FXクロノスの販売者さんの驚愕のコトバ

FXクロノスは、超王道的自動売買ソフトです。

これは、本サイトでも何度か触れてきました。

なんと言っても我々日本人の王道通貨ペア、
ドル円一本の自動売買ソフトです。

動きを見ているだけで勉強になりますし、
作り込まれたロジックには感心します。

 

FXクロノスの販売者の玉村さん

FXクロノスの販売者さんは玉村さんという方なのですが、
これがまた王道系の男子。

対談でお会いしたのですが、
非常に男気が溢れる素直で正直な方でした。

 

「って、何が素直で正直なの?」

 

ですよね。

 

では、何が「素直」で「正直」か、
インタビュー後に玉村さんの口から飛び出した、
驚愕のコトバを発表します。

ビックリしてお腹と背中がくっつかないでくださいね。

 

玉村さん曰く、

「いやー、実はクロノスって、
 そんなに売れていないんです。」

え?

「いや、だから、
 クロノスは売れていないんですよ。」

ええっ?!

 

って、あれ!?

あなた、あまり驚いてらっしゃらないですね。

私は、相当、驚いたんですけど・・・。

 

だって、こう見えて、
私もFX自動売買ソフトのレビュワーのはしくれ。

その人間に向かって、

「売れてないんですよ。」

って(汗)

何を書かれても良いんですかね?

コノヒト。

 

一般的な日本人は、
大勢が「すごい!!」って言っているものに、
なびきがちですよ。

私もそうだし。

行列のラーメン屋には、
フラフラーっと、
「仕事中」+「スーツ」+「1時間の昼休み」
にもかかわらず、
平気で「1時間」並んでしまいますし。

 

と、人ごとながら心配する私を尻目に、
玉村さんは、こう続けました。

「クロノスはこんな良い自動売買ソフトなのに、
 何でみんな買わないかが不思議でしょうが無いです。
 やっぱり、
 【良いもの】が【売れるもの】
 では無いんですかねぇ。」

なるほど。

それだけ、FXクロノスは、
玉村さんの自信作なんですね。

先ほどの「売れてない」発言の意図が
だんだんわかってきました。

 

ちなみに、クロノスの実際の販売本数って
何本だかわかります?

質問しておいて、
実数はお答えできないのですが(汗)、
私個人としては、
自動売買ソフトとしては、

「売れている部類に入る数字だな。」

と感じました。

 

ところが、ご本人は、
もっと売れてもおかしくないのに・・・と、
うなだれ気味、
そして一方で、
クロノスに対しては自信満々。

こんなやり取りがあったために、
この人はウソがつけない人なんだなと、
深く思った次第です。

 

ちなみに、この一連の発言は、
インタビュー用のICレコーダーで録音していましたので、
おもしろいので、そのまま配布しようと思ったのですが、
帰り際に
「売れてないって言ったところはカットくださいね。」
と言われてしまいました(苦笑)

意外にその辺は、キッチリしてます。

 

でも、こうやって、
ブログに書いてしまいますが(笑)

まあ、大丈夫でしょう。

 

私は、恐らくどの検証者さんよりも、
たくさんの販売者さんに出会っていると思います。

で、改めて思うのは、
自動売買ソフトには、
販売者さんの魂が宿ると言うこと。

やっぱり、
販売者さんが「購入者さんに稼いで欲しい!!」
と強く願って精魂込めて作った自動売買ソフトは、
遅かれ早かれ、稼げるようになり、
長く愛されるものになります。

一方で、
販売者さんが「とにかくたくさん売りたい!!」
と強く願って販売を強化した自動売買ソフトは、
上手な販売手法で一時的に売れるかも知れませんが、
長く愛されるものにはなり得ません。

こんなことが最近、少しずつわかってきました。

 

自動売買ソフトという「デジタル」な話しに、
販売者の魂という「アナログ」な面が絡んで、
あなたに賛同は得られにくいかも知れませんが、
私は最近、本当にそう思っています。

 

この、FXクロノスは、
一般販売が終了した後も、
長く愛される自動売買ソフトになるだろうと、
私は確信しています。

 

⇒ FXクロノスの詳細レビュー

⇒ FXクロノスの販売ページ

 

クリックで応援いただくと飛び上がって喜びます^^
 ⇒ 人気ブログランキングへ

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2011年01月29日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:FXクロノス

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

このページの先頭へ