FXと泪と男と女

敬愛する河島英五さんに引っかけましたが、
2つ目の「泪」は、ゴメンナサイ。こじつけです。

お伝えしたかったのは、

「FXと男と女」

です。

私のサイトの読者さんには比較的女性が多いのですが、
サポートをさせていただいて気がつくことがあります。

それは何かというと、
男性女性か、
どちらがFXに向いているのかと言えば、
女性ではないかと。

私はフェミニストでもありませんし、
かと言って男尊女卑の気もありません。

ただ純粋に、女性の方が、
女性固有の性格的に、
FXに向いているのでは無いかな?
と思う次第です。

あ、だからと言って、
男性の方にFXは控えた方がイイと言っている訳では、
「決して」ありませんからね。

誤解なされないよう。

 

話を戻すと、
その、女性の方が向いていると感じるのは、
サポートをしている時です。

一番感じる部分は男性の切迫感です。

例えが不的確かも知れませんが、
男性は妙に息切れしてゼイゼイしている感じです。

例えば、

「さっき、●●円の損失が出ちゃったのですが、
 どうすれば良いでしょうか?」

なんて質問は、比較的男性の方が多いです。

私も、この手のご質問をいただくと、
どうするも何も、

「どうしよもないです。」

としか言いようがないのですが(汗)、

「FXですから、ドローダウンは必ず発生します。
 また、最低でも3ヶ月、通常でしたら1年間は見ないと、
 EAが良いものか悪いものかはわかりません。」

と言う内容を、
やんわりとお答えさせていただいています。

もちろん、ごくごく一部の方です。

ただ、男性と女性のどちらが、
バタバタと一喜一憂してるかな?
と言うと、
比較的男性の方かな?と思う次第です。

よく言いますよね。

投資は精神状態が深く関係すると。

心に余裕がないと、
裁量取引の時は顕著でしょうが、
自動売買に取り組んでいる場合も、
その良さを発揮できなくなります。

例えば、自動売買に関わらず、
わずかな含み益に盛り上がり、
これがマイナスになってはコトだと、
逃げるように手動決済。

これはダメです。

手動決済をする時は、
経済指標の発表がある前とか、
何らかの影響で相場が荒れている場合など、
「能動的に」手動決済をする時だけです。

逃げ腰の手動決済はダメです。

 

その理由はたくさんありますが、
検証者の立場から言わせていただくと、

「運用している自動売買ソフトの評価が
 まともにできないから」

です。

そりゃそうです。

仮に利益が出た場合でも、
自動売買そのものが利益を出したのか、
手動決済が結果として良かったのか、
何が良かったのかがわかりません。

逆に損失が出てしまった場合も然り。

自動売買そのものが損失を出したのか、
手動決済が結果として悪かったのか、
わかりません。

その点、比較的女性は、
どっかりと構えている方が多いです。

無駄に手動決済もしない。

サポートを受けていても、
切迫感をあまり感じません。

 

許容範囲が広いのでしょう。

腹が据わっている方が多いです。

 

やはり、お母さんですね。

 

男も女も、
お母さんから産まれたと考えると、
女性は母なる大地。

女性には頭が上がりません。

 

という、ひとつの仮定から、
一応の結論を導き出したのですが、
あなたはどう思われますか?

 

クリックで応援いただくと飛び上がって喜びます^^
 ⇒ 人気ブログランキングへ

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

このページの先頭へ