Forex Robin VOLの西ヤンゴージャス鬼パラメーターのリアル実績

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、昨日ご案内したForex Robin VOLの、
「西ヤンゴージャス鬼パラメーター」
の続きです。

本日は、私が2月からリアル運用している、
「西ヤンゴージャス鬼パラメーター」
の運用結果を発表します。

「西ヤンゴージャス鬼パラメーター」の、
・勝ちっぷり
・負けっぷり
双方が見事に現れた月になっているので、
参考になると思います。

●「西ヤンオリジナルパラメーター」の2月結果

獲得Pips
2月第1週(2/4~2/8) 4 2 0 235
2月第2週(2/11~2/15) 2 14 0 -141
2月第3週(2/18~2/22) 4 4 0 130
2月第4週(2/25~3/1) 0 3 0 -236
合計 10 23 0 -12

●「西ヤンゴージャス鬼パラメーター」の2月結果

獲得Pips
2月第1週(2/4~2/8)
2月第2週(2/11~2/15) 4 41 0 -638
2月第3週(2/18~2/22) 10 14 0 429
2月第4週(2/25~3/1) 17 1 0 1,114
合計 31 56 0 905

はい。

パラメーターが違うとここまで成績が変わってきます。
それだけ、魂を込めてパラメーターを作っています。 

「西ヤンオリジナルパラメーター」は、
昨日ご案内したとおり、デフォルト設定に比べ、
1、エントリーが慎重
2、でも、狙う時は貪欲に利益を取りに行く
3、最近5年間の相場に最適化している
という特徴があります。

一方で、「西ヤンゴージャス鬼パラメーター」は、
デフォルト設定に比べ、
1、エントリーが極めてアグレッシブ
2、でも、できるだけ損失は抑える設計にしている
3、直近の1年半の相場に最適化している
という特徴があります。

つまり「西ヤンゴージャス鬼パラメーター」は、
できるだけ損失は無いようにしているものの、
大きな損失(連敗)は発生してしまいます。

でも、その損失を覚悟できるようであれば、
大きな損失を捨て置けるような、
大きな利益を期待できる設計になっている訳です。

例えは非常に悪いですが、
肉を切らせて骨を断つ的パラメーター
というイメージです。

少々脇に逸れますが、投資の原理原則で言うと、
確率論的に「損失」の「後」に
「利益」はやってくるものです。

(それが質の良い投資案件であればという前提です。)

これは当たり前の話です。

質の良い投資案件ってのは、
勝ちと負けを繰り返しながら、
ジグザグとした右肩上がりの収支曲線を描きます。

負けから入ってもその後には勝ちがありますし、
勝ちから入ったらその後には負けがあるのです。

そうして、少しずつ利益を積みあげていくものなのです。

ですので、
いざ運用を開始したEAの負けが先行したからと言って、
早々と「こりゃダメだ。」と判断して、
尻尾を巻いて運用を止めるような行為を繰り返している限り、
いつになってもEAで勝てはしないのです。

誤解の無いように言っておくと、
この話は、質の良いEAであることが前提です。

また、質が良いとは言っても、
かつてのアジア時間のスキャルピングEAのように、
相場にロジックが合わなくなってしまったものは論外です。

質が良く、相場にも合っているEAであれば、
目先の負けが先行したことで運用を止めてしまうのは、
大変にもったいない行為な訳です。

もうちょっとだけ脇に逸れます。

この円安でナンピンマーチンゲールEAが、
大きな含み損ないしは大きなドローダウンを出しています。

実はこの、
「含み損ないしは大きなドローダウンを出してしまった直後
というのが、
ナンピンマーチンゲールEAの運用を開始する
一番の美味しいタイミングだったりします。

これも、
「勝った後は負けが来る
 負けた後は勝ちが来る」
という投資の原理原則です。

ですので、私はこのタイミングを逃さず、
円安で含み損を抱えてしまったナンピンマーチンEAの運用を
ヒッソリと新たに開始させています。

話を戻します。

ここまでのお話は、
「西ヤンゴージャス鬼パラメーター」
での運用にも当てはまります。

「西ヤンゴージャス鬼パラメーター」では、
2月第2週に「-638Pips」という損失を出していますが、
2月第4週の「+1,114Pips」という利益をあげています。

この出入りが激しさが、
「西ヤンゴージャス鬼パラメーター」
の特長です。

2月2週から4週までの「取引回数」で言うと、
「西ヤンオリジナルパラメーター」は、
「27回」だったのに対し、
「西ヤンゴージャス鬼パラメーター」は、
「87回」でした。

実に三倍以上の取引回数です。

そして、「出入りが激しい」かわりに
手残りを大きくする設定にしているのが、
「西ヤンゴージャス鬼パラメーター」な訳です。

どうでしょうか?

「西ヤンゴージャス鬼パラメーター」の全体像が
つかめてきましたでしょうか?

ここで、西ヤンからの提案です。

「西ヤンオリジナルパラメーター」と
「西ヤンゴージャス鬼パラメーター」を、
それぞれ「並行」して運用させませんか?
という提案です。

ちなみに、
「西ヤンゴージャス鬼パラメーター」
最小の推奨資金は「$2,000」です。

デフォルト設定よりも、
・落ち着いたパラメーター
・出入りの激しいパラメーター
双方を動かすことで、リスク分散が可能です。

(私は、上記の2つのパラメーター以外に、
 デフォルトでも一応、運用させています。)

また、双方を運用させながら、
1ヶ月単位くらいで双方の運用成績を見ながら、
ロットの調整をするのも面白いと思います。

先ほどの「投資の原理原則」で言えば、
前の月に損失を出した方のロットを上げ、
前の月に利益をあげた方のロットを下げるという方法もありますし、
調子の良い方のロットを上げるという方法でも良いでしょう。

それはあなた次第ですが、
双方を動かすことが私はオススメします。

そうそう。

昨日の記事に対して、こんなご質問をいただきました。

(昨日の記事:Forex Robin VOLの西ヤンゴージャス鬼パラメーターの巻

●質問
「西ヤンゴージャス鬼パラメーター」ってのは、
年に何度かパラメータの更新をするとのことですが、
更新されるごとに追加口座開設が必要となるんかいな?

●回答
もちろんそんなことはありません。
一度、開設いただければ、
その口座でパラメーターを更新して運用可能です。

・・・というご回答になります。

Forex Robin VOLの販売ページ

Forex Robin VOLの評価ページ

余談ですが、たあぼさんも
Forex Robin VOLを西ヤンパラメーターで
運用なさっている人のひとりです。

クリックで応援いただくと飛び上がって喜びます^^
 ⇒ 人気ブログランキングへ

スポンサーリンク