「脱亜論」及び「脱ポートフォリオ論」

かの「脱亜論」を説いたのは「福沢諭吉」です。

 

曰く、日本は、中国・朝鮮といったアジアの仲間から脱して
一刻も早く欧米化を図り、
「もはや日本は西洋文明にある」との
先進性と大国意識を持つべきだ。

一方で近代化を拒んだ中国・朝鮮は、
恐らく明治維新のように政治変革はできないだろうから、
数年以内に西洋諸国に分割されてしまうだろう。

だから今後は、中国・朝鮮が隣国であっても特段の配慮をせず、
欧米列強の対アジア政策と同じように対処すればよいのだ。

 

・・・つまりは、

「サヨウナラ、アジアの悪友(中国・朝鮮)よ。」
という絶交宣言な訳です。

 

一方で。

かの「脱ポートフォリオ論」を説いたのは「西ヤン」です。

 

曰く、自動売買ソフトのポートフォリオってのは、
統計学をベースとした考え方から成り立つ
安全資産と危険資産の最適保有率のことなので、
素人が簡単に組めるものではありませんガナ。

しかし、インターネットを見てみると、
随分と「お勧めのEAポートフォリオ」などと、
安っぽくお茶目に「ポートフォリオ」という言葉が踊っているワナ。

こうした情報発信をしている人間をよく見ると、
単にたくさんEAを売りたいがために使っている場合が多く、
思いっきり「仕掛ける側の人間の謀略ヤンケ!!」と
ツッコミを入れたくなることが多い今日この頃。

であるならば、一球入魂で、
「ヨシャ、コレや!!」という自動売買ソフトを見つけ出し、
それに全力投球した方がエエンと違う?

 

・・・つまりは、

「サヨウナラ、ポートフォリオという罠よ。」
という関白宣言な訳です。

詳しくはコチラ。(必読です。)

ポートフォリオの罠

 

正直に言いますと、実は私も2010年の末くらいに、
「西ヤンのお勧めポートフォリオ」
という言葉を使っていました。

自分なりに優れたEAをいろいろ組み合わせて、
例えば、トレンド系のEAと逆張り系のEAを組み合わせて・・・とか、
検証しつついろいろ研究しては取り組んでいましたが、
結局、やっていたことと言えば、
「これは良い!!というEA」+「これは良い!!というEA」
の組み合わせだった訳です。

本来のポートフォリオには及びも付かないにもかかわらず、
「ポートフォリオ」という言葉を乱発する。

そんなある日、自分のやっていることは、
ポートフォリオを組んでいるのではなくて、
「良いモノの単なる組み合わせを、
 ポートフォリオと言っていたのでは?」
と気づいてしまい、
「正しくポートフォリオを組めないのであれば、
 また、資金量もそれほど多くないのであれば、
 一球入魂で取り組める自動売買ソフトをひとつだけ、
 ピックアップして運用すればエエやんけ!!」
と更に気づいてしまって、
それ以降、私はポートフォリオを組むという言葉は、
一切使わなくなりました。

 

そうして私は、良いと思う自動売買ソフトを軸に、
つまりは、ポートフォリオとかカッコイイ言い方考え方はせず、
その自動売買ソフトだけで「一気通貫で完了する」
という考えで運用すれば良いと思って今に至っています。

つまり、たくさん運用しなくてもOK。

MT4をたくさん開かなくてOK。

資金量が100万円以内であれば、それで十分と思います。

 

チクとこの動画をご覧になってください。

とある動画

とあるEAの一気通貫のフォワード結果です。
※フォワード結果:資金を投下してのパフォーマンスのこと。

 

【これ以降は、動画をご覧になってから読んでくださいね。】

 

これは、私があなたに超久々に新たにご案内する
「軸となりうる」「それだけで一気通貫で完了する」
という自動売買ソフトです。

もちろん、私も運用を開始しています。

 

名前を「EasyMaestro(イージーマエストロ)」と言います。

EasyMaestro ベストパック ご案内資料

内容は後回しにして、確実に読んでいただきたいのは
「6ページ」の「EAの選び方について」。

ここを外している人が実に多い訳です。

つまり、稼げる自動売買ソフトをジプシーの如く探すのではなく、
「自分が投資に対してどのような考えを持っているのか?」
わかりやすく言うと、
「どのくらいのリスクでどのくらい稼ぎたいのか?」
をしっかり最初に考えておきましょう。

つまりは投資の主体性を自分に持つってことですナ。

「まず自分が自分の考えを決める。
 その上で自動売買ソフトを探す。」

こういうことです。

安定志向で、リスクを極限まで小さくしたいのか、
イケイケで、少しくらい傷を負っても大きく稼ぎたいのか。

ちなみに「EasyMaestro」は、比較的「後者」寄りで、
肉を切らせて骨を断つ的な要素をはらんでいますが、
その「肉の切られ加減」のバランスがバツグンで、
痛みはあるけど全然死なない程度に肉を切らせておいて、
コチラの攻撃はバッサリと骨から断たせていただく。
(表現が露骨で恐縮です。)

つまるところ、リスクの張り方の塩梅が良いのです。

「EasyMaestro(イージーマエストロ)」の説明は、
下記の動画と合わせてご覧になってください。

「EasyMaestro(イージーマエストロ)」の説明

 

開発なさったのは「まさのぶ」さんという方です。

様々なEAを買っては稼げず、苦悶の日々を繰り返す
・・・ここまでは一般的な流れなのですが、
「ここまで損をするのなら、いっそ自分で作ってしまおう!!」
と思いなすった変わり者の開発者さんです(失礼)。

思い切る。突き抜ける。そして自分が変わる。稼げるようになる。

・・・つまりはこういうことなのでしょうナ。

動画を見ても、チラチラと右手に見えるまさのぶさんが、
気になって気になって仕方ありません。
(これは私だけでしょうが。)

まさのぶさん

 

はい。

と言う訳で、西ヤンが大変に久々に「軸となる」「新しいEA」を
ご紹介させていただきました。

防御力も兼ね備えた、大変に攻撃的な自動売買ソフトです。

まさのぶさんのフォワード結果では、
2013年7月9日から2014年2月25日までの「7ヶ月間」で、
実に「77%」のリターンを得ています。

それこそ年間で資金を倍するペースです。

 

・・・しかし、気をつけてください。

繰り返しますが、自動売買ソフトを選択する主体性は、
他ならぬあなたにあります。

「まず自分が自分の考えを決める。
 その上で自動売買ソフトを探す。」

仮にあなたが、
このような雄々しい自動売買ソフトを運用したい!!
と思っていて、なおかつ、探しているのであれば、
一考も二考も三考も余地がある優れた自動売買ソフトです。

EasyMaestro ベストパック ご案内資料

ちなみに販売は「3/31(月)」までです。(早っ!!)

 

■追伸

 

「ときに西ヤン、
 最初に『脱亜論』だかなんだかウダウダ言っていたが、
 アレは何だったんだ?」

あ、特に何の意図もありません(笑)

本日のメールの内容をどのような切り口にしようかな?
と考えている時に降臨したのが『脱亜論』だったダケです。

 

ただ、その「脱亜論」で思い出しましたが、
最近の「右翼商売」は目に余るモノがありますナ。しかし。

私は決して「左」ではありませんが、
かといって「右」でもありません。

日本国を純粋に愛する、純日本人です。

良い言い方をすると「中庸」です。

 

しかし、最近の右翼思想やらを煽って、
商売にしているジャーナリストと経済評論家とかが、
「日本の愛すること⇒他国を強烈に批判すること」
という思考の流れで一般の受信者を扇動して、
過激に商売なさっているのが・・・
うーん、まあ良いのですが、しかしチト目に余ります。

強いて言えば、目に余るというのは、
情報発信者に対してよりも、
情報受信者に対しての方が強いかも知れませんが。

 

思い出してくださいね。

自動売買ソフトの選択の仕方は、

「まず自分が自分の考えを決める。
 その上で自動売買ソフトを探す。」

でしたが、「我が国日本」との向き合い方も、

「まず自分が自分の考えを決める。
 その上で周囲の情報と付き合う。」

なのが正解だと思います。

 

クリックで応援いただくと飛び上がって喜びます^^
 ⇒ 人気ブログランキングへ

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2014年03月27日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:EasyMaestro

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

このページの先頭へ

FX情報商材トップ
このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加