自動売買の学校を開講します

先日の、自動売買って本当に儲かるのか? という記事で、
——————————————————-
今の相場でEAを運用するためには、
「EAを取捨選択」し、
「適切なパラメーター設定」する必要がある
——————————————————-
ということをお伝えしました。

これに対し、
「んなこと言っても、
 そのやり方がヨウわからんから困ってるんヤガナ!!」
という至極ごもっともなメールをチラホラいただきました。

私は、メルマガなりサイトなりで、
折りに触れ、この手のことはご案内してきましたので、
メルマガを保存してらっしゃる方はそれを見直すなり、
サイトを見返すなりしていただけると良いかと思います。

とは言え。

私自身、苦労を重ねてEAを運用できるようになった訳で、
その過程において、気づいた折りに、
メルマガなりで断片的にご案内してきたのも事実。

ということは、つまるところ私は、
「EAを取捨選択」し、
「適切なパラメーター設定」することについて、
「一から」「順序だって」「体系だって」
ご案内したことはこれまでに無かった訳です。

これは私だけの話では無く、
本や雑誌、インターネットの情報でも同様です。

こと「裁量」周りの「一から学べる」情報って
多いのですが、

「自動売買」周りの「一から学べる」情報って
実に少ないと思いません?

あるにはあるのですが、例えば、
・MT4の利用方法
・バックテストの方法
・バックテストデータの抽出方法
・EAの開発方法
・どのEAが質が良いのかの情報
みたいな「断片的」な情報が多い訳です。

つまり、仮に自動売買の経験者であっても経験者でなくても、
自動売買で利益をあげたい方が、
一から自動売買について学べる機関はこれまでに無かった訳です。
(私の知る限り。)

 

・・・であるならば、
私が作ってしまおう!!
と思い至った次第です。

で、どうせやるのであれば、

1. ロジックの種類とは?
2. EAの設定はどうやるの?
3. 通貨ペアの種類って?
4. 資金管理の考え方・方法
5. バックテストの方法
6. 最適化の方法
7. EAの選定の仕方
8. 運用の仕方
9. EA運用停止について
10. MT4の正しい使い方
11. FX業者について
12. VPSについて

まで言及してしまおう!!
と思い至った次第です。

(現在、考えている内容ですので、変更があるかも知れません。)

 

という訳で・・・、
EAの運用を正しく学べる学校
を近々開校します。

その名も自動売買の学校(仮称)!!
(「その名も」と言いながら仮称です。)

 

これまで徒手空拳でEAの運用をやってきて、
泣いたり叫んだり呻いたり、そしてときどき笑ったりして、
月に一定の利益を得られるようになったその艱難辛苦の成果を、
全て投影します。

そしてその講師には、
私の自動売買のブレーン先生とも言うべき方を招聘。

 

・正しくEAを見極める目を育て、
・そのEAの力を最大限に引き出す力を身につける。

EAってのは、それが良いEAであるならば、
ちょっと手を加えることで、
利益が出なかったものが出るようになったり、
それまででは考えられないパフォーマンスを発揮する
ものです。

まだ、どのような形態の学校にするかは決めていません。

予定では、8月の末を目処に開講していますので、
乞うご期待・・・!! という訳で、もしあなたが、
こんな「自動売買の学校(仮称)」にご興味があれば、
下記までご登録になってくださいませ。

学校の概要が固まりましたら優先的にご案内します。
(恐らく特典付きにさせていただきます。)

「自動売買の学校(仮称)」の情報を優先的に受ける

 

そうそう。

自動売買をより良く運用するためには、
裁量を学ぶべきだと言うのは私はいつも言っています。

この学びを得るためには様々な方法がありますが、
「自動売買の良いところ」と
「裁量トレードの良いところ」のいいとこ取りをしたツールが
実は存在します。

半自動半裁量のいいとこ取りツール

こちら、
・エントリーは「人間(=裁量)」が決める
・決済は「機械(=自動)」が決める
という半裁量のEAです。

しかも、機械が行う自動の「決済」は、
ピラミッティングを採用しているので、
損失を限定しつつ、
利益を伸ばせるようにプロラミングされています。

したがって、「学び」という視点だけでなく、
重要な指標発表時など「値が大きく動く」相場では、
まさにピラミッディングが機能して、
いわゆる利大損小の「稼ぎ」得られることになります。

「学び」つつ「稼ぐ」という一挙両得のツールを
利用するのも大アリだと思います。

ただし自動売買では無いので、決済は「自動」ですが、
エントリーは「裁量」であることに気をつけてくださいね。

 

クリックで応援いただくと飛び上がって喜びます^^
 ⇒ 人気ブログランキングへ

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2013年07月02日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:自動売買の学校

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

このページの先頭へ