Pepperstoneが日本撤退。正確に言えば、日本在住者の受け入れを停止

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

すでにご存じやも知れませんが、
遂に「Pepperstone」が日本在住者の受け入れを停止しました。

以前からそうなるだろうなとは予測していましたが、
あまりに「急」で、ちょっと驚いています。

つまるところ、Pepperstoneは、当局が警告する、
「無登録で金融商品取引業を行ってFX業者」な訳です。

無登録で金融商品取引業を行う者の名称等について

そのFX業者の質が「良かろうと」「悪かろうと」、
日本当局にしてみれば、無登録の憎っくきFX業者。

当然のことながら排除する対象になる訳です。

しかもPepperstoneは、その運営姿勢が評価され、
多くの日本人が利用しているFX業者。

当局からすれば、なおのこと目障りなFX業者なのです。

それに対して納得がいかない私の見解はコチラ。

チクと考察(矛盾だらけの日本に猫パンチ)

以前より、日本当局からPepperstoneへは警告を出し、
それでもPepperstoneが言うことを聞かないので、
日本当局からASIC(オーストラリア証券投資委員会)に圧力をかけ、
ASICからPepperstoneに何らかの圧力があったと思われます。

(参考)海外業者はヤバいのか?

とは言うものの、以前より「日本当局」から、
あるいは「ASIC」からPepperstoneへの圧力があったのは、
容易に想像できます。

しかしなぜ、このタイミングで、しかも急に
「Pepperstone」が日本在住者の受け入れを停止を発表したのか。

さあ、よくお考えください。

恐らくは「Pepperstone」側で、
「何らかの準備が整った」
のでしょう。

つまりは、
「Pepperstone」の売上の大きな割合を占めるであろう
「日本在住者」の受け入れを停止したとしても、
「大丈夫になるような何かの準備」が。

今後のPepperstoneの動向に注目しましょう。

私も何か情報があれば発信していきます。

Pepperstoneにとって替わる海外業者ですか?

ご興味があれば、こちらをお読みください。

西ヤンが2014年に注目している海外FX業者

クリックで応援いただくと飛び上がって喜びます^^
 ⇒ 人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク