リアル口座:黄色/デモ口座:緑 デモ口座の利用制限解除の弊害

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多くのFX業者のデモ口座は、
1ヶ月などの使用(試用)期限があります。

使用期限を過ぎてしまうと、
そのデモ口座は利用できなくなってしまいます。

ですので、
もし半永久的にデモ口座を利用したい場合は、
そのFX業者に
「デモ口座の利用制限を外してちょんまげ(古っ)」
と、メールを一本出せばOKなのですが・・・。

MT4でデモ口座の使用期間を解除する方法

ただし。

この「使用期間を解除する」という行為には、
弊害が潜んでいるのを知っておいてください。

まず通常のリアル口座とデモ口座が、
どのようにMetaTrader4で表示されるかを見てみます。

「ナビゲーター」内の「口座」をご覧ください。

口座番号の頭に人間みたいなアイコンがありますが、
この色で識別できます。

リアル口座とデモ口座

ご覧の通り、
リアル口座:黄色
デモ口座:緑色
で表示されます。

では、試用制限を解除したデモ口座のアイコンは
どのように表示されるのでしょうか?

ん?

黄色?

全部を並べてみましょう。

リアル口座とデモ口座

そうなのです。

試用制限を解除したデモ口座は黄色に表示され、
FX業者的には、デモ口座扱いなのですが、
MT4的には、リアル口座扱いになってしまう
のです。

つまり、デモ口座の利用制限解除前は、
こんな感じでリアルとデモが並んでいても、

リアル+デモ

利用制限解除後は、リアルとデモだとしても、
同じ黄色で表示されてしまう訳です。

リアルでも

これ、結構な問題なんです。

口座認証のある自動売買ソフトってありますよね?

その自動売買ソフトをデモ運用しようとした時、
利用制限解除をしていると、リアル口座扱いになってしまうために、
リアル口座としてのアクティベーションが
必要になる
場合がある訳です。

デモ口座にも関わらず、
リアル口座と認識してしまうために。

ちなみに、私が運用しているEAでは、
Wallstreet Forex Robotがこれにあたります。

ですので、Wallstreet Forex Robotで、
デモ口座の試用制限を外した場合には、
・リアル口座でアクティベーションをする
あるいは、
・Wallstreet Forex Robotの販売者へ状況を伝え、
 デモ口座でアクティベーションをしてもらう
というのが解決方法となります。

私は、購入者専用ページのサポートコーナーから、
この状況を伝えてアクティベーションをしてもらいました。
(Google翻訳を活用。)

この問題については、かなり悩んで、
アチコチ調べてようやく問題が解決 しました(汗)

遅ればせながらの情報共有です。

少しややこしいかも知れませんが、
参考にしてください。

クリックで応援いただくと飛び上がって喜びます^^
 ⇒ 人気ブログランキングへ

スポンサーリンク