末永く運用できるEAの情報を解禁

現在、東京は神田のスタバにてメールを書いているのですが、
神田のスタバの空調ってのが、
なかなかどうして傲慢かつ怠慢なヤツで、
なんと、きょうび送風口が上下左右に動きません。
(スタバ:スターバックスカフェーですナ)

送風口が動かないので、
送風口から直接、風が当たる席にポジショニングしてしまうと、
目も当てられない惨状となります。

つまるところ、店を出るか席を移動しない限り、
送風口から排出される風が
これでもか、これでもか
と、老体に当たり続けてしまうという憂き目に遭ってしまう訳です。

しかし、勉強・仕事に熱心な方々が集まる神田のスタバは、
金曜日だってのに今日も大盛況で大賑わい。

ひとたび、送風口から直線上に伸びる席に座った日には、
もはやそれが最後。

移動不可。

 

はい。

まさに私が今、その承服しかねる状況下にあります。

首回りにまとわりつくように、
事務的無機質な生ぬるい風がすり抜けていくあの感覚。

決して寒くはないのですが、
一カ所に何かが当たり続けてしまうあの不快感

そして、
この風を浴び続けると体が重たくなりそう…という不安感

寝苦しい夏の夜、
うっかり扇風機の首を回さず直接風にてそのまま寝てしまい、
翌日、「体がダル重~」というあのガッカリ感です。

…この感覚、あなたに伝わるでしょうか?

 

スタバの神田店にて恨めしそうに狭い天井を見上げ、
ヴィーンお役所的な音を響かせている空調を睨みつけ、
「上下左右に動かんかい!!」
とひとり祈念しているのは、何を隠そうこの私。

百歩譲って、上下左右とは言いません。
上下だけでも、左右だけでも天晴結構。

 

…もはや祈祷黙祷立願が通用しないことを悟った私は、
近くのエクセルシオールに移動することにしました。

 

飽きましたか?

今日のスタバ的ヨタ話。

 

ですよね。

 

では本題に入ります。

本日は末永く運用できるEAについてご案内します。

一昨日のメルマガで一番ご質問が多かった案件です。

 

この「末永く運用できるEA」は、その名の通り、
「EAの賞味期限」という言葉がふさわしくありません。

極端な話、MT4というプラットフォームが存在する限り、
ずっと利用できるEAかも知れません。

シンプルかつ厳格なロジックに守られたEAです。

 

値動きが激しい日は稼ぎ時。

週末の総選挙、
年末年始の財政の壁、
年末相場、
雇用統計、
要人発言、
日銀介入…
こんな時こそが稼ぎ時という、何とも不思議なEAです。
(別にそんな値動きが激しくなくても大丈夫ですが。)

 

ただ、ロジックが非常に特殊ですので、
運用する人間を選ぶEAだと思っています。

販売者さんは、
「変な人には買って欲しくない。
 変な人にはこのEAの存在すら知って欲しくない。」
とまで言っています。

当たり前ですが、
EAの運用においても投資は自己責任です。

この投資の基礎基本の考え方ができない人は、
購入は見送った方が良いでしょう。

 

私自身、
このようなロジックにはじめて出会いました。

ロジックそのものは十分に理解できているのですが、
そのロジックがどうして稼ぎにつながっているのかは、
いまだにすべてを理解している訳ではありません。

こんなEAです。

だからこそ、
投資について最低限の考え方ができている方にのみ
EAの可能性を信じている常識的な感性を持っている方のみ
このEAを手にとって欲しいと思っています。

つきましては、私のこのEAに対する考え方や、
販売者さんの人となり、
このEAについての言える範囲の詳細をまとめましたので、
ご興味がある方のみ、下記にご登録ください。

 

末永く運用できるEAを西ヤン流に語ります。

 

こちらにご登録いただけますと、
【西ヤンEA】ご登録ありがとうございます!!
というメールがあなたに届きます。

届けばOKです。

数日間に渡り、このEAについて西ヤン流にご紹介します。

 

逆に言えば、こちらにご登録にならない限り、
あなたは、末永く運用できるEAを知ることさえできません。

上記の条件を満たし、かつご興味があればどうぞ。

 

そうそう。

もうちょっとこのEAについて深掘りしてみました。
ご興味があればどうぞ。

⇒ 確率論から作られた世にも稀なEA

 

クリックで応援いただくと飛び上がって喜びます^^
 ⇒ 人気ブログランキングへ

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2012年12月14日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:謎のEA

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

このページの先頭へ

FX情報商材トップ
このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加