自動売買を裁量的に運用すること「ソクラテスEA」の例

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日ご案内した無料の「ソクラテスEA」ですが、
「たくさんの方にお申し込みいただきました!!」
という訳ではありませんでしたが(笑)、
20人ほどの読者様が、
「運用したい!!」と申請くださいました。

ありがとうございます。

ソクラテスEAを無料で欲しい!!

ちなみに私は「ソクラテスEA」を、
2012年10月からデモ口座での運用を開始し、
約3ヶ月間で挙動をじっくり観察し、
「これはリアルで運用してみたいワ。」
と思い、今年の1月よりリアル運用をしています。

リアル運用後も「AUDJPY」の値上がりにあわせて
上手に波をつかんで売買をしてくれています。

ちなみに「ソクラテスEA」の「AUDJPY」は、
リアル運用開始時の1月頭は「約91円」でしたが、
先週は「105円」を超え、
今週に入って「101円台」まで戻ってきています。

ドル円(USDJPY)と同様に、
激しい値動き状態が続いています。

そもそもAUDJPYは、
2008年の後半は実に「50円台」だったのですが、
2009年の前半には一気に「70円台」にまで上げました。

その後、2012年の中ごろまでは
「70円」から「90円」くらいの間で
ウダウダとレンジを組んで値が上下していましたが、
昨年の後半から値がグングン上がりはじめ、
「100円」を突破してきた訳です。

もっと過去を紐解くと、
2007年には実は「100円」を超えていたのです。

つまり「AUDJPY」は、
2007年:100円
2008年:50円
2013円:100円
という値動きを形成してきた訳です。

2007年から1年間で50円下げ、
2008年から5年間で50円上げた。

・・・これが「AUDJPY」なのです。

さて。

ソクラテスEAを運用する上で忘れてはならないのが、
「買い(buy)のみ」のロジックであるということ。

今後、「AUDJPY」は、
「USDJPY(ドル円)」が予想されるように、
「100円」を突破し、
長期的に更に円安方向に進むと考えて良いのかどうか。
(あくまでも西ヤン予測です。)

ここをしっかりと見極めて運用する必要があります。

ちなみに。

私は「$3,000」に対し「0.01」で運用していますが、
レバレッジ400倍の場合、
理論上は約「50円」の逆行にも耐えられることとなり、
直近の6年間の値動きにも耐えられるということになります。

実に安全運転です。

しかし。

ノンベンダラリと安全運転をしている訳ではありません。

現在は、「AUDJPY」の方向性が出ていないために、
私は、この安全運転を「選択」している「だけ」です。

今後、100円を大きく突破して円安方面に方向感が出れば、
ロットを上げて攻めますし、
(と言っても、最大で「0.03ロット」です。)
一方で、100円を高値として戻ってしまうようであれば、
そのままのロットか、
場合によっては運用を止めてしまうかも知れません。

ごくごく簡単に説明しましたが、これが、
自動売買を裁量的に運用すること
です。

「50円」の逆行に耐えられるからと言って、
決して、ほったらかしにせず、
常に相場を監視して、自動売買に味付けをしていく。

これで、
・相場に泣くことが減り、
逆に、
・相場に笑うことが増えます。

「ソクラテスEA」の直近の成績を挙げておきます。

ソクラテスEAの2013年1月

ソクラテスEAの2013年2月

ソクラテスEAの2013年3月

ソクラテスEAの2013年4月

クリックで応援いただくと飛び上がって喜びます^^
 ⇒ 人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク