PepperstoneのEDGE口座の評価や特徴、概要など

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もうご存じかも知れませんが、
Pepperstoneが、MetaTrader4(MT4)の機能を一新した
EDGE口座というサービスを始めました。

この「EDGE口座」を、非常に簡潔に説明すると、

●約定力が高くなった
●スプレッドが狭くなった
●MT4なのにワンクリック注文ができるようになった
●取引通貨ペアが52ペアに倍増した

と、これが本当あれば、良いことづくめのサービスです。

ただし、前提として、
無理して『EDGE口座』に移管することはありません。

なぜって、

それまで利用してきて好調だった「自動売買ソフト」が、
「EDGE口座」に変更したとたんに、
パフォーマンスが下がってしまう・・・
なんてこともあり得ますからね。

Pepperstone側としては、
顧客満足度を上げようと取り組んでいる
「EDGE口座」ですが、
これが特定の「自動売買ソフト」には、
アダとなってしまうかも知れない訳です。

ですので、できるだけ慎重になさってください。

もしあなたが、現在、運用なさっているEAが、
「EDGE口座」にも対応しているのかどうかを知りたければ、
そのEAの開発者さんに直接連絡して、
確認してみると良いと思います。

ちなみに、「GOLD KOUSUI」については、
開発者さんのFX幸水さんに確認してみたところ、

————————————————————————————-

Pepperstoneがどのくらいのタイミングで既存口座の廃止を
行うかはわかりませんが、「EDGE口座」に魅力を感じて
移管を希望される方も増えてくるかと思いますので、
可及的速やかに現状の把握に努めたいと考えております。

まずは、現行EAとの相性、「EDGE口座」の仕様など、
詳細を事前に調査させていただきたい思いますので、
正式な回答まで今しばらくお待ちいただけますでしょうか?

現状明確な、ご案内ができず誠に申し訳ありませんが、
今しばらくお時間いただけますようお願い申しあげます。

————————————————————————————-

とまあ、これまたクソ丁寧なご回答をいただきました。

ですので、FX幸水さんから続報が届き次第、
このサイトでもご案内させていただきます。

ただし!!
(ここから少し重要なのですが、)

クソ腹立たしいことに
「EDGE口座に移管しないことによるデメリット」
もあるようです。

下記より、「EDGE口座」について説明しますが、
この「EDGE口座に移管しないことによるデメリット」
についてもあわせてご案内しますので、
じっくりとお読みになってください。

さて、結論から言ってしまうと、
あなたがこれまでに利用なさってきた、
「Pepperstone」の「MT4口座」は、今後、
「Pepperstone」の「EDGE口座」に置き換わっていきます。

どうやら、Pepperstoneはそのような方針のようです。

つまり、
「既存のSTANDARD口座」
「既存のRAZOR口座」
は、
「EDGEのSTANDARD口座」
「EDGEのRAZOR口座」
いずれは置き換わっていくということになります。

ただし、放っておいたら勝手に置き換わるのではなく、
Pepperstoneのサイトから、
アップグレードをしなくてはなりません。

前述したとおり、既存の口座と比較して、EDGE口座は、

●約定力が高くなった
 (これまで以上に高くなります。)

●スプレッドが狭くなった
 (EURUSDで-0.1Pip、
  その他の通貨で-0.2~0.3pipsになります。)

●MT4なのにワンクリック注文ができるようになった
 (これまでは、最低3クリック(工程)が必要でした。)

●取引通貨ペアが52ペアに倍増した
 (これまではメタル系を含めて28ペアでした。)

というように、パフォーマンスは向上しているので、
私は、あくまでも様子を見ながらではありますが、
「EDGE口座」に切り替えた方が良いと思います。

また、Pepperstone曰く、
「リリース前に発生していた不具合は全て潰した」
とのことでしたので、
私は、2口座を開設してテストを開始しています。

で、ここからが、
「EDGE口座に移管しないことによるデメリット」
ですので、じっくりお読みになってください。

先日、Pepperstoneにチャットで聞いたのですが、
「EDGE口座」へのアップグレードは、
強制はしないと話していました。

ですが、「ただし」という前置きをした上で、
今後、旧システムでは約定スピードが遅くなり、
スプレッドが広がる可能性が考えられる
と言っていました(汗)

彼らとしては、
「既存口座」と「EDGE口座」の双方を稼働させることは、
当然、コストも倍増する話でしょうから、
「EDGE口座」に集約していきたいのは自明の理です。

ですので、基本的なスタンスとしては、
「既存口座」は無くしていきたい…という立場ながら、
とは言え強制はできないので、
このような発言になったのだと思います。

前述したとおり、
現在の「既存のSTANDARD口座」「既存のRAZOR口座」が、
すぐに利用できなくなることではなく、
まだ当面は利用できると思います。

ただ、あなたがPepperstoneで取引をする上で、
「スプレッドが広がるようになったな。」
「滑るようになったな。」
とお感じになるようであれば、
早めにアップグレードをした方が良いと思います。

そうそう。

「EDGE口座」にアップグレードすると、
口座情報が変更になります。

ですので、「既存のMT4口座」で運用していたEAは、
設定変更などが必要となります。

また、アップグレードしたら、
それまでの旧口座は閉鎖となります。

ただし、旧口座が閉鎖されてしまった後、
旧口座では取引ができなくなりますが、
ログインして取引履歴を確認することは可能
ですので、確定申告時などに利用できます。

それから、Pepperstoneからの情報として、
現在、Pepperstoneには、
「新EDGE口座」へのアップグレードが殺到しているようで、
アップグレードを優先するために、
一時的に「追加口座の申請」を止めている
ようです。

「追加口座の申請」が再開されるのは「1~2週間後」で、
再開されたらPepperstoneから私に連絡が来ますので、
このサイトでまたご案内します。

※8/21時点で、追加口座申請の受付が再開されました。

「EDGE口座」の概要はご理解いただけましたか?

繰り返しになりますが、
無理して「EDGE口座」に
アップグレードすることはありませんが、
一方で、
アップグレードしないことのデメリットもあります。

この辺のバランスをよくよくお考えになって、
もし、あなたが口座を既にお持ちであれば、
必要に応じて「EDGE口座」へ
アップグレードなさってください。

もちろん、例によって、
「西ヤン流
 EDGE口座 手作り口座開設マニュアル」
を手作り感満載に作成しましたので、
こちらをお届けさせていただきます。
(メルマガの読者様には既にお配りしています。)

今回の「EDGE口座」の目玉でもある
「ワンクリックトレード」
についても、キッチリ解説していますので、
どうぞダウンロードなさってください。

「Pepperstone EDGE 手作り口座開設マニュアル」をご請求される方は、
下記のフォームからご請求なさってください。

折り返しあなたのメールアドレスにマニュアルをお届けします。

直近で少し心配なのは、
「EDGE口座」に短期間で多くの方が移行しているので、
サーバーが一時的に不安定にならないかな?
といったところです(汗)

・・・という一時的な問題が仮にあったとしても、
「EDGE口座」の事前情報が本当であれば、

・国内送金ができて、
・日本人のあったかサポートがいて、
・レバレッジは400倍まで可能で、
・約定力も高くて、
・スプレッドも日本のFX業者以上に狭くて

・・・というアリサマ(良い意味で)です。

PepperstoneのようなFX業者が増えれば増えるほど、
規制三昧の日本のFX業者は
いっそう駆逐されてしまう気がします。

クリックで応援いただくと飛び上がって喜びます^^
 ⇒ 人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク