システム堅[KEN]【評価とレビューのブログ】特典つき

システム堅のレビューです。2013/7/3更新

システム堅

レビューの前に

西ヤンです。いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
本サイトでは、購入前に理解しておいた方が良い情報を、
良いところも悪いところも包み隠さず
ご案内させていただくよう心がけています。
ですので、やや情報量が多くなっていますことをご勘弁ください。

では、いってみましょう!!

システム堅のズバリ評価

システム堅の評価点(100点満点)

79点 / 100点

———————【購入の目安】———————-
0~60点:買ってはいけない
61~80点:評価を読んで自分に合うと感じたなら
81~100点:買って損はない
————————————————————–
 ⇒ 評価点についての考え方

システム堅の評価ポイント(5点満点)

本当に儲かるか? ★★★★☆
価格は適性か? ★★★★☆
実行するのはカンタンか? ★★★☆☆
サポートは充実しているか? ★★★★☆
安定性は高いのか? ★★★★☆
将来性はあるのか? ★★★★☆

 

システム堅の検証実績

獲得Pips 実績ページ
2012年4月 57 システム堅_4月の実績
2012年5月 107 システム堅_5月の実績
2012年6月 -171 システム堅_6月の実績
2012年7月 182 システム堅_7月の実績
2012年8月 20 システム堅_8月の実績
2012年9月 -105 システム堅_9月の実績
2012年10月 177 システム堅_10月の実績
2012年11月 212 システム堅_11月の実績
2012年12月 515 システム堅_12月の実績
2013年1月 1,129 システム堅_1月の実績
2013年2月 703 システム堅_2月の実績
2013年3月 1,041 システム堅_3月の実績
2013年4月 141 システム堅_4月の実績
2013年5月 -36 システム堅_5月の実績
2013年6月 0 システム堅_6月の実績
合計 3,972

 

検証の前提

運用対象:通常モード(USDJPY)
初期投資金:$5,000
運用ロット:0.01(単利運用/MoneyManagement:false)
運用FX業者Pepperstone リアル口座(指定無し)
検証開始日:2012年4月30日

 

システム堅の主な特長

  • 脅威の「24円」の逆行まで耐えることができる、カッチカチに堅実なマーチンゲールEA
  • 堅実な「システム堅」をより堅実にする「コンサバモード」を搭載
  • マーチンゲールの存在意義を否定しかねない、禁断の「StopLoss」と「最大ドローダウン」を設定可能!!
  • アグレッシブ版を選択することで、「ミドルリスク&ミドルリターン」も可能。

 

システム堅の西ヤン入魂のレビュー

それではシステム堅を厳しく、レビューしていきます。

 

いやあ・・・
「150日ぶりに感銘を受けた自動売買ソフト」
を見つけてしまいました。

え?
「思わせぶりな言い回しは後回しにせい。」
ですって?

まあ、そういきり立たずにお付き合いください。

実はこの自動売買ソフト、
ずいぶん前から「おお!!」と見つけていたのですが、
検証やらバックテストに時間を掛けましたので、
ご案内まで随分と時間が掛かってしまいました。

ちなみに私が、
150日に感銘を受けた自動売買ソフトは、
「Wallstreet Forex Robot」です。

Wallstreet Forex Robotの西ヤンの評価 

先に「Wallstreet Forex Robot」を誉めてしまうと、
一言で言うと「Wallstreet Forex Robot」は、
賢い自動売買ソフトです。

特に、秀逸なのは損切りのタイミング

「Wallstreet Forex Robot」を運用している最中、
「損切りのタイミングが早くね?」
と感じることがあったとしても、
少し時間が経ってからチャートを見返すと、
「おお!! あの時の損切りタイミング、ズバピタやんケ!!」
と思うことしばし。

たいてい、「自ら」の「浅はかな考え」は
「Wallstreet Forex Robot」の賢さ粉砕させられます。

だから、私にとって、
「Wallstreet Forex Robot」での手動決済は御法度。

一度や二度、手動決済が成功することがあったとしても、
半年とか1年のスパンで見ると、
相当な腕を持つ裁量トレーダーでない限りは、
この「賢い」子に任せておいた方が、
よほど賢明な選択だというのが私の結論です。

 

はい。

このままで行くと、
「Wallstreet Forex Robot」のご案内になってしまいますので、
話を元に戻します。

本日ご紹介する「150日ぶりに感銘を受けた自動売買ソフト」は、
この「Wallstreet Forex Robot」以来の衝撃です。

そうです。
それがシステム堅です。

「システム堅・・・、知っとるワ。」

そりゃそうかも知れませんね。
発売されたのはそこそこ前ですので。

まあ、ここは西ヤンに免じて、少々お付き合いください。

 

では改めて、「システム堅」をご案内します。

「システム堅」は、USDJPYでトレードする
トレンドフォローを基本とするロジックで、
エントリーと逆行した際にナンピンを行なっていく
マーチンゲールタイプのEAです。

そしてこのロジックなのですが、
まさに「システム堅」という名は体を表します。

そこそこ堅いとか
なかなか堅いとか
まあまあ堅いとか
ではありません。

ガチンコで堅いです。
カッチカチの堅さ誇ります

恐らく、私が知る自動売買ソフトの中で、
トップクラス(ひょっとしてトップそのもの)の堅さです。

 

「でも西ヤンよ、
 これってマーチンゲールのEAだよな?
 堅いマーチンゲールって・・・何か矛盾してるんと違う?」

はい、その言葉を待っていました。
飛んで火に入る夏の虫とはこのこと。

失礼ながら夏の虫に例えてしまったあなたに、
この「システム堅」の「堅」たる所以を、
「4つ」のパートに分けてご案内します。

 

1. 変動ナンピン幅とロット数

よくあるマーチンゲールEAでは、
固定のナンピン幅を使用しているため、
10円程度の逆行で破綻してしまうものも散見します。

「システム堅」は、変動ナンピン幅を採用していて、
しかもボラティリティに応じてナンピン幅を変化させます。
(ここがスゴい!!点です。本当に。)

また、ロット数も
0.01 ⇒ 0.02 ⇒ 0.05 ⇒ 0.13 ⇒ 0.34 ⇒ 0.88
のように、比較的急な増え方をしますが、

・レバレッジ100倍
・資金を$10,000
・0.01ロット
で運用した場合、
実に24円の逆行まで耐えることが可能。

これを驚異と言わずして、
何を驚異と言えばいいのかという程の堅さです。

 

2. コンサバモード(安全モード)

他のマーチンゲール手法のEAと比較して、
「システム堅」にはより安全に運用するために、
「Conservative」という設定があります。

この設定を有効にすると、エントリーの方向と逆行した後、
含み損が解消されて行った場合に損益ゼロでの決済を行い、
「早め、安全」のポジションクローズを行います。

堅いシステムである上に、
更にコンサバ…直訳すると「控えめ」な設定がある訳です。

ただし、この設定をした場合は、
より安全になる代償として、利益率が落ちることになります。

 

3. 「StopLoss」、「最大ドローダウン」の設定

一般のマーチンゲール手法の自動売買ソフトは、
「StopLoss(損切り値)」や、
「最大ドローダウン」の設定ができません。

その理由は簡単で、
多くのマーチンゲール手法の自動売買ソフトが
「相当の値動きに耐えうる前提で作られたロジックだから、
 そもそも損切りとか最大ドローダウンの概念が無い」
からです。

ここで「マーチンゲール手法とは何ぞ?」を、
ザックリと5行でご説明すると、
エントリーした方向とは反対方向に値が動いたら、
一定の値の間隔を空けて、
それまでよりも大きなロットでポジションを重ね、
今後発生するだろう少々の値の戻りを利用して、
プラスに持っていこうというロジックです。

ゆえに「マーチンゲールEA」の基礎基本の考え方は、
「為替」とは「値の上げ下げを繰り返すものだ」
ということが前提となっています。

一時的には一方向への値動きは発生するが、
いずれは値が反転するだろうから、
その値が反転した時に含み損を解消するという考え方です。

だからこそ、マーチンゲールEAのバックテスト結果は、
「x=y」のような、キレイな一直線の収支曲線を描く訳です。

しかし・・・、
この戻るはずである「値」が、
エントリーした方向とは反対方向に、
ずっと「動き続けてしまった場合」は、
どうなってしまうと思いますか?

そうです。
資金量との勝負になります。

値が反対方向に「動き続けてしまう」ということは、
つまり、前回よりも大きなロットでのエントリーを、
「し続けないといけない」からです。

当然、証拠金維持率もどんどん低下する訳です。

もちろん、マーチンゲール手法のEAである以上は、
含み損を抱えることは避けられません。

しかし、普通は資金が無尽蔵にある訳ではありません。

ゆえに、エントリーした方向とは反対方向に、
ずっと値が動き続けてしまった場合には、
質の悪いマーチンゲールEAだと
含み損が継続して胃の痛い毎日が続いた末、
結局、資金が持たずに大ドローダウンにて終了・・・
というのがよくあるパターンな訳です。

もちろん、質の良いマーチンゲールEAは、
含み損を抱えながらも、ほんの少しの値動きの反転で、
ササッと決済します。

事実、2月に発生した円安方向への一直線の値動きで、
含み損を抱えてしまっても、
4月末に円高方向に値が戻った際に含み損を解消し、
利益が出したマーチンゲールEAもある訳です。

 

さて。

長くなってしまいましたが、
ここまでは一般的なマーチンゲールEAの考え方です。

「システム堅」は、多くのマーチンゲール手法における、
根本的な発想を変えました。

つまりは、マーチンゲール手法にも関わらず、
「StopLoss(損切り値)」や、
「最大ドローダウン」の設定を設けてしまった訳です。

前述したとおり、
「システム堅」は「24円」程度の一方的な値動きにも、
耐えられるロジックです。

その上で、より安全性を重視するがために、
「StopLoss(損切り値)」や
「最大ドローダウン」の設定を
可能とすることで、
2重の安心を提供してくれている訳です。

具体的に言うと、「StopLoss」を設定した場合は、
平均売買単価から「1,000Pips」離れたところに
「StopLoss」を設定します。

また、「最大ドローダウン」の設定をした場合は、
「Lots」×「120,000」が最大ドローダウン額となります。

つまり、初期ロット0.01で運用した場合、
120,000円が最大ドローダウン額になるということ。

こうした設定があることで、
マーチンゲール手法の永遠の課題である、
「ロジック破綻」という恐怖から離れた、
安全圏での運用が可能となる訳です。

 

4. その他の設定

「システム堅」にはこれまで説明した以外にも、
スプレッドフィルター(エントリーする最大スプレッド値)や、
自動ロット設定
トレード停止設定(12月20日から翌年1月10日)
など、
気の利いた設定も用意されています。

そうそう。
もう一つ大事なことを言い忘れていました。

この「システム堅」は特に何も設定しなくても、
保有ポジションとトレンドが逆行すると
自動的に「両建て」を開始してくれます。

「システム堅」は、両建てをすることで
多少損をしても早めに危険な状態から抜け出す動作を行うので、
非常にリスク回避力が優れている訳です。

 

「システム堅」の資金管理について

この「システム堅」は、レギュラー版アグレッシブ版があり、
レギュラー版では「ローリスク&ローリターン」、
アグレッシブ版では「ミドルリスク&ミドルリターン」
と言ったような違いをもって運用することができます。

なお、販売者の推奨ロット設定は、
レギュラー版: $3,000につき0.01ロット
アグレッシブ版: $7,000につき0.01ロット
となっています。

私も同様のロットバランスでリアル運用しています。

 

・・・いかがでしょうか?

「システム堅」は決して派手な稼ぎはしませんが、
破綻するリスクを極力避けつつも、
健気にコツコツ稼ぐ設計となっているEAとなっています。

「Wallstreet Forex Robot」以来、
私が「150日ぶりに感銘を受けた自動売買ソフト」という意味も、
おわかりになっていただけたでしょうか。

「システム堅」は、
バクチが嫌いな人に是非ともお勧めしたい(笑)、
今までになく安全なマーチンゲールEAという訳です。

 

最後に、「システム堅」が向いている人と
向いていない人をまとめておきます。 

■「システム堅」が向いている人

・地味でも良いからコツコツと手堅く稼ぎたい人
・マーチンゲールEAが怖くて今まで手を出せなかった人
・通常のマーチンゲールEAよりも柔軟な設定で運用したい人


■「システム堅」が向いていない人

・それでもマーチンゲールに恐怖を感じる人
・通常のマーチンゲールEAで十二分に満足しきっている人

 

システム堅のレビューは以上です。

 

システム堅の検証成績

システム堅のこれまでの成績です。

獲得Pips 実績ページ
2012年4月 57 システム堅_4月の実績
2012年5月 107 システム堅_5月の実績
2012年6月 -171 システム堅_6月の実績
2012年7月 182 システム堅_7月の実績
2012年8月 20 システム堅_8月の実績
2012年9月 -105 システム堅_9月の実績
2012年10月 177 システム堅_10月の実績
2012年11月 212 システム堅_11月の実績
2012年12月 515 システム堅_12月の実績
2013年1月 1,129 システム堅_1月の実績
2013年2月 703 システム堅_2月の実績
2013年3月 1,041 システム堅_3月の実績
2013年4月 141 システム堅_4月の実績
2013年5月 -36 システム堅_5月の実績
2013年6月 0 システム堅_6月の実績
合計 3,972

 

システム堅の販売ページ

システム堅の販売ページはこちらです。

 ⇒ http://fxken.net/

 

西ヤン自慢の特典です。

本サイトよりFX商材をご購入いただきました方へは、
西ヤン渾身のご購入特典をお譲りしています。

西ヤン特典は、怪しげな取引方法の解説特典や、
使い回し、使い古しの特典とは一線を画します。

もちろん販売者さんご自身の特典を、
あたかも自分の特典だと誤解を与えるような言い回しもしません。

西ヤン特典の85%は、
読者様の声を聞いてせっせと作った、
純正のオリジナル特典です。

残りの15%は、
私自身が作ったものではありませんが、
他では手に入らない特典を集めました。

 

FX商材の特典

1、もう迷わない!!
  「間違いのない自動売買ソフトの選び方」

2、検証者2人の熱い夜
  「音声対談 自動売買ソフトの表と裏」

3、自動売買の最初の一歩!!
  「人に聞けない自動売買の基礎の基礎」

4、定価4,980円で販売している
  「確定申告ソフトの特別版」

5、購入代金を取り戻せ!!
  「3時間集中して3万円をたやすく得る方法」

6、FX商材の販売者さんへ節操ナシに直談判!!
  「FX商材の販売者さんへの突撃インタビュー音声」

7、名前を挙げて危機回避!! 西ヤンの実名報道!!
  「このFX業者には気をつけろ!! 2011年春版」
8、「怒りの声」「喜びの声」をお寄せください!!
  「感謝の気持ちを込めて2,000円のキャッシュバックをします!!」

【ご注意】
※「4」の「確定申告ソフトの特別版」を除き、全て西ヤン自作のオリジナル特典です。
※「6」のみ、販売者様にインタビューのご了解をいただけない商材もあります。
 あらかじめご了承ください。その場合は「7」の特典をお送りします。
※制作中の特典は、制作が完了しましたら順次お送りします。

詳しくは、購入者様向け特典ページをご覧になってください。

 ⇒ 特典のご案内(スゴイよっ!!)

 

システム堅の販売ページ

システム堅の販売ページはこちらです。

 ⇒ http://fxken.net/

 


購入前のご相談はどうぞ遠慮無くなさってください。
基本的に、毎日パソコンをチェックしています。
通常、回答するのは朝一番に行っていますが、
日中でも、できる限り即座に対応させていただきます。

西ヤンへのお問い合わせは
お問い合わせフォーム

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2012年05月12日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:システム堅

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

このページの先頭へ

FX情報商材トップ
このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加