西ヤンが最も評価する国内でMT4を利用できるFX業者

2012年に国内のFX業者における取引の税金が、
申告分離課税の対象となることになって以降、
国内のFX業者に注目が集まっています。

しかし。

国内業者は国内業者でも、
MT4を利用できる国内業者となると、
「どうもシックリした国内MT4業者があらへん。」
という声が多いのが正直なところ。

と言う訳で、本日は、
私が1年以上前から利用しているFX業者を公開します。

 

公開する前に、
このFX業者のお勧めポイントをいくつか挙げておきます。

1、粘着質な約定力
2、カバー先が無駄にたくさん存在
3、貧乏でもトレードできる
4、古い
5、ほどほどのスプレッド
6、うるさいサポート

 

はい。

なんだか、誉めているのかそうでないのか、
ようワカランと思いますが大丈夫。

おおむね誉めています。

そして繰り返しますが、
国内でMT4を利用できるFX業者としては、
2013年10月現在の西ヤン判定では「最高」のFX業者です。

 

それぞれ、簡単にコメントを入れておきます。

 

1、粘着質な約定力

とにかく粘着質なほどにサーバーが安定しており、
想定したエントリーとエグジットでビタッと注文が入ります。

また、1年間使用して取引を監視してきましたが、
不審な動きはほとんどありませんでした。

もはや、「FX業者を選択」する際に、
スプレッドだけで選択するという方はいないと思いますが、
FX業者で選ぶ際に重要なのは、
サーバーの安定性(そして約定力)です。

だって、提示スプレッドがいくら狭くても、
「ドン滑り」してその価格で約定しなければ、
まったく意味が無いのですから。

長くFXに取り組もうと思えばなおさらのこと。

この辺の感覚は、1年間くらいFXに取り組んでいれば、
芽生えてくるとは思います。

現在、一部のFX業者が繰り広げているスプレッド合戦は、
行き着くところ、
「いかに損失の多いトレーダーから
 機械的に効率的にお金を巻き上げるか。」
というロジックに基づいて繰り広げられています。

FX業者が莫大な費用を投じて、
下手クソなトレーダーをうまく見つけ出し、
損失を丸呑みする「システム」を開発し、稼働させる。

だからこそ、あんな極小なスプレッドでも、
結構な利益を上げ、経営を継続することができる訳です。

したがって、今、好調と言われているFX業者は、
「IT」に強いFX業者が多い訳ですナ。

「DMM.com証券」しかり、
「GMOクリック証券」しかり。

業界では「豆屋」と言われる「先物取引業者」出身のFX業者が、
スプレッド合戦に中途半端に引っ張られ、
顧客へのベネフィットの提供がなんだか一本筋が入らず、
軒並み苦しい戦いを強いられている現状を見ても明らか。

・・・とまあ、変な方向に話が盛り上がりそうなので
スプレッドの話はこの辺で止めておきますが、
FX業者を選択する上で肝要なのは、
「スプレッド」ではなくて「約定力」です。

サーバーが安定していて約定力も高いのが、
今回ご紹介する「国内最高のMT4業者」な訳です。

 

2、カバー先が無駄にたくさん存在

これは、「1」とも通じる話なのですが、
今回ご紹介する「国内最高のMT4業者」は、
国内外に「10社以上」のカバー先を用意しています。

他社と比較しても「無駄に多い」です。

もちろん、これは良いことです。

カバー先が多いと言うことは、
それだけ有効なレートを顧客に提示しやすいからです。

「極小スプレッド!!」などという、
顧客にわかりやすいネタではなく、
このような地味ながら顧客にとっては重要なネタが、
今回ご紹介する「国内最高のMT4業者」には地味に多い訳です。

しかも、このFX業者のサイトには、
このカバー先の件については掲載していません。
(私が直接電話して聞きました。)

こうした奥ゆかしさも西ヤンの心を動かすポイントです。

 

3、貧乏でもトレードできる

「貧乏」って、表現が悪くて恐縮です。

今回ご紹介する「国内最高のMT4業者」は、
「1,000通貨」から運用できます。

わかりやすく言えば、
「5,000円」くらいから運用ができますので、
例えば、少額でEAの検証を行いたい時などは、
もってこいです。

もちろん、貧乏な方にも便利な業者です。

 

4、古い

今回ご紹介する「国内最高のMT4業者」は、
国内でMT4のサービスを提供したFX業者としては、
最古参のグループに入ります。

いわゆる「老舗」で「堅実経営」。

派手なことは好みません。

国内の総合的な電機メーカーで言えば、
さながら「日立」。

日立は景気の変動に左右されずに、
実に堅実に安定感バツグンの経営を続けています。

日立の連結決算推移

パ○ソニックやシ○ープとは違います。
(お勤めの方がいらっしゃいましたら失礼の段お許しください。)

今回ご紹介する「国内最高のMT4業者」も同様。

至極、堅実で、派手なプロモーションを好みません。

余談ですが、
私のようなFX業者をご紹介する立場の人間には、
このFX業者は、原則、紹介することを許しません。
(もちろん、紹介料なども支払いません。)

事実、私自身、これまでに何度もご紹介をしたいと
このFX業者にお願いしてきましたが、
「紹介をしてもらう必要は無い。」
と、梨のつぶてで断られてきました。

したがって、私のような立場の人間が、
この「国内最高のMT4業者」をあまり紹介していないのも、
「そもそも紹介できない。」
という理由があります。

つまるところ、紹介者に紹介料を支払う費用があれば、
顧客に還元したいという気持ちの現れだと私は理解しています。

 

5、ほどほどのスプレッド

前述しましたが、
スプレッドでFX業者を選択するべきではありません。

とは言え、もちろんスプレッドは、
「狭い」に越したことはありません。

今回ご紹介する「国内最高のMT4業者」のスプレッドは、
実際に利用している感覚だと、
・EURUSDは「1.7Pips」くらい
・USDJPYは「1.6Pips」くらい
です。

「通貨ペア」によっても、
「時間帯」によっても違うと思いますが、
約定力と合わせて考えると、
かなり頑張っているスプレッドだと感じます。

 

6、うるさいサポート

なかなかサポートがウルサイです。

口座開設をしてから、1週間くらい経ったあたりで、
サポートの担当者から電話があり、
「わからない点」が無いか、
「つまずいている点」が無いか、
世話焼きの親戚のおばちゃんの如く、
電話をかけてきます。

必要なければ電話に出なければ良い話ですが、
「顧客にはキチッとMT4を使ってもらいたい。」
という気持ちが、このように現れるのはありがたいです。

もちろん、彼らとしては口座を利用してくれなくては、
収益が上がらないので当たり前の話なのですが、
しかし、こうしたことすらできていないFX業者も多いのが現状。

 

以上が、このFX業者のお勧めポイントです。

1、粘着質な約定力
2、カバー先が無駄にたくさん存在
3、貧乏でもEAを運用できる
4、古い
5、ほどほどのスプレッド
6、うるさいサポート

 

更に、あなたにご紹介する前に、念のため、
1ヶ月半ほどかけてEAで検証をしていました。

やはり、
・個人的に利用すること

・読者様にご紹介すること
は違います。

ですので、身勝手な話なのですが、
あなたにご紹介させていただく前に、
・複数のFX業者において、
・同じEAを同じ環境(パラメーター)で運用し、
その結果を比較してからご紹介しようと思った訳です。

運用したFX業者は、
A、Pepperstone(Standard口座)(海外業者代表)
B、アルパリジャパン(MT4スタンダード口座)(国内業者代表)
C、国内最高のMT4業者(MetaTrader4口座)
で、2013年「9/2~10/25」の約2ヶ月間、
私が個人的に運用しているEAで検証しました。

 

その結果、下記のようになりました。

————————————————————————-

1、Pepperstone(海外業者代表)
19勝12敗 +112Pips

2、アルパリジャパン(国内業者代表)
15勝11敗 +54Pips

3、国内最高のMT4業者
20勝13敗 +107Pips

————————————————————————-

あくまでも期間が2ヶ月ほどですので、
その前提でご理解ください。

成績がずば抜けて素晴らしい訳ではありませんが、
取引回数が多いと言うことは、
FX業者を選択する上では重要なファクターです。

 

とまあ、あなたが実際に使ってみれば、
この結果以上に「良い点」も出てくるでしょうし、
ひょっとしたら「悪い点」も出てくるかも知れません。

しかし、今後、長くFXを続けていくことを考えると、
私にとっては「確実に外せない」FX業者です。

 

そうそう。

念のためにお伝えしておくと、
このFX業者のMT4は日本時間に対応していますので、
表示時間で混乱することは少ないと思います。

 

・・・と、
ここまで引っ張っておいてナンなのですが、
このFX業者を知りたい方は、下記にご登録ください。

 

国内でMT4を利用できる最高のFX業者

折り返し、大事なメッセージと共に、
このFX業者をご案内させていただきます。

 

クリックで応援いただくと飛び上がって喜びます^^
 ⇒ 人気ブログランキングへ

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2013年10月28日 | コメント/トラックバック(2)|

カテゴリー:FX業者

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. さかた より:

    質問です。2か月の取引で会社によって差が出るのはなぜでしょうか?
    同じEAを使っているのにトレード回数に差が出るのですか?
    スプレッドのわずかな差によって、Pepperではエントリーするが、アルパリではエントリーしない、みたいなことが起こるのですか?

    • 西ヤン より:

      さかた様
      コメントありがとうございます!!
      さかた様が仰るように、同じEAであっても利用する業者が違えば、
      トレード回数に違いが出ることは往々にしてあります。
      また、同じ業者であっても、リアル口座とデモ口座でも違いが出ますので
      ご注意くださいませ。


コメントをどうぞ

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

このページの先頭へ