かつては「うら若き女性」たちをたぶらかしていました。

あなたもご存じのことと思いますが、
「バレンタインデー」と言えば「西ヤン」です。

そうです。

かつてはうら若き女性たちをたぶらかし、
数十個のバレンタインデーチョコを一手に賜り
我が世の春を謳歌していたのは今は昔。

・・・せっかくなので私のモテモテの歴史を振り返ってみます。

・幼稚園:まだ目覚めず
・小学生1~3年:じゃがいも
・小学生4~6年:上品な可愛さが受けてモテモテ
・中学生:ひ弱な男子を演じてモテモテがギリ継続
・高校生:蚊帳の外
・大学生:積極的に行動して吉と出る(多少)
・社会人20代前半:京都のお寺に修行のため精進生活
・社会人20代後半:積極的に行動し過ぎて裏目に出る
・社会人30代前半:猥雑な誘いが増える
・独立30代後半:女性より仕事
・独立40代前半:達観

個別の解説は割愛しますが、
一番のモテ期は小学校高学年という惨憺たるモテ人生です。

つまるところ、
私がかつてたぶらかしたのは小学校高学年の女子児童。

小学校高学年の男女が互いにたぶらかし合いながら、
結果としてバレンタインデーのチョコを多数いただき、
女性に期待感を持っていたのはこの頃のこと。

その後、ほどなくしてモテが失速しますが、
幸いなことに日本の古き良きバレンタイン文化では、
義理チョコが嬉しくも横行しており、
オトナになるにつれ、
かつてのモテ帝王ぶりは鳴りを潜めましたが、
バレンタインのチョコが干からびることはありませんでした。

迎えた「36歳」。

今から8年前に私は独立を果たし、
社会人というレールから外れたとたんに社会との接点が消え、
頼みの綱の義理チョコも賜ることがなくなってしまいました。

それ以後、毎年2月14日は、
「女性より仕事!!」と自分に言い聞かせ、

「うーん、今日も忙しい!!
 忙しい日がたまたまバレンタインデーに重なってモタ。
 こんなに忙しかったら残念ながら今年もチョコはナシだな。
 うーん、忙しい忙しい。
 忙しいからチョコと縁が無い!!しょうがない。」

などと自分をさりげなく慰めていたのですが、
それも不惑の40代に入り、
チョコも女性も「達観」の域に入ったという次第です。

その「達観」が何をもっての「達観」かのご想像は、
あなたにお任せしますが、
そんな「達観」の域に入った私が、
かつてのモテモテの小学校高学年時代を思い出し、
若者たちのバレンタインデーよろしく、
私からあなたへ、とあるプレゼントがあります。

 

もちろんプレゼントとは「投資」についてです。

・人任せではなく、自分の手を動かす「投資」です。
・投資ではありますが、チャートを見る必要はありません。
・見るのはパソコンの計算ツールと証券会社の売買画面です。
・FXの自動売買ではありません。
・しかも、1ヶ月に5回くらいしか見なくても大丈夫です。
・なおかつ、作業時間は1回あたり5分しかかかりません。
・ということは、1ヶ月の内、ほとんどが遊んでられます。
・その生活スタイルが良いか悪いかは別にして、遊んでOKです。
・これで月の平均リターンが元本に対して20%くらいです。
・半年に1回くらいドカンとくるときは500%とか行きます。
・最初から損失が決めるので、決めた以上の損はありません。
・負けてしまう月もありますが、マイナス10%前後です。

こんなプレゼントです。

しかし、残念ながら無料ではありません。

有料です。

「無料」であれば、
「なぜ無料なのか」を考えるクセを付けると、
「無料」のリスクがわかるというものです。

しかし、
「おい西ヤンよ。
 バレンタインデーのプレゼントなのになんで有料なんよ。
 無料にせんかい。」
と仰るのでしたら、
西ヤンの入魂プレゼントは断腸の思いで無視なすってください。

と言うわけで、
チクと「西ヤンのバレンタインデープレゼント」を知りたい
なかなか奇特なあなたは、
下記までご登録をなさってください。

 

西ヤンのバレンタインデープレゼントを念のために知る。

 

 

西ヤンレポート(過去の歴史を振り返ろう!!)

いやあ・・・

いよいよ2016年も残すところ今日を入れて3日です。

 

「362日」もの間、実にお疲れ様でした。

 

年末と言えば西ヤンです。

その年末に何をトチ狂ったか、
超久々の「西ヤンレポート」をお届けすることにしました。

しかも、この西ヤンレポート、あろうことか、
先月11月に行われた「米国大統領選」について言及した、
大統領選前の11月1日ごろに書いたレポートです。

ほぼ最後まで書きあげていて、
あとは最後に見直して清書して公開!!というところまできて、
貧乏ヒマなしよろしく西ヤンがゴツい忙しゅうなってしまい、
そうこうしているうちに、このレポートのひとつの結論である、

「過去の歴史を振り返るとトランプが勝つだろう」

という、
本来ならば大統領選前に出すべき西ヤンメッセージを
発信するタイミングを完全に逸してしまい、
今さら出しても、

「おいおい西ヤンよ、アンタ、後付けレポートはズルいよ」

と言われてしまうだろうなあと思って公開は諦めていたのですが、
改めて読んでみると、
やっぱり多くの人にお読みいただきたい気持ちが

「ムラムラと」かつ「ムクムクと」沸き上がり、
「恥を忍んで」かつ「意を決して」公開することを決めたという

いわく付きの西ヤンレポートでございます。

年末のちょいとしけ気味の大花火です。

とは言え、日本を含めた過去の歴史を振り返ると、
「なるほどトランプ勝利も納得できるな」
と思っていただけるものと思います。

さあ、1年2ヶ月ぶりの「西ヤンレポート」。

年末のお忙しいところだと思いますが、
どうぞ、お読みになってくださいませ。

西ヤンレポートをチクと読む

 

3回破綻し、3回立ち上がり、4回目で成功した「益荒男」の物語

あなたもご存じの通り、私は「自動売買トレーダー」です。


一昨年あたりから「自動売買から得られる収益」よりも、
別の事業からの収益が大きくなってしまっていますが、
とは言え「自動売買から得られる収益」が
実に太い収益源であることは間違いありません。


ここ4年くらいは、自動売買のおかげで、
衣食住には困ったことはありません。

それだけ、私の生活の基礎を支えてくれています。

この投稿の続きを読む »

今日は特別です(あの男が再び動き始めた)

昨日、ご案内した「Shortman」の為替レポートですが、
あなたはもうご登録されましたか?

「Shortman」のレポートを無料で読む。

この投稿の続きを読む »

金融ブログランキングで1位に君臨していたブログが降臨

あなたは、
・Shortman’s Equilibrium
・恐慌への道しるべ
・人生は死ぬまでの暇潰し
というブログをご存じでしょうか?

この3つのブログ。

かれこれ5年以上前の話ですが、金融ブログランキングで、
何年も何年もずーーーーっと1位に君臨していたブログです。

この投稿の続きを読む »

中国経済バブル崩壊?アメリカの利上げは?

私は先日、
経済指標の見かたのコツからFRBの政策金利利上げについてまで、
久々の西ヤンレポートということでご案内しました。

経済指標の見かたのコツ
FRBは政策金利を利上げするのか?
サブプライム問題から現在。FRB政策金利のゆくえ

久々の西ヤンレポートに、
西ヤン調べで全国で数人いらっしゃる
熱狂的な西ヤンファンの皆様から大いに持ち上げていただき、
実に気をよくさせていただきました。

 

そんな最中の世界同時株の暴落。

8月24日のことです。

それにあわせてドル円も大暴落となり、
今も世界中の株価やドル円などもその下落状況から戻らず、
底値付近でウロウロしています。

 

というわけで、先日の西ヤンレポートの後日譚というわけで、
今日の記事では、簡単にこの原因と、
次の9月18日のFOMCにおける市場の利上げ予想の変化
西ヤン目線でお伝えしていきます。

この投稿の続きを読む »

サブプライム問題から現在。FRB政策金利のゆくえ(西ヤンレポート2015年8月その3)

2015年8月の西ヤンレポートは今回が最終回です。

最終回は、チクとあなたに興味を持ってただけるよう、
今日の西ヤンレポートの本文の中のどこかに、
現在、西ヤンが「ユーロドル(EURUSD)」を、
どんなポジショニングをしているのか?
を放り込んでいます。

その答えを知りたければ、頑張ってお読みください(笑)

あ、前々回(第1回目)と前回(第2回目)の西ヤンレポートを
まだご覧になっていない方は、
先にこちらから熟読なすってください。

西ヤンレポートその1 ⇒ 経済指標の見かたのコツ
西ヤンレポートその2 ⇒ FRBは政策金利を利上げするのか?

この投稿の続きを読む »

FRBは政策金利を利上げするのか?(西ヤンレポート2015年8月その2)

しっかし西ヤンレポート、なかなかの難産です。

経済や為替を読み解く上では、
「政策金利」の存在は実に大事な議題ですし、
その議題を解説しようと自ら選択したのですが、
今さら引っ込みなんぞ付けようがありませんが、
心の中では、ああ引っ込ましたいと何度も思ったり(笑)

あ、前回の第1回目の西ヤンレポートをご覧になっていない方は、
先にこちらから熟読なすってください。

西ヤンレポートその1 ⇒ 経済指標の見かたのコツ

この投稿の続きを読む »

経済指標の見かたのコツ(西ヤンレポート2015年8月その1)

「24option」の後釜「ワイバイナリー」がどうした。

しっかし今日も暑かったですナ。

ですが私は、「暑い」と口には出さないようにしています。

「暑い」と口に出したところで暑さが収まるわけでもないし、
「暑い」と不用意に口から飛び出た言葉を
これまた不用意に聞いてしまった人の「体感的暑さと苛立ち」は
恐らくはグイッと増してしまうでしょうから。

「暑い」は心の中で唱えて、ギュッと噛み殺すのが得策。
それが一番、心も体も平和なのありです。

とは言え今日の暑さは別格・・・でしたので、
サスガの私も、ある近しい友人にこう発言してしまいました。

この投稿の続きを読む »

このページの先頭へ