国には期待しない。

天の邪鬼な私は、
自民党圧勝だとか民主党完敗だとかを話題にはしません。

もちろん昨日の選挙では、
私は全力で渾身の一票を投じてきましたが、
あくまでも今回の選挙の結果はゴールではなく、
自民党政権のスタートに過ぎません。

彼らがしっかりと仕事をするのか?
とても控えめな公約を彼らは遵守できるのか?
積算された国内問題にどう対応していくのか?
そして、海外志向の強い私にとって、
この国が今後も住み続けたい国たりうるのか?
こうしたことを念頭に置いて、
国をじっくりと監視していきたいと思います。

 

ちなみに私は、国にほとんど期待をしていません。

とまあ、こんなことを「ポロリ発言」してしまうと、
なんやかやと非難を浴びることになるのですが、
それでいいのです。

私は国に期待しません。

 

「ダメダメな民主党から自民党に替わったんだから、
 少しは期待できるのでは?」

 

何を仰るウサギさん。

まずもって「国に期待する」こと自体がナンセンス。
まったくもって前向きな行動ではありません。

さらに、何かに期待するということは、
裏を返せばそれに対する見返りがあることを
暗に求めていることと言えます。

我々の相手は、
無償の愛を注ぎ込む息子や娘ではありません。

国の政治です。

あなたは国の政治に無償の愛を注ぎ込むが如く、
見返りもなく期待をすることができますか?

 

少なくとも私はできません。

これまで、そして現在進行形で、
我々を裏切り続けてきた政治ですからなおさらです。

誤解の無いように言っておきますと、
別に国に期待することを「否」と言っている訳でも、
国を嫌いになりましょうと扇動している訳でもありません。

そうではなくて、
恐らくはまともな見返りなんぞ無いでしょうから、
国に期待するヒマがあったら、
自分の潜在的な力に期待して、
せっせと自分と自分の家族を守ることを必死で考え、
取り組んだ方が良いかと思う訳です。

国に見返りを期待するのではなく、
自分自身が自分自身に見返りを与える存在になる。

国に期待して、偶然にも見返りがあったとなれば、
それはグリコのおまけです。

嬉しい誤算、予期せぬプレゼントというくくりで、
もらえりゃラッキーくらいの考えでいた方が、
よほど健全だと思う訳です。

 

怖いのは、見返りがあるだろうと思って国に期待して、
結局何の見返りもなく・・・、
その時になってはじめて、
ふと、自分は何の準備も進めてこなかったことに気付く。

まさに恐怖です。
まさに戦慄です。

国に期待することとは、
こうしたリスクと背中合わせであるという前提を理解した上で、
それでもどうしても期待したい!!と言うのでれば、
どうぞ国に期待なさってください。

 

そんな風に考えるとFXってのは、
「自分が自分を守りうる存在になる」
ということを実現できる最右翼の方法だと感じます。

以前に、
「FXは貧乏人が億万長者になれる唯一の方法なのか。」
という記事を書きました。

恋スキャという裁量教材をきっかけに裁量の学習を開始して、
ちょうど1年が経過した今では、
自動売買は「月利60%」、
裁量は「月利120%」を平均的に達成している方が、
下記のようなコメントを寄せてくださったので、
それを記事にしたものです。

そのコメントを引用します。

————————————————————

(略)

裁量を始めて、今年は、美味しい物を食べ、
欲しいものを買える生活が出来るようになりました。

FXは貧乏人が億万長者になれる
唯一の方法かも知れませんね。

人は、明確な目的が無ければ頑張る事を継続出来ない生き物だそうです。

恐らく、自分にあった裁量ロジックを見つけて、
自分なりにアレンジ出来るようになれば、
大勝ちしなくても勝ちを積み重ねるだけで、
誰でも月利100%は、1年でクリア出来ると思います。

裁量で自動売買の資金を作って、投資すれば、
最初からリスク無しを実現出来ます。

そして、病気でトレード出来ない時は、
自動売買に頑張って貰うという考えで良いかと思ってます。

僕は、レンジ相場が得意ですが、
レンジの延長にトレンドが有ると考えています。

長い時間足に切り替えて見れば全部レンジ相場なんです。

だから、チャンスは、いつでも有ると思ってます。

(略)

————————————————————

はい。

あなたはFXに巡り会い、
自動売買なり裁量なりに取り組んでいる時点で、
周りの方々よりも大いにリードをしている訳です。

 

どうぞ、そのまま。
どうぞ、そのまま。

ご自身とご家族を守るために、
ご一緒に進んで参りましょう。

 

クリックで応援いただくと飛び上がって喜びます^^
 ⇒ 人気ブログランキングへ

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

このページの先頭へ

FX情報商材トップ
このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加