。

カナダでのFX生活を直にあなたにご披露します^^

 

カナダに遊びに来てくださいね^^
 ⇒ 人気ブログランキングへ

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. ラムネ より:

    素晴らしい夢です。
    私も共感しました。
    色々質問等すると思いますが、よろしくお願いします。

    • 西ヤン より:

      ラムネさん
      共感いただき嬉しく思っています^^
      ありがとうござます!
      まずは夢を抱き、その夢が叶わない訳がないと思い込み、
      あとは突っ走るだけだと思っています。
      ご質問はどうぞご遠慮なくお願いしますね^^
      http://creditmansolutions.com/contact/
      西ヤン

  2. まさやん より:

     西ヤンさん
     時々来ています。
    文章の面白さが秀逸です!

     僕はやっと、苦節16年、FXで生活できるところまでこぎつけました。思えば、昭和の天才相場師 立花義正さんの「あなたも株のプロになれる」をよんで相場の世界に魅入られて以来、夢見続けてきた生活を今手にしています。

     ただ、それ相応の授業料は払いました。でも、そのおかげで無限の自由とそれ相応の豊かさ(今はまだ同年齢のサラリーマンにちょっと毛が生えたぐらいですけど)を手に入れることができました。

     カギは「心」にありました。

     バンクーバーにあこがれているのですか、僕も同じです。僕は移住というよりは、あそこに別荘がほしいです。そして夏の間だけ住むというのが理想ですね。

     では、ご活躍を遠くから拝観しております。

    • 西ヤン より:

      まさやん様

      こんにちは。西ヤンです!!
      メチャメチャ嬉しいコメントにひとり狂喜乱舞しております。

      夢にまで見た生活を手に入れられたとのこと、本当に素晴らしいことですね。
      なんだか、我がことのように嬉しいです。

        カギは「心」にありました。

      というお言葉、重いです。実に重いです。
      わかっていても、なかなか御することができないのが「心」です(汗)

      この「夢」を書いたのは、2年ほど前なののですが、
      私もようやく足場固めができてきて、2016年の1月より拠点を移す予定です。

      バンクーバーへは是非、遊びに来てください!!
      読者様との購入の場にしたいと思っておりますので(本当です)

      もし、お見えになるときは、下記よりご一報くださいませ!!
      http://creditmansolutions.com/contact/


コメントをどうぞ

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

このページの先頭へ