プロフィール

 西ヤン

はじめまして。

西ヤンと申します。 

このたびは本サイトにお越しくださり、
本当にありがとうございます。

 

まずは、ご挨拶代わりに
恥辱にまみれた自己紹介をさせていただきます。

 

 

「で、あんた何者?」

 

はい。

改めまして、西ヤンと申します。

本名は西村ですので、西ヤンと界隈では呼ばれています。

 

  • 好きな言葉は、我が人生に悔い無し。
  • 好きな映画は、アルマゲドン。
  • 好きなミュージシャンは、長渕剛。
  • 好きな酒は、泡盛。
  • 好きな健康食品は、ミキプルーン

(なんか安い感じでしょ?その直感合ってます。)

 

生まれは昭和47年。

今年で38。(少年老いやすく学なりがたし)

 

寄る年波もワレ関せず。

気持ちは若人。

誰に遠慮することなく日々ヒンシュクを買うべく生きています。

(ヒンシュクの真意は、
 プロフィールを最後まで読んでいただければご理解いただけるかと。)

 

 

「そんなこと聞いてないよ。で、何?」

 

失礼しました(汗)

 

では少々お時間を拝借して、
私のFXにまつわる自己紹介を、
現在から過去に遡りつつご案内させていただきます。

 

 

「FXのキャリアはどのくらい?」

 

私は、2010年3月9日よりFXを開始しました。

本日(10/4)時点で、FX歴は209日になります。

 

 

それまでは、投資という名の付く行為は、
せいぜいタカラの名器、億万長者ゲームまで。

 

そんな、FXやら株やらひっくるめた投資初心者の私が、
最初に購入したのが「町田式FX-FEVERシステムパック」でした。

 

 

「町田式FX-FEVERシステムパック?」

 

目を閉じれば思い出します。

 

あの日は、しんしんと雪の降る寒い夜でした。

 

私は、いつもの如く、ノンベンダラリとネットサーフィン。

 

そんな時に目に飛び込んで来たのが、
「町田式FX-FEVER」の販売ページ(セールスレター)。

 

「数年で80億円稼いだ!!」
「5万円が8億円に!!」

などと、
大胆なキャッチ
青みがかった販売ページが印象的なFX商材でした。

 

 

「FX初心者」で「疑うことを知らない人間」であれば、
あのページを見たらほぼ確実に搦め捕られるでしょう。

類に漏れず、私がそうであったように。

 

 

その時の私の心を覗いてみると、

 

いやいや
 『5万円が8億円に!!』って。

 サスガにこれは浮世離れした話だ。
 怪しすぎる。
 そんなこと、こんなオレでもわかるさ。

 ただ・・・

 ウン億、儲かった人の半分、
 いやその半分、
 いやいや更にそのまた半分・・・

 ええい!!

 町田式で儲かった連中の平均が10億とすりゃあ、
 たった100分の1でも1,000万円。

 大げさ大胆な販売ページとは言え、
 100分の1程度の利益だったらフツーいくだろ。

 それが自然の摂理だ。

 ・・・チックラやるか。」

 

 

こんな不純な動機不埒な計算で、

「町田式FX-FEVER」の購入に至ったわけです。

 

 

こうして、

エドはるみ(ないしは故青木雄二)並みの
遅咲きFXデビューを果たしました。

 

 

 

「で、実際に稼げたんかい?」

 

今のあなたの頭の中を想像するに、

この流れは私が、

「やっぱだまされた!!」
「全然稼げないヤンケ!!」

って地団駄踏む流れだと思ってませんか?

 

 

違うんです。

地味ながら稼がせていただいたんです。

 

とは言っても、2万円程度ですが(3月)。

 

それでも初めて利益が上がった時は、
何か光明が差した気がして、

人目をはばからず男泣きするくらい、
嬉しかったことを覚えています。

 

 

ただ、

実際に自動売買ソフトを運用して、
FXのオモシロさに気がつくと同時に、
ある重要なことに気づいてしまいました。

 

 

「何?それ?」

 

はい。

それは、
「ほったらかしの完全な自動売買では稼げない。」
ということです。

 

 

つまり、

私はまずFXのオモシロさに目覚めてしまった訳ですが、

その半面、

完全な自動売買では稼げないだろうなと感じました。

 

 

そりゃあ、何もしないで「ほったらかし!!」って言葉は、
魅力的なキーワードです。

現在のFX情報商材には、ほとんどと言って良いくらい、
「ほったらかし」という言葉が踊っています。

 

でも、それじゃあ正直、稼げないだろうな、
何らかの手心を加えなくては勝てないな、

というのが、その時の感想でした。

 

 

「で、その後は? どうなった?」

 

そんな気づきを得てからと言うもの、

「安定して利益を上げていくこと」を目指して、

仮説を立てては検証し、その結果を分析するという、
時間の掛かる作業を繰り返しながら、
私なりの手心を模索し運用してきました。

 

 

その結果、「町田式FX-FEVER」は、
初期投資が$500からのスタートだったのですが、

実稼働33日で資産を倍にし、
現在では、$1,000の利益を超えることができました。

 

 

町田式FX-FEVERの販売ページにあるような、
ウン億はとても稼げそうにありませんでしたが、

ある程度納得のいく結果は出すことができました。

 

 

ちなみに「町田式FX-FEVER」自体は、
2010年の5月末に販売中止になってしまいましたが、
10/4現在、私は未だに検証ブログを運営しています。

 → 町田式FX-FEVERの検証ブログ

 

もはや、趣味嗜好の世界で生きるブログですが、
最初に作ったブログってのは、思い入れも深くなります。

ありがたいことに、
たくさんの読者様に日々訪問していただいており、
大いに愛深いサイトに育っています。

 

 

で、

町田式FX-FEVERで味をしめた私は、
この町田式FX-FEVERの運用と並行して、

実に11個のFX情報商材を立て続けに運用させました。

(12/1現在では、その数が30個に迫ってきています。)

 

 

もちろん、FX情報商材の潜在能力の差もありますので、

稼げた可愛いヤツ
稼げなかった苦々しいヤツ

それぞれ存在します。

 

 

しかし、自分なりのルールを作り、
何らかの手心を加えて運用させれば、

幾ばくかの勝率ならば上げることができるというのが、
私の現在の結論です。

 

 

「じゃあ何か?どんなFX商材も勝てるようになるんか?」

 

失礼。

言葉足らずでした。

そんなことは決してありません。

 

 

ダメなFX商材はどう転んでもダメです。

勝てないものはひっくり返っても勝てません。

 

 

手心を加えれば、

勝つ可能性を高め
負ける可能性を抑える

ことができるということです。

 

 

私自身、無職で、時間は無限にありましたので、
時間のかかる仮説と検証には、
集中して取り組むことができました。

 

 

「ん? あんた無職なんかい?」

 

あな恥ずかしや。

 

では、自責の念に呵まされながら、
町田式FX-FEVERに出会った以前の私に遡ります。

 

ここからは、かなりの恥ロード
くれぐれも心してお聞きになってください。

 

 

前段として、無職は言い過ぎました。

無職に限りなく近い、個人事業主という位置づけです。

 

 

ただ、個人事業主という「本来は事業を行う個人」であるべき人間が、
何もせずに自失呆然に1年間を過ごしてしまったことを考えると、
個人事業主の中では、かなり質の悪い部類に入っていたと思います。

 

 

「自失呆然に1年間だと?」

 

私は、2009年の2月に勢い勇んで会社を飛び出しました。

 

 

この永久凍土さながらの大不況の中です。

雇い入れてくれる会社も無いでしょうが、
雇ってもらおうとも思っていませんでした。

 

 なぜなら、
退職後のモクロミは、存在していましたから。

 

在職中にほぼ個人で受けていたような仕事もあったので、
それを退職後も個人で引き継がせてもらえるよう、
それまで働いていた会社に仁義を切り、了承を得て、
それで当面は凌ぎつつ、新しいビジネスを構築する・・・

・・・という予定(モクロミ)でした。

 

要は、

今までの仕事で得たお客様の「ご厚意」に預かりながら、
手に職を付けつつ生きていこうと考えていたわけです。

 

 

「で、アンタ、稼げたんか?」

 

 

そうは問屋が卸しませんでした。

 

 

不況の風がびゅんびゅん吹き荒ぶ中、
いただけるお仕事はほぼ皆無に近く、
収入はびゅんびゅん系でウナギ下がり。

見込も予定もモクロミも全て焦がれてああ無情。

 

 

結局、少々のオコボレ仕事を捌いて、

2009年の1年間の収入は45万円

 

 

少しばかりの蓄えはあっと言う間に底をつき、
37歳にして借金生活デヴュー

 

 

ああヤバい。

ヤバいんだけど何をして良いやらわからない。
何をして良いやらわからないから動けない。
動けないから稼ぎもない。

 

 

美しくも悲壮なデフレスパイラル

 

 

こんな、木枯らしぴゅうぴゅうの2009年でした。

 

 

そして転機は、2010年3月。

 

 

うつろな目でネットワーフィンをしているさなかに見つけた、
「町田式FX-FEVER」の販売ページです。

 

 

この派手やか煌びやな販売ページで販売されていた
「町田式FX-FEVER」が、FXのロストバージン

 

 

そして、これこそがまさに私の転機となりました。

 

 

この辺のクダリは、先ほどお伝えした通り。

 

 

しかし今考えると

「FXで1年間に10億円稼いだ!!」的な

アカシア蜂蜜よろしく甘いキャッチに、
余裕で足下がグラついたあたり、
当時は相当、気が病んでいたのかなとも述懐できます。

 

 

ともあれ、結果として、

「FXでの収入」と、
「FX情報商材をご紹介することで得られる収入」で、

今は口に糊することができているので、
FXに出会わせてくれた「町田式FX-FEVER」には感謝しています。

 

 

「ふーん。何で36歳で会社辞めたん?」

 

いやあ・・・

この話はヒザを詰めてじっくりお伝えしたいのですが、
完全にこのサイトの趣旨とは異なってしまいますので、
機会があれば、またご案内させていただきます。

 

 

カンタンに言えば、
それまでの順風満帆だと思っていた会社勤めで、

「どんどん失っていくモノの大きさと怖さ」

に気づいてしまい、

居ても立ってもいられなくなり会社を飛び出してしまった
というのが真相です。

 

 

36歳にして自分の将来に向き合い、
初めて自分と腹を割って相談した結果が、
シガラミ見栄世間体人間関係プライド
こういった足かせを全て取っ払って、
「会社を飛び出す」という行動につながってしまった訳です。

 

 

格好良く聞こえるかも知れませんが、
ハナミズ混じりの逃避行です。

格好が良い悪いで自分の身の処し方を判断できるような
心境でもありませんでしたし。

 

 

ただ、同じ思いを抱いている方は、
特に大企業など安定した会社で働く30代、40代の方であれば、
実は相当数、存在すると思っています。

(私は大企業勤めはしてませんが。)

 

 

「まあいいや。で、何が伝えたいの?」

 

あなたがFX情報商材を利用するのは「FXで稼ぐため」ですよね?

 

私も同じです。

 

では、稼ぐためにはどうすれば良いのでしょうか?

 

単純です。

 

間違いのないFX商材を選び、
間違いのない運用をすれば良い
だけです。

 

たった2つだけです。

 

 

そしてその材料を得るために、
販売者さんや、実際に運用している方々に、
根掘り葉掘り貪欲に聞いて回れば良いのです。

 

 

事実、私が今までに運用してきたFX商材について、
販売者さんや紹介者さんとの交流させていただくことで、
いろいろと教えを請い、運用に活かしてきました。

 それにより、

勝つ可能性を高め
負ける可能性を抑える

ことができたと自信を持って言えます。

 

 

つまり、このサイトが目指す点も同様です。

あなたが間違いのないFX商材を選び
あなたが間違いのない運用する

ためのお手伝いをします。

 

私自身が貪欲に情報を収集して、
あなたの役に立つサイトを必死で目指します。

 

 

これからFX情報商材を購入しようと思っている方、
そして既にFX情報商材を運用してらっしゃる諸先輩方、
どうかどうか、よろしくお願いします。

 

まっとうな情報を
まっとうにご案内して行きたいと思います。

 

 

何かわからないことがあれば、
お気軽に遠慮無くご質問なさってください。

精一杯お答えさせていただきます。

 → 西ヤンへ何かを問い合わせる

 

 

「あ、そう。なんか良くわからんがせいぜい頑張りや。」

 

了解です。
(しっかし、天の声のあなた、突き放した言い方しかしませんナ。)

 

 

どうぞ、本サイトをよろしくお願いします。

ちょこちょこ足をお運びになさってくださいね。

忘れた頃に、「アイツどうしてるかな?」って
カラカイ半分に遊びに来てください。

 

 

よろしければ、お気に入りへの追加をお願いします。

 ↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

長らく、 テリも無い我が直近の半生にお付き合いくださり、
ありがとうございました。

 

冒頭にお伝えした、ヒンシュクの真意は、
下記の闘争宣言をご覧になってください。

 → ヒンシュクはカネを出してでも買え!

 

もう腹一杯だと思いますが、
もう少し、西ヤンを掘り下げた満漢全席のご案内もしています。

腹七分目以下でしたらどうぞ。

 → 西ヤンの「こんなのが好き」のコーナー

 

さらにさらに腹一杯だと思いますが、
まだ、読む気力があれば、根性見せてください。

テイスティングだけでもどうぞ。 

 → 西ヤンの夢

 

 

2010/10/4

 

 

西ヤン 

2010年10月4日

このページの先頭へ