ラグジュアリーFXの2011年2月の実績

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラグジュアリーFXの2011年2月の実績をご報告します。

獲得Pips 損益
2月第1週(1/31~2/4) 17 10 0 -11 ¥-1,149
2月第2週(2/7~2/11) 27 10 0 297 ¥30,197
2月第3週(2/14~2/18) 21 9 0 212 ¥21,570
2月第4週(2/21~2/25) 22 15 0 109 ¥11,038
合計 87 44 0 606 ¥61,656

第1週は、今までに見られなかったような、
「一取引ごと」の損失が、
大きくなってしまった印象を受けましたが、
その後は、安定して利益を積みあげてくれました。

+606Pipsで、+61,656円という2月の結果は、
好調だった前月1月の利益に迫る勢いです。

ちなみに、私が運用を開始した9月からの成績は、

 9月:+102Pips(+10,368円)
10月:-177Pips(-18,032円)
11月:+263Pips(+26,756円)
12月:+232Pips(+23,587円)
 1月:+649Pips(+66,009円)
 2月:+606Pips(+61,656円)
————————————————
合計:+1,675Pips(+170,343円)

です。

20万円からのスタートなのですが、
6ヶ月間の平均月利は、約14%で推移しています。

しかし、この成績にも関わらず、
私は、発信されるシグナルの約6割程度しか、
取引ができていません。

以前、メルマガかブログで、
「私は、シグナルの7~8割を取引している」
とご案内したことがあるのですが、
きちんと精査してみたところ6ヶ月で6割程度でした(汗)

改めて少ない取引数です。

正直に言うと、
もう少し努力して取引用数を増やしたいところです。

とは言え、ラグジュアリーFXは、
基本的には昼夜問わずシグナルが発信されるので、
全てのシグナルを取引に反映させることは、
1日中「寝ない」という荒行ができる人間のみです。

30年間片足で立ち続けているインドの修行僧じゃないですが、
ごく一般の人間でしたらまず不可能。

無論、通常の修行僧レベルでも無理でしょう。

ナマクラ坊主クラスであれば、なおのこと無理。

ラグジュアリーFXの基本ロジックは順張りです。

ですので、トレンドが発生していないアジア時間は、
さほど実績が高い訳ではありません。

トレンドの発生しやすい夕方以降の成績が良いため、
ラグジュアリーFXのシグナルを受けている読者さんも、
「日中は働いていて、帰宅してから運用する」
という方が多いようです。

ですので、もし、あなたが
ラグジュアリーFXを運用する時は、
全てのシグナルを取引しようとは思わず、
あなたの生活に合わせて取引をすれば良いかと思います。

読者さんの中には、
2月は、シグナルのわずか「3割」程度の取引で、
+250Pipsを取ったと報告をくれた方もいました。

なお、エントリー時の「ストップ」も、
できるだけ設定した方が良いと思います。

エントリー時に「ストップ」を設定すると、
「ストップ」を設定しない場合と比較して、
どうしても利益が少なくなってしまいます。

しかし「ストップ」設定する方が健全です。

そもそものラグジュアリーFXの性能は高いので、
ストップを設定したとしても、
あなたが想像している以上の利益は、
上げることができると思います。

また、ラグジュアリーFXはダマシのサインが少なく、
高値圏での売りや、
安値件での買いが、
非常に少ないです。

トレンドの転換点で、
それまでのトレンド方向にエントリーすることは、
あまりありません。

シグナルの精度も非常に高いので、
3月にも大いに期待したいところです。

ラグジュアリーFXの販売ページはこちらです。
 ⇒ http://www.world-one.jp/system/top/

ラグジュアリーFXのレビューに戻る。
 ⇒ ラグジュアリーFXの詳細レビュー

余談ですが、
30年間、片足立ちのままのインドのオッサンの、
本当に昼夜を問わず片足立ちなのかの真偽はさておき、

ギネス記録として、
片足立ちの記録を保有しているのが、
アシュリタ・ファーマン氏。

アメリカで健康食品店を経営する実業家さんです。

彼の片足立ちの記録は、なんとなんとの76時間。

その間の睡眠やお小水が気になるのは、
私だけでしょうか?

ちなみに、このファーマンさん、
生粋のギネスコレクターで、
1979年から、216のギネス公認記録を樹立し、
現在も89の記録を保持している模様。

いやあ・・・
人生、かくありたいですね。

人生、かくありたい方はクリックしていただければ嬉しいです^^
 ⇒ 人気ブログランキングへ

スポンサーリンク