目をつぶり鼻をつまんで尻のアナにギュッと力を入れる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたもご存じのとおり、
私は、いわゆるスピリテュアルとは対極に存在する風体風貌を
残念ながら保有しています。

つまるところスピリテュアル感は悲しいくらいにゼロなのですが、
そんな私の周りには、意外とスピリテュアルな人間が存在します。

占い師とか陶芸家とか、まんまスピリチュアルカウンセラーとか。

彼らと話していると、
「よかったね。今日は西ヤンに、風が通っているよ。」
とか不可思議なことを、さもありなんという顔で言うので、
「おお、そうか。今日は風が通っているのか。このオレには。」
と、意味もわからず寄り切られることが多く、
「悲しいくらいに意味はワカランが、まあ気分は良いワイナ。」
などど、無理矢理自分を納得させることが多かったりします。

とは言うものの、意外とこれがおもしろいモンで、
例えば、先の「風が通っている」という話を聞いた日には、
確かに一日中気分良く過ごせることが多かったりして、
結果、トレードも商売も、良い結果が出ることが多いので、
これがプラシーボ効果なのかも知れんのうなどと思いつつ、
彼らの存在も侮れンなと思ったりすることシバシです。

ってことは、彼らスピリテュアルな連中ってのは、
最初からプラシーボを狙って「風が通っている」とかなんとか、
ケムに巻いたようなことを言っとるンやないヤロか・・・
チクとこの辺で、一度、問い詰めたろか・・・
・・・いやいや、そんなことを本人に問い詰めたら、
「残念ながら今日は西ヤンにまったく風が通ってないね。」
逆プラシーボされても困るからやめとこうなどと思いながら、
彼らのようなスピリテュアルな連中と一定の距離を置きつつ、
しかし楽しみながら付き合っている次第です。

そうそう、プラシーボ効果と言えば、
私が苦々しくも愛飲しているミキプルーンもそのタグイではないか?
と、要らぬ嫌疑をかけられることもありますが、
ぶっちゃけてしまえば確かにそれはあるだろうなと思っています。

一日二回、毎朝毎晩の過酷な儀式として、
ミキプルーン、プロティーン95、ミキバイオーC、ミキ エコー37
という、いわゆる「ミキ四大食品」を、
ミキプルーン愛飲者御用達の「ミキシェイカー」なる
プラッチックの容器に牛乳と共に荒々しく放り込み、
文を唱えるように躍動的かつ静かにシェイクして、
目をつぶり鼻をつまんで尻のアナにギュッと力を入れ、
シェイカーの中で白濁色に泡だった
ゲル状の液体を一気に飲み干す

・・・ってナ苦痛を伴う儀式をここ10年くらい続けています。

飲んだ効果があるかどうかは定かではありませんが、
飲まなかった時に私を少しだけ襲う不安感があるので、
これはこれで広義で言うところのプラシーボ効果なのでしょう。

ただまあしかしそれだけで一定の健康が担保されたように
感じて過ごせるのですから、ヨシとしましょう。

つまるところ、良くも悪くも三基商事の手のひらの上で
気持ちよくゴロゴロと転がっている訳で、
私のような人間が積もり積もって、
中井貴一さんに広告料が支払われているのだろうなと思うのですが、
あの方、私はとても好きなので悪い気はまったくしません。

この程度で健康が維持されると思ってしてしまうアタクシの脳みそにも
ややもすると問題があるのかも知れませんが。

・・・とまあ、3月末にビクトリーFXの販売が完了し、
地頭FX会の第四期生の勉強会が3/29に東京、4/5に大阪で行われ、
えも言えぬ充実感とその後に来る喪失感に襲われ、
そして直後の4/6には立ち直り、今日までいろいろと活動しておりました。

思い出すのは4/5の地頭FX会の大阪会場の懇親会。

懇親会の会場である飲み屋が結構長い時間停電になって、
場内騒然+その後の怒濤のような組んず解れつの大盛り上がり。

あれは楽しかった。

地頭FX会の第四期生さんからの質問やメールを見ていると、
少しずつ「コツ」をつかんできているかたも出てきて、
何とも嬉しい限りです。

早くに結果を出す方もいらっしゃますが、
愚直に取り組んだ結果、霧が晴れる方もいらっしゃいます。

結果が出るまでの時間は人それぞれ違いますので、
結果が出た時の明るい未来を信じてとにかく続けてください。

地頭FX会の裁量トレード支援ツールを利用している限りは、
絶対に結果は出ますので。

「地頭FX会」の情報を希望する 

前段が長くなりましたが本日の本題です。

そんな合間を縫って「西ヤンレポート」を書き上げました。

通貨危機とはいったい何なのか?(後編)

チクと80ページを超えてしまったので、
もはや物好きな方かヒマ過ぎる方しか読めないかも知れませんし、
そもそもあなたが通貨危機について何かを知りたいのか?
という懸念事項がありますが、それでもよろしければ、
複数印刷でプリンティングアウトなすって、
トイレ(大)にでも入りながらお読みになってください。

1面2ページの両面印刷であれば、紙は22枚で足ります
(トイレットペイパーの紙のことじゃ無いですよ。)

今回の西ヤンレポートは、
「実録!! これまで世界で起きた通貨危機を個別に解説!!」
という内容に仕上がっています。

読んでいただければわかると思いますが、
通貨危機とは、様々な要因が絡まり合い、
なるべくしてなっているのだと感じていただけると思います。

手前ミソですが、くどい内容ですがおもしろいですよ。

■おまけ

冒頭でスピリチュアルな友人の話をしましたが、
これまたスピリテュアルな同年代のデザイナーの女性が、
「2014年の指針」について、
私にこんなことが書かれた紙を渡してくれました。

—————————————————————

★古いものが壊れる=新しいものに切り替わる

⇒ つまり、この流れに合わせていかなければ
  時代に乗って行かれない、ということ。

★今まで培ってきた土台を基本に置きながら、
 パッケージング=やり方をガラリと変えると物事がうまくいく

⇒ たとえば・・・
  絵を描く人ならば、描いたことない絵を描くとか。

★これからは男性の時代=男性が活躍する

⇒ 男性向けの商売がうまくいくということ
  世のジェントルマン!! がんばれー

★笑う門には福来る

⇒ 商売繁盛の基本、ということですネ^-^

—————————————————————

彼女の言うことは意外と外れが少ないので、
上記のことを年頭に入れて行動するのも良いかも知れません。

確かに思い当たるフシが無いことも無いです。
(プラシーボ効果かも知れませんが。)

あくまでもご参考までに。

クリックで応援いただくと飛び上がって喜びます^^
 ⇒ 人気ブログランキングへ

スポンサーリンク