乱獲FXを改めて評価してみる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、
とある証券会社で営業を行っている大学時代の仲間と
会食していた時の話しです。

この男、
職業柄からなのかFX商材に対しての造詣が非常に深く、
ずいぶん昔のFX商材から最近のFX商材まで、
検証者顔負けによく知っている男です。

で、この男と、
「かつてリリースされていたFX商材で、
 未だに稼げているものは何だろね?」
という話しになりました。

確かに、多くのFX商材なるものは、
特に自動売買を中心として一過性のモノが多く、
ハナっから糞ツボの如き詐欺的商材は例外としても、
最初はチョロチョロと稼げたものの、
時が経てばあっという間に稼げなくなってしまうものが、
本当に多いのが悲しきかなこの業界の商材群

私は、検証者のキャリアは3年目に突入しましたが、
ビクトリーFXあたりは、1年半に渡り稼ぎ続けていますし、
基本的に私は「長く安定して利用できるモノ」を、
まずは念頭に置いてご紹介することを旨としています。

・・・とまあ、そんな私の小アピールは置いておいて、
その、ヤンヤヤンヤの話しの中で、
彼が長く利用していると話していたのが下記の商材でした。

乱獲FX

2年ほど前にリリースされた裁量手法のマニュアルで、
私も名前くらいは聞いたことがありました。

彼曰く、
「この商材のインジケーターを未だに利用している。」
とのこと。

どうやらこの男は、2年に渡って利用し続けており、
未だに衰えること無く利益が出ているようです。

とは言え、これは私見ですが、
実際のところ、インジケーターってのは扱いが難しく、
利用者によって捉え方が違う
というのが私の印象です。

ゆえに、稼ぎに直結するようなインジケーターを、
私はほとんど知りません。

ただ彼とこのインジケーターの相性が良いのか、
「自分は様々な裁量商材を見てきたが、
 『乱獲FX』に勝るモノは無い。
 もはやこれは世界名作劇場の域だ。」
と言い切っていました。

最後の「世界名作劇場」発言は意味が不明でしたが、
古い商材でも、質の良いモノはあるのだなと改めて感じます。

確かに、新しくFX商材が発売されるたびに散財するより、
古くても長く利用され、実績を出しているFX商材の方が、
よほど信用なります。

じゃあ、私が今オススメしている「FXB-Manual」はどう思う?
と聞いてみると、
「聞いたことがない。」
と、キッパリ(汗)

「FXB-Manual」がマイナーなのか、
彼が最近のFX商材を知らないのか、
この答えは闇の中。

乱獲FXの販売ページ

クリックで応援いただくと飛び上がって喜びます^^
 ⇒ 人気ブログランキングへ

スポンサーリンク