自動売買って本当に儲かるのか?

最近、耳に入ってくる話が、
「本当に自動売買って稼げるんか?西ヤンよ。」
という話。

 

はい。

取り急ぎ断言しましょう。

 

無論、稼げます。
何を仰るウナギさん。

でございます。

 

と申しますか、
自動売買が稼げないなんて誰が言ったんですか?

確かに最近の相場の動きは、
「これまでにない動き」
であることもあり、
「これまでの相場の動き」
を前提として開発されているEAの中には、
通用しないEAが出てきているのも事実です。

あなたもご存知の通り、
たいていのEAは過去のバックテスト結果を元に開発される訳で、
それはつまり、
「過去にこんな値動きがあったよね。
 だから今後も同じような値動きがあるはずだよね。」
という希望的観測によって開発されている訳です。

 

そうそう。

ちょっと覚えておいていただきたいのは、
「バックテストの期間が長いEA」が、
優れたEAとは限らないということ。

昔、EAの販売ページで、
「2000年以降の『10年以上のバックテスト期間』に、
 ずっと右肩上がりの収支曲線を描いているEAなんで、
 ウチのEAは完璧ですワ!!」
なんて誇らしげに訴えるEAがありましたが、
こんな自慢げな話もたいしてアテになりません。

そもそも今とは違う「かつての相場」に合わせたところで、
それが「完璧である(稼げる)理由」にはならないということです。

 

話を戻します。

つまることろ今の相場は、
ユーロドルやドル円といったメジャー通貨であっても、
今までに見たことも無いような相場になってしまっている訳です。

2008年のリーマンショック「前」と「後」でも、
相場がガラリと変わっているように、
今も相場が変わってしまっている訳です。

ってことは、かつての相場で稼げていたEAが、
果たして今、稼げるかどうかは甚だ疑問と言わざるをえません。

 

「おい、西ヤンよ。
 貴様の話を聞いていると、
 どうも今はEAが稼げなそうにしか聞こえないぞ。」

 

これこれ。

何を仰るウナギさん(二度目)
最後までお話をお聞きになってください。

私は気づいてしまった訳です。

こんな相場でもキッチリ稼げる方法
を。

 

・・・と申しますか、
もちろんそれを理解して運用しているのですが、
今の相場でEAを運用していると、
なおのこと「そうだよな」と思える方法です。

現に私、EAの運用で、月に2%とか3%といった利益は、
ここ2年くらいはずーっと出ています。

私がここ2年はずーっと取り組んでいる方法です。

 

はい。

その方法ってのが、
相場に合わせて、
「EAを取捨選択」し、
「適切なパラメーター設定」をすること。

とりわけ、
良いEAを選択したならば、
「適切なパラメーター設定」が大事です。

以上です。

 

・・・実際のところ、私が逐次がご案内している話な訳です。

とりわけ今の相場は、
最低でも「3ヶ月おき」くらいにパラメーターを見直し、
できるだけ直近の相場に合わせた設定で運用すること
これが重要です。

極端な話をすれば、
1ヶ月おきくらいにパラメーター設定をしても良いです。

直近のバックテストデータを抽出し、
そのバックテストデータでパラメーターを
オプティマイズ(最適化)する。

こうして新たなパラメーターで新たな月を乗り越える。

面倒くさいですが、そのくらい変化の激しい相場な訳です。

できるだけこのくらいの作業は施したい訳です。

 

裁量トレードで相場に向かい続けることを考えると、
よほどこの作業を加えた自動売買の方が楽チンです。

やはり自動売買ってのは、
あくまでも一定のロジック・パラメーターによって、
単に自動で売買してくれるだけで、
放ったらかしでは利益を出し続けることはできないということ。

これを肝に銘じてください。

でなければ、自動売買では勝てません。

 

クリックで応援いただくと飛び上がって喜びます^^
 ⇒ 人気ブログランキングへ

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

このページの先頭へ

FX情報商材トップ
このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加