相場に合わなくなった自動売買ソフト(EA)の活用方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私が最も推しているEAに
「Forex Robin VOL」
というEAがあります。

Forex Robin VOLの西ヤン評価

この自動売買ソフト、本当にデキの良い自動売買ソフトです。

世界最大のEAフォーラムで名だたる数々のEAを評価し、
そのEAフォーラムでは「EAの神」的な扱いを受け、
なおかつ、
EAの開発にもずば抜けた力を発揮する人間が、
この「Forex Robin VOL」を開発しました。

つまり、
評価する目開発する目の双方を併せ持った、
極めて優れた人間が作ったEAな訳です。

「Forex Robin VOL」は。

しかし。

西ヤンの評価ページをご覧いただければわかるとおり、
今年の3月以降、成績は下り坂です。

「なぜ、そんな優秀な人間が作ったEAが調子悪いんケ?」

あなたはそう思いませんか?

理由は明白。

「Forex Robin VOL」は、
「EURUSD」のボラティリティが低ければ、
良い成績を残せないからです。

今の「EURUSD」相場のような、
行ったり来たりのレンジ相場では力は発揮できない
のです。

2012年の「EURUSD」のように、
トレンドが出て、ボラティリティが高かった時期、
この時期にこそ、大いなる力を発揮するEAなのです。

裏を返せば、「Forex Robin VOL」は、
「EURUSD」のボラティリティが高い時期に、
その相場の動きに合わせて作られたEAっナ訳です。

だから、今年の「Forex Robin VOL」は調子が悪いのです。

今、米国はシリアにチョッカイを出しています。

米国はもはや、
「戦争をすることで経済を維持する国」
になっていますので、
イラク戦争の時ように一方的な言いがかりを付け、
シリアに首を突っ込もうとしているのでしょう。

(8月末、安倍首相がアサド政権に退陣を要求しましたが、
 言い出しっぺの米国自体が、退陣要求も何もしていない
 このタイミングでなんで先走った発言をしているの?
 という由々しい疑問はさておき、)

シリアで戦争が始まれば、相場が動きます。

ドル安になる訳です。
(円は買われるでしょうから円高になります。)

で、不謹慎なのですが、相場が動けば、
「Forex Robin VOL」は勝ちやすい相場になる訳です。

とは言え・・・、

EAが勝つために、
戦争が始まるのを待つってオカシクナイですか?

私が以前からお伝えしているように、
相場が変化すれば、
その相場にあったEAを投入すれば良い話なのですから。

ですが実は・・・、
今の「EURUSD」相場を苦手とする「Forex Robin VOL」が、
不死鳥のように蘇る方法があるのです。

それは、戦うステージを変えるということ。

戦うステージとは、通貨ペアのことです。

「Forex Robin VOL」は、
「ボラティリティの高い相場に向いている」
という話であって、
「EURUSDに向いている」
という話ではありません。

であるならば、「Forex Robin VOL」を
「ボラティリティの高い通貨ペアで動かそう。」
ってナ訳です。

昨年の「EURUSD」のように、
ボラティリティが高く動いている通貨ペアって何でしょうか?

はい。
「AUDUSD」ですね。

「AUDUSD」の相場はトレンドが発生すると伸びることが多く、
流動性は「EURUSD」ほど高くありませんので、
自然な相場形成ができにくい部分も確かにありますが、
それがかえってトレンドを作ることもあります。

と言う訳で、「AUDUSD」というステージで、
「Forex Robin VOL」を運用できるパラメーターをチクと作り、
7月の頭から運用していました。

2ヶ月間運用した結果は上々。

「Forex Robin VOL」をご購入になった方へは、
この「AUDUSD」向けのパラメーターもお付けしていますので、
今は、このパラメーターを利用するのが良いと思います。

西ヤンの自信作です。

今日は「Forex Robin VOL」をダシにしてしまいましたが、
一般に販売されているEAを利用する場合は、
(質の良いEAであることが前提です。)
利益を出している時はそのまま継続運用し、
「相場が変化してきたな」
と思えば、

1)パラメーターを変更する
2)通貨ペアを変更する

を行い、それでもダメなら、

3)そのEAを相場が戻るまで引っ込めて、
  その相場で稼げるEAを稼働させる

という判断をすれば良いという話でした。

そうそう。

「Forex Robin VOL」をご購入になった方へは、
【ロビンご購入者通信】
という手作り感たっぷりのメールを
定期的に配信させていただいています。

相場が変化すれば、
その相場に合わせたパラメーターを配布させていただく
と言うのが主旨なのですが、
今は「AUDUSD」を動かした方が良いでしょう・・・的な
相場に合わせた情報発信(+パラメーター)もしていますので、
「オリャ、相場がどう動いとるかがワカランわい!!」
という方でも安心してくださいませ。

これまでに、西ヤンのオリジナルパラメーターは、
4種類配布させていただいていますが、
「EURUSD」の相場が戻った暁には、
これまでに配布した「EURUSD」のパラメーターを
ご利用いただければ良いでしょうナ。

Forex Robin VOLの販売ページ

●追伸1

今日のお話は「相場を見て判断する」ということが、
前提となりますが、
「オリャ、相場なんてひとっつも見れんワ。
 だから裁量でも勝てんし、自動売買も無理。」
という方もいらっしゃると思います。

はい。

相場をまったく見なくても稼ぐ方法はあります。
しかも長く長く。

そんな方法を知りたい方は、下記にご登録なさってください。

「ひとりでメシを食える力」を得るための情報を得る

相場を見れない人、
裁量トレードでまったく勝てない人、
自動売買でも勝てない人、
全ての方に捧げる手法です。

●追伸2

現在、
「これまでの自動売買の概念を根本的に変えるEA」
の検証をはじめています。

これまでのEAは、
「ある一定の相場に合わせた
 制作者の強い思いが前提の自己中心的なEA」
がほぼ100%を占めると言って良いと思いますが、
私が現在、検証をしているのは、
「様々な相場にもピタリと寄り添い、
 相場の変化をもろともしないEA」
という今までの概念をひっくり返すEAです。

あなたにご紹介できるかどうかはわかりませんが、
考え方は本当に魅力的なEAですので、
近々、西ヤン目線でこのEAの考え方をご案内したいと思います。

(これが自動売買のあるべき姿かも・・・
 とも思わせる自動売買ソフトです。)

そんな情報が欲しい!!という方は、
下記より西ヤンメルマガにチックラ登録なすってください。

西ヤンメルマガに登録する。

クリックで応援いただくと飛び上がって喜びます^^
 ⇒ 人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク