ラグジュアリーFXの2011年4月の実績

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラグジュアリーFXの2011年4月の実績をご報告します

獲得Pips 損益
4月第1週(4/4~4/8) 14 6 0 193 ¥19,587
4月第2週(4/11~4/15) 17 11 0 -132 ¥-13,424
4月第3週(4/18~4/22) 17 8 0 88 ¥8,931
4月第4週(4/25~4/29) 18 7 0 -7 ¥-693
合計 66 32 0 142 ¥14,400

66勝32敗で、獲得利益は+142Pips(+14,400円)でした。

大きな利益を得ることができませんでしたが、
相変わらず安定して利益を上げてくれています。

4月から運用を開始した読者様も、
かなりこの利益を謳歌し甘受している模様です。

読者様から、
「シグナルを受けてから注文をするの大変では?」
というご質問をいただいたので、お答えします。

ラグジュアリーFXのシグナルの特長は、
「注文」のシグナルが毎時00分に発生し、
「決済」のシグナルも毎時00分に発生しますので、
基本は「毎時00分」を注意していれば良いのです。

ただし、
「注文」のシグナルの何時間後に
「決済」のシグナルが発生するかはわかりません。

これでは不安ですので、
「注文」のシグナルには「ストップ」が設定されており、
「注文」のシグナルが発生して、
実際にFX業者で注文する際に、
「成行注文」+「ストップ(損切り/逆指値)設定」
を行えば良いようになっています。

私の運用スタイルは、
「成行注文」+「ストップ設定」
ですので、
最初の「注文」のシグナルだけを気にしています。

(運用実績も「成行注文」+「ストップ設定」の成績です。)

ただ、利益面で言うと「注文」時に
「ストップを入れる」のと
「ストップを入れない」のとでは、
「ストップを入れない」で
別途「決済」のシグナルが発生してから決済する方が、
利益が多く出る場合が多いです。

ですが私は、
最初の「注文」シグナル発生時に「ストップ」を入れても、
十分に利益が出ていますし、
そうした方がよほど健全だと考えますので、
私はそのようにラグジュアリーFXを運用しています。

ラグジュアリーFXの販売ページはこちらです。
 ⇒ http://www.world-one.jp/system/top/

ラグジュアリーFXのレビューに戻る。
 ⇒ ラグジュアリーFXの詳細レビュー

クリックで応援いただくとラグジュアリーな気分になること請け合いです^^
 ⇒ 人気ブログランキングへ

スポンサーリンク