「地頭FX会」のツールが他のツールと大きく違う訳

昨日ご案内した「地頭FX会」の第三期生ですが、
久々のメルマガ(身から出たサビ)だったこともあり、
いつも以上にご質問をいただいております。

で、結構多かったのが、
「市販で販売されているような裁量ツールとどう違うン?」
というご質問。

(裁量ツールってのは、「インジケーター」という
 言い回しをされている場合もありますナ。)

 

これについて、西ヤンが回答をしておきます。

はい。

世の中の「裁量ツール」と言われるものには、
・天才だから使えるもの
・みんなが使えるもの
があると私は考えています。

いろいろな分別のしかたがあると思いますが、
その中のひとつの分別のしかただとご理解ください。

 

で、
「市販で販売されているような裁量ツール」
ってのは、私は前者・・・つまり、
「天才だから使えるもの」が多いと思う訳です。

ここで言うところの「天才」ってのは、
「相場把握が既にできている方」のことを言っています。

つまり、プロのトレーダーさんであれば、
こうした「市販のツール」が、
有効に使える裁量ツールになるのですが、
それはあくまでも「相場把握ができている」から。

だから、天才ではない人(相場把握ができない人)は、
「市販で販売されているような裁量ツール」
から発生される「シグナル」通りにセッセと売買しても、
まあ、ほとんど勝てない訳です。

勝ち負け負け勝ち負け負け負け負け負け・・・で、
3ヶ月くらいウンウン言いながら辛抱するモノの、
ある時、
「この裁量ツール勝てんヤンケ!!」
と我に返り、ポイッとしてハイサヨウナラ

その一方で、「相場把握」ができているトレーダーが、
その市販の裁量ツールの意味合いをよく理解して、
有効活用している人が存在する。

つまり彼らは、その裁量ツールの利用方法・立ち位置を熟知し、
それだけで利益を得ようと思っている訳では無い。

ということな訳です。

この辺の話は下記の記事で書きましたので、
よろしけれればご覧くださいませ。

ほとんどの人がFXで稼げない理由

また、こうした「市販の裁量ツール」には、
ケースバイケースの対応を迫られるものが
あまりに多過ぎると感じます。

相場把握ができているトレーダーであるならば、
それぞれのケースに柔軟かつ的確に
対応できるかも知れませんが、普通じゃ無理でしょう。

 

こうした、裁量ツールの現状を憂慮し、
「地頭FX会」でご提供する「裁量支援ツール」は、
前者・・・つまり、
「みんなが使えるもの」となっています。

そして、「地頭FX会」の「裁量支援ツール」は、
「相場把握」をするためのものとご理解ください。

恐らく、世界広しと言えども、
ここまで「相場把握」にフォーカスし、
ここまで「相場把握」を容易にしたツールってのは、
存在しないのでは無いでしょう。

間違いないのは、
「相場把握」ができるとトレードで勝てるようになる
ということ。

そして、裁量ツールの役割は、
相場把握をするためのものであるべきだと私は思っています。 

誤解を恐れずに言うと、
(こんなことを言うとHさんに怒られるかも知れませんが、)
私は「地頭FX会」でご提供する「裁量支援ツール」を、
単なる「サインツール」として、
捉えていただきたくはありません。

「裁量支援ツール」からサインが出て、
そのサインにすぐ反応して売買をする・・・

これでは単に、売買シグナルが出るツールです。

これでしたら、
「自動売買」か「シグナル配信」という切り口で、
ご提供した方が、
利用する人間にとってはヨホド利便性が高いです。

ではなくて、「裁量支援ツール」を利用して、
意識して相場に向かい、トレーニングを積めば、
「相場把握」が自然と身に付いてくる訳です。

「相場把握」ができると、
サインツールのように、「ツール」に答えを求めるのではなく、
「相場」に答えを求めることができるようになります。

「相場把握」ができるようになると、
相場が次にどのように動くのかが分かるのですから、
「勝てるようになる」のです。

この域に達してはじめて、
「市販の裁量ツール」も利用価値ができてくる訳です。

面白いことに、
「地頭FX会」で「相場把握」ができるようなった参加者様は、
「市販の裁量ツール」を活用できるようになっています。

ご自身の「相場把握」というフィルターを通じて、
「市販の裁量ツール」を利用すると、
(モノによってですが、)活躍してくれるという訳です。

 

以上が、少し長くなりましたが、
「市販で販売されているような裁量ツールとどう違うン?」
というご質問に対する答えです。

 

ではここで、「相場把握」ができるようになった
「地頭FX会」の第一期生は、
今、どのようなことになってらっしゃるのか。

2012年11月の勉強会から半年後、
ひたすら愚直に「地頭FX会」に取り組んできた
第一期生の「塚田さん」の登場です。

塚田さんは、長野で農業をなさっています。

りんごの収穫が終わる11月末から3月までは閑散期のため、
ちょうどトレーニングを重ねるには良い時期でした。

結果、11/18の勉強会から取り組みを開始し、
わずか1ヶ月後の12/10頃からリアルトレードに移りました。

塚田さんが出した結果は、
1ヶ月間、それこそ愚直に取り組めば、
ここまで結果が出てしまうのだという好例です。

現在は、農業も繁忙期になっているので、
相場に向かえるのは、早くて19時ごろ、
遅くなってしまうと21時ごろからとなってしまっています。

にもかかわらず、安定して利益を出してらっしゃいます。

(と申しますか・・・
 2013年の1月から5月まで毎月しっかりとプラスで、
 繁忙期に入った4月以降も収益はグイと上がっています。)

ちなみに、この塚田さん。

2012年の11月時点で、裁量経験は「ゼロ」。

第一期生の「勉強会」の時、周りの参加者様が、
講師のHさんに質問なさっている「質問の内容」が、
トンと理解できなかったという剛の者。

自他共に認める、
「まったく裁量を知らなかった人間」
です。

それでも、塚田さんのように愚直に取り組めば、
「地頭FX会」は「マジで結果が出る」・・・という訳です。

 

もういっちょ余談です。

今回、第一期生は、塚田さんだけではなく、
その他にも、中井さん、まあさん、Kさんの全4名に、
お話をお聞きしています。
(ご協力、ありがとうございました!!)

皆さんのご職業とお住まいは、
塚田さん:農業を営む事業主(長野県)
中井さん:サラリーマン(滋賀県)
まあさん:専業トレーダー(東京都)
Kさん:サラリーマン(東京都)
というバランスの良いメンバーです。

ちなみに。

第一期生は全員で「10名」がご参加なさりました。

その内、少なくとも「4名」がしっかり結果をお出しになり、
今回、西ヤンと対談をさせていただいた訳です。

(残りの「6名」様も場所が離れているなどの理由で、
 西ヤンがお声掛けしていないだけで、活用いただいています。)

 

この、
「10名」中実に「4名」が結果を出し、
しかも音声対談に応じてくださっている・・・という事実。

あなたの目には、どのように映るでしょうか。

手前ミソですが、ここまで結果を出しているところは、
普通に考えてそうそう無いと思います。

 

では、塚田さんの音声に参りましょう。

私、西ヤンの甲高い声は、相変わらず恐縮オンリーですが、
穏やかで優しい塚田さんの声が身に沁みます。本当に。

どうぞ穏やかな心でお聞きになってください。

塚田さん(50歳/男性/自営業)の対談音声
(少し音が小さいので、ボリュームを大きめにしてくださいね。)

 

他の3名様の対談音声は、下記にご登録いただけますと、
3日目に全員分をお聞きいただけます^^

「地頭FX会」第三期の情報提供を希望する

サラリーマンの「中井さん」の音声は必聴です。

 

なお、「地頭FX会」への参加をご希望なさる方は、
下記の「地頭FX会」第三期生 募集概要 をお読みになり、
「地頭FX会」にお申し込みになってください。

——————————————————————–

※「地頭FX会」第三期生の募集は終了しました。

——————————————————————–

 

クリックで応援いただくと飛び上がって喜びます^^
 ⇒ 人気ブログランキングへ

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2013年05月29日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:地頭FX会

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

このページの先頭へ

FX情報商材トップ
このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加