自動売買は裁量より難しい

「自動売買は裁量より難しいってアンタ!!」

とお思いになるかも知れませんが、
まあ、チクとお聞きになってくださいませ。

 

そもそも論からお話します。

そもそも自動売買というのは、
一定の決まったロジックを自動化して、
裁量トレードの手助けをするものとして生まれたものです。

頭の良い裁量トレーダーが、
こんな風にピンと閃いたのでしょう。

「あれ?
 オレのこのロジックのこの部分って、
 決まった時間に
 決まったルールに従って売買するだけだから、
 そこって機械にも任せられるんじゃね?
 チックラ、
 知り合いのプログラマーに頼んで作ってみっか。」

みたいな感じで。

こんな感じで
自分の裁量トレードの一部を自動売買化することで、
自分がチャートに向えない時間帯であっても、
自分のロジックを機械が売買してくれます。

そのトレーダーはそれによって生まれた時間で、
・別の取引ができたり
・更にプログラム化できるロジックを探したり
・他の投資を行ったり
・副業(西ヤンの想像)ができたり
と、更に可能性が広がる訳です。

つまり、自動売買というのは、
裁量トレードの手助けをするために生まれたモノ
という訳です。

まずここを外してはいけません。

ゆえに、
・「主」が「裁量」
・「従」が「自動売買」
という主従関係であるのが自然なのではないかと思う訳です。

もうチッとわかりやすく言うと、
自分が理解できている「裁量ロジック」を
自動化したのが「自動売買」なので、
「裁量ロジック」を理解していないと、
その「裁量ロジック」によって導き出された
「自動売買」はコントロールできないということです。

余計にややこしやな言い回しになってしまいましたナ。

つまるところ、
自動売買はあくまでもロジックに沿って
自動で売買してくれる「だけ」のものなので、
結局は裁量的な判断が必要になるという訳です。

 

はい。

裁量トレードに話を戻します。

仮に自分が理解できているロジックで
裁量トレードしている場合を想定してください。

その場合、常に目の前のチャートと相対して、
自分のロジックで売買しているので、
自分のロジックが相場に合わなくなってくれば、
ハタと気付く訳です。

「ん?
 オレのロジックが
 相場に合わなくなってきとるかも知れんのう。」
と。

そんな場面に直面すれば、
そのロジックを相場に合うように微調整すれば良い訳です。

自動売買で言うところの、
「パラメーターの調整」
です。

自分のロジックを「裁量」で取り組んでいる場合は、
ロジックが理解できているので問題はありません。

もっと言ってしまえば、
「このロジック、今の相場に合わんな。」
と思えば、それまでの裁量手法を捨て去るなり、
一時、運用停止という判断をするなりして、
今の相場にあった新しい手法を見出せば良い訳です。

また、自分の裁量ロジックが、
例えば「為替介入」や「指標発表」など、
大きな値動きを伴いやすい相場が苦手な場合、
その日は動かさなくて良いという判断を、
チョコチョコとすれば良い訳です。

 

どうでしょうか。

先ほど、
・「主」が「裁量」
・「従」が「自動売買」
という主従関係が自然だとお伝えした理由を
ご理解いただけたでしょうか?

したがって、私は、
「自動売買」で利益を出そうとするならば、
少なくとも「自動売買」のロジックを熟知し、
そのロジックに応じた「裁量」を加える必要がある
と思っています。

つまり、ロジックを理解していれば、
どのような値動きで「利益」を出せるのか、
どのような値動きで「損失」を出してしまうのか、
「得意」な相場、「苦手」な相場が理解できます。

それが理解できていれば、
損失を出してしまうような相場では運用を止め、
得意な相場に戻ってきたら、
また運用を再開すれば良い訳です。

また、先ほどもお伝えしましたが、
相場の変化に応じた「パラメーター調整」も同様です。

相場の変化に合わせてパラメーターを調整し、
常に今の相場で大活躍できるパラメーターで、
相場に向かえば良いのです。

 

つまるところ、
「自動売買」というのは、あるロジックに沿って
単に「自動」で「売買」してくれるモノであって、
それ以上のものでもそれ以下のものでもありません。

「卵が先か鶏が先か」
とか言う話ではなく、
「先に裁量ロジックありき
 後に自動売買ありき」
な訳です。

 

いやあ・・・
「自動売買」ってのは難しいモンですなあ。

 

更に言ってしまうと、
裁量トレードは、
基本的には相場に向き合っているのですから、
相場の変化なども敏感に察知できます。

しかし、自動売買は、
常に相場に向き合っている訳ではありません。

よって、相場に合っているかどうかとは、
売買履歴などの過去データから分析するありません。

ですので、相場の敏感な変化を知るという意味でも、
自動売買はかなり裁量にオクレを取ってしまう訳です。

 

いやいや、自動売買って難しいモンですなあ。

ちなみに私は、自分のことを
「自動売買を行う裁量トレーダー」
だと捉えています。

限りなく裁量トレード感覚で自動売買を行っていますので、
そう捉えるのが自然な訳です。

そうでもしなくては、おいそれと自動売買で、
「安定して」「大きな」利益を出すことは難しいのです。

 

さて。

ここまでは、自動売買は難しい!!
という話に終始してしまいましたので、
あなたは多いにゲンナリなさっているやも知れません。

途中で読む気が失せてしまって、
ここまで到達なさらない方も多いかも知れません。

 

はい。

大丈夫です。

かといって自動売買が稼げないか?
と言うと、そんなことは決してありません。

「自動売買は稼げます。」
私は当たり前のように思います。

そもそも私が、
かなりの資金を自動売買の運用に投じており、
毎月、安定した利益を得ていますので強く言えます。

 

私は、定期的に、
自動売買トレーダーの集いなる、
秘密めいた集まりに情報交換のための足を運び、
自動売買の猛者どもと接触する機会を持つようにしています。

こうした集いには自動売買での一定の稼ぎが無くては
参加できないという暗黙のルールがあるのですが、
それはそれは皆さん、
自動売買だけでガッシリ稼いでいらっしゃいます。

こうした会合に参加なされる方は、
私のように情報発信をしている人間は意外と少ないです。

更に意外なことに、
日中は忙しく働いてらっしゃるサラリーマンの方が、
結構、多くいらっしゃいます。

本業がサラリーマンで、
副業が自動売買トレーダーな訳です。

(もちろん、専業で取り組んでらっしゃる方も
 たくさんいらっしゃいます。)

 

さて、彼らが自動売買で稼げている理由に、
共通するのは何だと思いますか?

はい。

私が皆に煙たがられながらも聞き回り、
私なりに分析した結果は下記の通りです。

・裁量の基礎基本を熟知していること

・自動売買のロジックを熟知していること

・相場の状況に応じて、運用が妥当か否かを判断し、
 工夫を加えていること

・市販のEAであればデフォルトパラメーターでは
 動かしていないこと

・●●・・・

(●●・・・は、ひとつのトピックにもなるネタですので、
 また次回以降のメールでご案内します。)

 

私の印象では、裁量トレーダー以上に、
裁量的にEAを運用なさっている方ばかりな訳です。

 

「って、結局、裁量的な運用が必要ヤンケ!!」

 

スミマセン。

私の今のところの見解では、まさにそうなのです(汗)

少し脇道に逸れますが、
私は読者様とのメールのやり取りを実に楽しめるという
手前ミソながら素敵な体質を持っています。

ゆえに、日々、様々な読者様と
緊密にやり取りをさせていただいています。

で、結果を出される読者様の特徴に共通するのが、
最初は私にいろいろご質問をなさった方も、
どこかのタイミングで、
「質問中心」から
「報告中心」に変わるということです。

つまり、
当初はEAを運用するための「質問」が多かったのが、
途中から、そのEAを工夫して運用なさって結果を出されて、
その「工夫なさったご報告」をいただけるようになるのです。

あたかも裁量をトレードのように、
自動売買ソフトを工夫して運用なさっているご報告は、
私にとっても嬉しい話です。

あ、誤解の無いように言っておきますと、
だからといって、ご質問は遠慮なくお送りくださいね。

そこを否定している訳では決してありません。

 

とまあ、ここまでのお話で、
「『自動売買』ってのは『自動売買』でないんかい!!
 まさか裁量が必要だなんて思いもしなかったワ」
というご意見もあるかも知れません。

しかし、これは真理です。

裁量を知らないより、知っている方が、
よほど稼げると思います。

 

ただし!!

裁量などは考えずに「自動売買」をするのも、
またひとつの方法です。

しかも、それでも稼ぐことができると思います。

ただし、条件と制約があります。

チクと今日は長くなってしまったので、
次回、この続きをご案内します。

 

・・・というわけで、
裁量などは考えずに「自動売買」をする方法
お知りになりたい方は下記よりどうぞ。

⇒ (続)自動売買は裁量より難しい(+ヒント)

 

あ、そうそう。

もし、あなたが、
「『裁量』を学ぶ上で手頃な教材は無いンかい?」
とお思いであれば、毎度で恐縮ですが、
コレが良いと思います。

マエストロFXの西ヤンのチックラ評価

先にお伝えした「自動売買トレーダーの集い」でも、
この「マエストロFX」で裁量を学んだ方は、
一回の集まりに「3名」くらいはいらっしゃいます。
(コレ、本当の話です。)

古くからある教材でたくさんの方が学ばれている動画で、
ボリュームがあまりにもある動画ですが、
観ていて無駄がありません。

中途半端な気持ちでは観る必要がありませんが、
結果を出したければ、全力投球で観てください。

 

西ヤンの読者様で「BAAT」さんという方が、
この「マエストロFX」マスターでらっしゃいます。

2012年の9月から「マエストロFX」に取り組み、
あなたのサポートをさせていただきます。

サポートも至極丁寧にさせていただきますので、
全力投球なさる方はどうぞご覧になってください。

 

クリックで応援いただくと飛び上がって喜びます^^
 ⇒ 人気ブログランキングへ

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

このページの先頭へ