FX孔明オートトレードシステムの2011年1月の実績

FX孔明の2011年1月の実績をご報告します。2011/2/15更新

獲得Pips 損益
1月第1週(1/3~1/7) 4 1 0 226 $27.77
1月第2週(1/10~1/14) 2 1 0 116 $13.69
1月第3週(1/17~1/21) 2 1 0 109 $13.39
1月第4週(1/24~1/28) 7 0 0 193 $23.63
1月計 15 3 0 644 $78.48

 

今月も、取引群単位での勝敗は、
負け無しで地道に利益を重ねてくれています。

ナンピン発動した取引は3回。

そのうち、ナンピンが2回発動されたのは、
わずかに1回でした。

ドル円の81円~83円の値動きの中で、
少しずつ利益を取ってくれています。

ナンピンの勝敗を加えた
【純然たる勝敗】は15勝3敗ですが、
【取引群単位での勝敗】は14勝全勝で推移しています。

この負け無し街道、
ひいてはFX孔明のロジックを支えるのは、
「間違いのない資金管理」です。

資金管理の大事さは、
何度も口を酸っぱくして言っている通りです。

初期投資30万円に対し、
初期ロットは0.01です。

これを守っていれば、
600Pips(つまりは6円)の暴騰か暴落が無い限り、
このロジックは破られません。

日本経済が破綻でもしない限り、
恐らく大丈夫なロジックです。

そしてもう一点、FX孔明を運用する上で、
理解しておかないといけないポイントがあります。

それは、マーチンゲール手法ですので、
含み損を抱えながら勝利を目指すという点です。

ナンピンが複数回発動すると、
一定の含み損が発生します。

その含み損を許容できる精神力は必要になるでしょう。

 

とは言え、実に強固なロジックです。

毎月、利益分を出金させておくなどのリスク管理で
より安定した稼働を期待できるでしょう。

 

このFX孔明が1/31で販売終了とは悔しい限りです。

もっと紹介し続けたいです。

本当に。

純粋に、素晴らしい自動売買ソフトだと思います。

 

【取引群単位での勝敗】
14勝0敗

※【取引群単位での勝敗】とは、
 最終的に決済が同時に行われた
 一括りの取引単位のことを言います。

 例えば、初回エントリー後、ナンピンを2回行った場合、
 全取引数自体は3回になりますが、
 【取引群単位での勝敗】は1回となります。

 

FX孔明オートトレードシステムの販売ページはこちらです。

 ⇒ http://www.fxkoumei.net/ea-1/it/

FX孔明オートトレードシステムのレビューに戻る。

 ⇒ FX孔明の詳細レビュー

ついでに応援いただくと飛び上がって喜びます^^

 ⇒ 人気ブログランキングへ

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

このページの先頭へ