日本の手数料商売は終焉を迎える

本日はエクイティファンドを運営している
知り合いの講演会にお呼ばれしたので行ってきました。

彼が運用しているのは、
日経225のオプションや先物をメインとしたファンドで、
2008年から運営しているのですが、
毎年50%ほどのパフォーマンスを叩き出しているからか、
このクソ寒い中、講演会は大盛況。

来場者さんは、50代から60代の方が多く、
皆さん、熱心に聞き入っていました。

彼はもともと日系の大手証券会社に在籍し、
個人投資家や法人投資家を相手に営業を行っていたのですが、
彼の在籍中、紹介した個別株が軒並み下がり、
お客様全員に損失を与えてしまったと吐露していました。

しかし、証券会社はご存じの通り手数料商売

顧客に株を売ったら売っただけ手数料が入るので、
投資家さんが損失を被ろうとまったく関係ありません。

痛くも痒くもない。

こんな証券会社での仕事に良心の呵責と投資の限界を感じ、
一念発起して成功報酬を基盤としたファンド会社を立ち上げ、
現在に至っている訳です。

彼は壇上で、コブシを振り回しながら言っていました。

日本の手数料商売は終焉を迎えると。

来場者には、恐らく証券マンや、取引所の人間など、
多くの業界の関係者がいたと思われますので、
「業界を敵に回すようなことをよう言うなあ・・・(汗)」
と、小心者の私は、脇汗をかきながらドキドキしていました。

私も同様の発言を、ネットを中心に行っていますが、
私自身は、旧態依然とした投資の世界に何のガラミがありませんので、
平気のへの字で言えてしまいます。

しかし、彼は元証券マンで、
しかも、彼の業態上、
今後も国内の証券会社との付き合いもあると思われます。

しかし、彼は言い放った訳です。

日本の手数料商売は終焉を迎えると。

彼の顧客目線の思いを改めて受け、
今日は私もハッとさせられました。

やはり生き残るのは、顧客目線での投資案件です。

 

以前に元メガバンクの支店長さんで、
南田ゼミを主宰している南田さんが仰っていました。

「日本の銀行が提供している投資信託はダメだよ。
 あんなん稼げる訳がない。
 だって銀行側は、投資家からお金をもらえば、
 それで仕事はオシマイなのだから。
 稼ごうと稼ぐまいと、アイツら銀行は一切関係ないんだよ。」

これ、現役の銀行員の発言です。
しかも幹部行員です。誰もが知るメガバンクです。

事実、多くの投資信託は、元本割れが起きています。

とかく質の悪い投資信託が跋扈しているにもかかわらず、
銀行やら証券会社やら生保やらが、
糞ツボ投信なんぞを、表面上はにこやかに売りつけ、
手数料で私腹を肥やしている訳です。

別に、銀行マンやら証券マンが
悪いだのアホだの言っている訳ではありません。

彼らは会社という枠組みの中で、
会社が正しいということをセッセと遂行しているだけですから。

私が悪いだのアホだの言っているのは、
そんな投資案件しか販売できない成長無き企業と、
それを保護するお上に対してです。

改めて、彼の話を聞いて襟を正すと同時に、
あなたには、FXに限らず、こうした質の良い投資案件を、
ご紹介して参りたいと思います。

どうぞご期待くださいませ。

 

クリックで応援いただくと飛び上がって喜びます^^
 ⇒ 人気ブログランキングへ

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

このページの先頭へ

FX情報商材トップ
このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加