新一万円札が流通する謎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは知っていましたか?

7/19から新一万円札
密かに流通していることを。

まずは、下記の画像を見てください。

一万円札の謎

何か違いを感じませんか?

実はコレ、
新一万円札と旧一万円札を並べたものです。

ちょいと汚れていますが、
上が、新一万円札
下が、旧一万円札
です。

旧一万円札と比較して、新一万円札は、
数字の前の英字が1桁となっていて、
この画像からは見にくいと思いますが、
文字が赤茶色になっています。

実は以前に、海外のオフショワ系投資で、
私がいろいろとアドバイスをもらっている方から、
この事実を教えてもらったのですが、
その際の説明で、彼はこんな体験談を話してくれました。

「実はさあ、
 こないだ銀行の窓口から350万円を下ろしたんだよね。

 で、今までであれば大口の出金なので、窓口の行員から、
 『何にお使いですか?』
 などと、腹立たしい余計な質問されていたのが、
 こないだは何の質問も無かったんだよ。

 『ん?銀行のマニュアルが変わったのか?』
 と、逆に銀行に不信感を抱き、お札を調べてみたら、
 30枚ほどのこの『新一万円札』が混ざっていた訳。

 しかも、ランダムに。

 わかる?この銀行の企み。

 怖いねえ・・・
 この『新一万円札』の扱いに注意しなくっちゃね。」

彼はこんな話しをしてくれました。

私も7月頃から「新一万円札」が、
ヒッソリと流通され始めていることは知っていましたが、
「『新』一万円札」なんだから、
旧札にランダムに紛れ込んでいることなど
サスガに無いだろうと思っていたのですが・・・

・・・実はあったんです。

先日、私自身が100万円を三菱東京UF●銀行から下ろしたところ、
100枚の一万円札の中に、
2枚の「新一万円札」がランダムに紛れ込んでいました。

これが、冒頭にご案内した画像です。

怖っ!!!! 何か怖っ!!!!

銀行や金融庁が何を意図して、
国民に明確な説明もなく、
このようなことを行ってらっしゃるのかはわかりません。

しかし、少なくともこの「新一万円札」を、
利用する際には気をつける必要があるかも。

「旧一万円札」のタンス預金は必要かも知れませんね。

一度、あなたのお財布の中を、覗いてみてください。

ひょっとすると、新しい諭吉さんが、
目元に笑みにならない笑みを浮かべながら、
ひっそりと牙を剥いているかも知れませんよ(笑)

この「新一万円札」が見つかれば、
優先的に使った方が良いかもしれませんね。
(個人でご判断してくださいね。)

クリックで応援いただくと飛び上がって喜びます^^
 ⇒ 人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク