ムーディ-ズによる日本の長期国債の格下げ検討

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは、
こんなコマーシャルを見たことがありますか?

個人向け国債CM 2011年春

私はあまりテレビを見ない方なので、
今、どんなコマーシャルをしているのか?
という話題にはなかなかついて行けないのですが、
そんな私でもこのCMは見たことがあります。

ってことは、バンバン流れているのでしょう。

財務省によるCMなのですが、
どうやら、本日6/3から、
個人向け国債が募集開始されるようです。

ん?
「前日に金利発表!」
なんて書いてありますね。

昨日の6/2に金利の発表があったようです。

という訳で、
財務省の国債ページをチェックしてみました。

・変動金利型10年満期が、年利0.77%
・変動金利型5年満期が、年利0.41%
・変動金利型3年満期が、年利0.20%

なるほどそうですか(ため息)

10年満期で年利0.77%と(ため息)
5年満期で年利0.41%と(ため息)
3年満期で年利0.20%と(ため息)

※当然、ここから税金が引かれることをお忘れ無く(ため息)

そして、そんな最中の6/1に、
米各付け会社ムーディ-ズが、
日本の長期国債の格下げ検討を発表しました。

与謝野さんや財務省の方々は、
バカっ高い広告費を電通あたりに支払って、
「いざ募集開始!!」
って時にムーディーズに「格下げ検討」されて、
どんな気持ちだったんでしょうね。

このタイミングの悪さ。
この間の悪さ。

そして、我が日本国が発行する国債の脆弱さ

とても笑えないことなのですが、
私はつい失笑をしてしまいました。

さて。
あなたは、こんな国債に、
大事な資金を10年間もの間、
塩漬けしておく勇気はありますか?

投資先を選ぶ「目」は、
本当に必要だと感じる今日この頃です。

追伸
私が取り組んでいる、
「オフショワの積み立てファンド」
を指南してくれた方からのメルマガを抜粋します。

「先週…大きい声では言えませんが、、、
 香港HSBCに某税○所の方がお忍びで口座を
 作っていました」

いやあ・・・泣けてきます。

クリックで応援いただくと飛び上がって喜びます^^
 ⇒ 人気ブログランキングへ

スポンサーリンク