パチスロとFXは共通点が多い。月に55万円を稼ぐ男からの考察

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日は、
15年間パチスロで月に55万円稼ぎ続けている男
との対談を公開します。

はい。

この方、タイゾウさんと言います。

長くからの西ヤンの読者様でらっしゃいます。

かつて、このタイゾウさんから稀に届くご質問ってのが、
何か引っかかりのあるコメントが「ちょぼ・ちょぼ」と
文中に散らされていて、
以前から「どんな御大なんヤロか?」と思っていました。

で、このタイゾウさんとのメールのやり取りの中で、
「どうやらタイゾウさんはパチスロで生計を立てている。」
ということ、

しかも、
「15年間、ずーっとパチプロ。」
ということが徐々に明らかになってきた訳です。

(パチプロってのは、
 「パチンコやらパチスロで生計を立てている人間」
 という定義で良いと思います。)

はい。

「こりゃ、おもしろい方だな」と思った西ヤンが、
タイゾウさんにお会いしない理由がありません。

早速、お会いするべくオファーを出し、
幸いなことにタイゾウさんにご快諾いただき、
5月の半ばにお会いすることになりました。

で、お話をお聞きすると、
やっぱり本当の「パチプロ」な訳です。

現在の月収はだいたい「50万から60万円」

この収入を、
「15年間」ずーっと維持しているとのこと。

しかも、やろうと思えば、
月に「100万円」くらいは余裕である模様(汗)

※「やろうと思えば」とは「何をやるのか?」は、
 対談音声をお聞きになってくださいね。

さて。

あなたはご存じかも知れませんが、
「国民の娯楽」と言われた「パチンコ(パチスロ)」市場は、
かつては「30兆円」を超える売上高がありました。

しかし、ピークの1990年代中盤から凋落の一途を辿り、
現在の売上高は「20兆円」を切っていると言われています。
(それでも十分に凄いですが。)

つまるところ、お客さんの数は減っているのです。
しかし一方で、客単価は上がっている。

これ、どういうことかわかりますか?

はい。

つまりこれは、
一人あたりの損失が大きくなっている。
という話なのです。

このデータだけを冷静に捉えたら、
エラく勝ちにくくなっているのが、
今のパチンコ・パチスロという訳。

しかも、タイゾウさんが主戦場としているパチスロは、
2007年の秋に規制がかかり、
それまで主流だと言われていた「4号機」が
ホールから撤去されました。
(現在は「5号機」がホールに並んでいます。)

で、この「4号機」ってのが、連チャン制が高く、
「勝つ時は大勝ち、負ける時は大負け」という機種で、
かつ、この「4号機」は比較的攻略がしやすく、
当時、タイゾウさんのようにパチスロで生計を立てている
「パチプロ」は、たくさんの存在したようです。

しかし、この「4号機」がホールから消えると同時に、
こうした「パチプロ」もホールから消えていきました。

つまりは、

・「パチンコ(パチスロ)」市場が縮小し、
 客単価(ひとりあたりの客の損失)が上がっている

・「パチスロ」は規制が掛かって、
 以前よりも稼ぎにくくなっている

という二重苦を乗り越えて、タイゾウさんは安定して、
月収「50万から60万円」を得ている訳です。

しかも、この収入は、
「4号機」が主流の時(そしてそれ以前から)と
変わらないとのこと。

はい。

こんな話をお聞きし、
こりゃあ、タイゾウさんと対談をして、
その音声をあなたのお耳に入れなくては、
末代にわたって怒号の嵐をいただくと思い、
日を改めて対談をさせていただきました。

それが5月の末の話。

と言う訳で、その対談音声をお聞きいただきます。

で、これからお聞きいただく対談音声ですが、
もちろんパチスロで勝ちたい方をがお聞きになるのも良いのですが、
私は下記の「2つのポイント」を念頭に置きながら、
あなたにお聞きいただきたいと思っています。

1、「パチスロ」と「FX」には共通点が多い

これは最初にタイゾウさんが私に仰ったのですが、
・パチスロ(パチンコ)
・FX
ってのは非常に共通点が多いのです。

例えば、
「FX」であれば「FX業者」、
「パチスロ」であれば「パチンコ屋」という、
「傘」が存在しなくては取り組めませんし、
その「傘」の機嫌を損ねてしまうと締め出しを食らいます。

また、「FX」も「パチスロ」も緻密な確率論によって、
勝利を導き出されることが多々あります。

この点については、「ドンファン」というEAを制作した
「津田さん」と話している時に、
「『カジノ』と『FX』は確率論で勝てる。」
と言っていましたが、
タイゾウさんと話ながらそんなことを思い出しました。

(ちなみに「津田さん」とは、
 世界のカジノを巡って生計を立てている強者です。)

また、「FX」も「パチスロ」も、
裏技などを試みれば、早晩、対策を打たれてしまいます。

長く稼ごうと思えば、王道的な立ち回りが、
双方ともに求められる訳です。

そもそもタイゾウさんは、FXでも結果を出している方ですので、
「FX」と「パチスロ」の双方の共通点に気付いてらっしゃいました。

私も、タイゾウさんとお話をしながら、
「これ、いずれかを極めることで、
 もう片方も極められるんチャウか?」

と感じた次第です。

1つ目のポイントは以上です。

そして、2つ目のポイントがコチラです。

2、なぜ「パチスロ」なの?

だって・・・そう思いません?

「サラリーマン」でもなく、
「飲食業」でもなく、
「FXなどのトレード」でもなく、
「インターネットビジネス」でもなく、
その他モロモロの比較的普通の商売でもなく、

・・・なんでパチスロで生きていこうと思ったの?
ということ。

趣味ではありません。

「生きていくため=生計を立てるため」
にタイゾウさんが選択したのが「パチスロ」だった訳です。

例えば、周りにそのネタで「稼いでいる人」がいると、
「お、これで稼げるかも知れん!!」
と思えるでしょう。

でも、パチスロで生計を立てている人など
少なくとも私の周りにはいませんし、
これは私の周りだけの話では(恐らく)無いと思います。

しかも、パチスロには規制が入ってしまい、
ひと頃よりも、随分と稼げなくなっている訳です。

・・・なのになぜパチスロで生計を?

これが2つ目のポイントです。

この辺のポイントを考えながら、対談をお聞きになってください。

ちなみにタイゾウさんは、
パチスロで生計を立てている理由を、
実に明々快々に、
「ギャンブルが大好きだから。」
と言います。

私のような凡人は、
「パチスロで生計を立てている」
ということが
「あり得ない」「非道徳的」「マジメじゃない」
と思いがちです。

しかし、
「やりたいことを楽しげにやって、
 しかも生計を立ててしまっている。」
ということの、どこが悪いことなのか。

しかも、勝つためにメチャメチャ脳みそに汗をかき、
研究をし、分析をし、周りの力を利用しています。

勝つべくして勝っている訳です。

そして、どう考えても、
「充実した人生を生きる。」
という意味合いでは、
素晴らしい人生を送ってらっしゃる訳です。

・生きていくための選択肢がパチスロだった
・パチスロのことをメチャメチャ研究している
・しかも、毎日超楽しくパチスロをしている

・・・エエヤンケ!!

と言う訳で、
ウダウダと西ヤンが駄弁ってしまいましたが、
下記よりどうぞ音声をお聞きになってください。

タイゾウさんとの話が盛り上がりすぎて、
「約50分」×「二部構成」
になっています(笑)

収録時間が長いので、携帯あたりに音声を放り込んで、
明日の職場への行き帰りにでもお聞きになってください。

第一部の内容は、
自己紹介、スロットとは、サラリーマンの立ち回り術

第二部の内容は、
タイゾウさんの立ち回り術、FXとの共通点

となっています。

対談音声をお聞きになりたい方は下記にご申請ください。

⇒ パチプロのタイゾウさんとの対談音声を申請する

※メルマガの読者様に既にお届けしている音声と同じですので、
 メルマガの読者様は申請なされなくてOKです。

この対談音声が、あなたにとっての何かの気づきになれば
これほど嬉ししことはありません。

追伸

近々タイゾウさんに、パチスロに連れて行っていただき、
指南いただく予定です(笑)

タイゾウさん曰く、
「西ヤンには、確実に勝たせます。」
とのこと。

事業の柱にできるかどうかはまだわかりませんが、
非常に楽しみです。

クリックで応援いただくと飛び上がって喜びます^^
 ⇒ 人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク