シグナル配信とは? そもそも論だけど。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「シグナル配信って何? そもそも論だけど。」

こんなご質問を、3件ほどいただきました。

そりゃそうですよね。

私に至っては、
つい、ポンド円MAXの再募集でひとり盛り上がってしまい、

「そもそもシグナル配信とは?」

という肝心要のご案内が抜けておりました。

私としたことが失礼致しました。

ですので、今日はこの、
シグナル配信についてご案内します。

あなたが、ご存じ無ければ
「なるほど!」を、

あなたが、ご存じであれば、
「確認作業」を、

なさってください。

ではまず、
シグナル配信を一言で言ってしまいましょう。

シグナル配信とは、

「優秀なトレーダーの売買情報を、
 メールで受け取れるサービス。」

です。

あなたは、その優秀なトレーダーから、
配信される売買情報の通りに売買すれば、
その優秀なトレーダーと同じ成績を
再現することができるという訳です。

はい、以上です。

「え?それだけ?」

はい、それだけです。

「売買は勝手にやってくれるの?」

いいえ。

売買は自分でやる必要があります。

ここが自動売買と違います。

では自動売買の話が出ましたので、
自動売買とシグナル配信の違いをご案内します。

自動売買は、終始一貫して「機械」です。

過去の相場の動きを緻密に解析し、

「どのような値動きになったら
 次にどのような値動きになる。」

と、値動きのクセを明らかにし、
そのクセに応じて売買できるように
プログラミングしたのが「自動売買ソフト」です。

MetaTrader4でいうところの「EA」ですね。

この自動売買ソフトの場合、
裏側で動いているのもプログラムという「機械」であれば、
そのプログラムを受けて売買するのも「機械」です。

つまり、あなたが能動的に手動決済しない限り、
「自動」で「売買」してくれます。

だから「自動売買」という訳です。

一方で、
シグナル配信は、終始一貫して「ヒト」です。

実際に存在する実力のあるトレーダーが、
自身の経験を背景に売買をするポイントをあなたに配信し、
その配信に応じてあなたが売買をする。

つまり、シグナル配信の場合、
裏方としてシグナルを配信するのが「ヒト」であれば、
そのシグナルを受けて売買するのもあなたという「ヒト」です。

シグナルを受けて、取引をするのもしないのも、
全てはあなた次第。

これがシグナル配信です。

自動売買がスゴイのは、
24時間、あなたに変わって売買チャンスを
狙っているということ。

「機械」だからできる業です。

これがシグナル配信だとそうは行かない。

配信者はトレード界の実力者とは言え、
あくまで「ヒト」です。

「ヒト」は、あなたと同じ人間ですので、、
寝るし風呂も入るしトイレも行くし放屁もする。

だから、24時間営業という訳にはいきません。

一方で、シグナル配信がスゴイのは、

「実力あるヒトのトレードを生き写しできる」

ということ。

あなたは、自動売買の動きを見ていて、
「何でこんなところでエントリーするんねん!!」
と、おかしいと思う時はありませんか?

例えば、主要な指標が発表される直前とか。
明らかに変動要素をたっぷりと含んでいる状態で、
しゃなりしゃなりと平気のへの字でエントリー。

そりゃあ過去10年間、数々の指標などの
ファンダメンタルズな要素を乗り越えてきた、
歴戦の自動売買プログラムだったとしても、
「機械」はやっぱり「機械」ですから、
目の前の主要な指標を回避する策は持っていません。

そんなときに、

「過去のデータからここはエントリーしなさい」

という棒読みの指令が「機械」から発せられると、
その指示に応じてエントリーして自爆することがあります。

一方でシグナル配信は「ヒト」な訳です。

主要な指標の発表があれば、
その動きを予測して波に乗ることはあっても、
何の理由も勝ち目もなく、
棒読みでエントリーすることはまずありません。

これこそシグナル配信に大いにアドバンテージがあるところ。

ファンダメンタルズにはトコトン強い。

しかも、そのシグナルの質は、
事実、稼ぎまくっているトレーダーからの配信なので、
勝てることが前提のシグナルである可能性が高い。

もう一つ言ってしまうと、
特にポンド円MAXのような月額課金のシグナル配信は、
その日、その週、その月の結果によって受信者の数が、
大きく減ってしまうことも予測されるので、
配信者にとっては毎日が命がけの勝負

一切の気が抜けません。

こうした点が、シグナル配信と自動売買の違いです。

それぞれ一長一短があるので、
あなたの置かれている状況や立場によって、
運用するものを決めてください。

なお、
ご質問いただいた皆さんにお伝えしているのですが、

「自動売買」だけ
「シグナル配信」だけ
「裁量」だけと、

何かの運用方法だけに集約するのは、
できるだけ避けた方が良いです。

やはり、運用している対象にカタヨリがあると、
共倒れになりかねません。

「自動売買ソフト+シグナル配信+裁量」

と言うように、
投資先の分散化はやった方が良いです。

ご注意ください。

ポンド円MAXは、5/20(金)までです。

5/2oまでに登録を済ませば、
その日から21日間、
つまり、6/10(金)まで無料配信が受けられます。

西ヤンの安定した生活を支えるために、
空の向こうでチャートとにらめっこしながら、
シグナルを配信してくれている
実力派のトレーダーさんには、
本当に感謝してもし足りません。

■ポンド円MAXの評価とレビュー
 ⇒ ポンド円MAXの評価とレビュー(5/12~5/20の9日間のみ募集再開)

■ポンド円MAXの販売ページ
 ⇒ ポンド円MAXの販売ページ

クリックで応援いただくと飛び上がって喜びます^^
 ⇒ 人気ブログランキングへ

スポンサーリンク