「FXKousui Baggio」のロスカットについて

ゴッツ暑くなったり、イタく涼しくなったり、
どうも気温の変化を司る神様の心が揺れているようですナ。

私も先般、
気温の変化を司る神様と体調管理を司る神様の逆鱗に降れ、
シコタマ質の悪い風邪を賜り、
心の中でお供え物なんぞをしながら神様のご機嫌を取り、
ようやく悪魔のような風邪を雲散霧消させましたが、
次々に西ヤンのメールボックスに届く、
「私も阿呆になりました。」
の声。

これは、
季節の変わり目に風邪を引くヤツは阿呆だ
という以前の私の記事を受けてのご報告だと思うのですが、
私もまったく人のことは言えませんが、
季節の変わり目に風邪は改めて引きたくないモンです。

「タチ」も悪いし「治り」も悪い。

先日、秀作レポートを紹介させていただいた反為さんからも、
「風邪を召しました(泣)」
というご連絡がありましたし。

どうぞ、今、お風邪を召されている方は、
じっくりとお休みになり、早々に完治なさってくださいませ。

早い完治をするための私の経験談を申しますと、
「心の中で神様にお供え物をする。」
「両親に感謝する。」
「諦めない。」

これで六割方は治ります。

残りの四割はお医者様にご相談なすってください。

 

え?
「毎度のことながら、
 西ヤンの小ネタはツマラン上に参考にならん。」
ですって?

これは失礼いたしました。

 

では、西ヤンの風邪漫談はこの辺にして、
先の5/23の日本株暴落と円高に伴う、
「FXKousui Baggio」のロスカットについて、
西ヤンの見解をご案内します。

「FXKousui Baggio」のFX幸水さんの公式結果では、
「5/23」に口座が破綻してしまったようです。

「5/23」は一瞬で「3円」ほど暴落したのですが、
確かに瞬間的な出来事であったとは言え、
超攻撃的な「ナンピンマーチンゲール」というロジックが、
ここでグワッと牙を剥いたという印象です。

ちなみに私の口座はと言うと、
「最大ドローダウン許容値(MDD)」を「50」で設定していたため、
口座破綻とはならず、資金の約半分が生き残りました。
(もちろん、相当に残念な話です。)

具体的に言うと「$5,000」でスタートしたのですが、
これが約6ヶ月間で「$3,000」の利益を獲得し、
「$8,000」になったところでそれが半分になり、
「$4,000」になってしまったという感じです。

「FXKousui Baggio」は肉食系のナンピンマーチンですから、
その点を理解して運用しているつもりでしたし、
読者様にも繰り返しお伝えしてきたつもりですが、
これまでが「あまりに順調過ぎた」ためにショックでした。

また、私自身の運用の大きな大きな反省点として、
「コマメな出金を怠ってしまった。」
という点が挙げられます。

3ヶ月に1回くらい、つまり「$1,000」くらいの利益が出るたびに、
その利益分を出金する・・・ということを、
ついついおざなりにしてしまった・・・と言うことです。

コマメな出金をしていたらどうなっていたか。

例えば私の場合、
「$5,000」でスタートした「FXKousui Baggio」ですが、
仮に6ヶ月分の利益である「$3,000」が出金できていれば、
(もちろん、そうそううまくはいかないものですが、)
口座資金は「$5,000」で、
「最大ドローダウン許容値」を「50」で設定してましたので、
損失は「$2,500」となり、
利益分の「$3,000」と、口座残高「$2,500」の合計で、
「$5,500」が残っている計算になります。

おわかりになりますでしょうか?

今回は、口座にすべてを残しておいて、
その結果、残高が「$4,000」になってしまいましたが、
上記のように、意識してコマメに出金をしていれば、
元本の「$5,000」くらいは残せていたかも知れません。

同じナンピンマーチンEAの「ビクトリーFX」の運用では、
最低でも半年に1回は、利益分を出金しているのですが、
肉食系である「FXKousui Baggio」こそ、
コマメに出金すべきであったと反省しています。

「FXKousui Baggio」のロスカットは、
そのロジックが「超貪欲」な「ナンピンマーチン」である以上、
それは想定内にしておかなくてはいけません。

私自身、「FXKousui Baggio」を運用すること自体は、
間違っていなかったと思いますし、
今後、運用しないという判断は、私にはありません。

今後も継続して運用します。

ただ、コマメな出金を怠ったのは、
相場の判断ミスではなく、
私自信の怠慢による、人為的ミスです。

これは、深く深く反省すべきだと思っています。

あなたも、この反省をご参考になさってください。

 

それから、もう一点。

「FXKousui Baggio」は、評価記事にも記載しているとおり、
ロスカット機能は「2種類」存在します。

「FXKousui Baggio」の西ヤン評価

そうです。

・パラメーターで制御するロスカット機能
・EAの中に実装されているロスカット機能

この2つのロスカット機能がついている訳です。

しかし、FX幸水さんにお聞きしたところ、
「5/23」の暴落時には、
・EAの中に実装されているロスカット機能
機能しなかったとのことでした。

どうやら、
・EAの中に実装されているロスカット機能
は、
「逆側へのトレンドが発生したケースで
 稼働するようになっていた」
ようです。

つまり、今回の急落はそれに当たらず、
・EAの中に実装されているロスカット機能
は動作しなかったとのことでした。

うーん・・・

これはあくまでも開発者さんのロジックですから、
致し方無いのかも知れませんが、
値動きによってロスカットが発動したりしなかったりは、
やっぱり恐いですし想定外です。

ですので、
今後「FXKousui Baggio」を運用なさる場合は、
・パラメーターで制御するロスカット機能
をキッチリ設定しておく必要があるでしょう。

折り悪く、先日の西ヤンプレゼントキャンペーンが、
「FXKousui Baggio」だったこともあり、
運用直後に口座破綻をしてしまった方も、
いらっしゃったかも知れません。

「FXKousui Baggio」をプレゼントする旨をご案内した時に、
強く強くお伝えしましたが、
そもそも「ナンピンマーチンゲール」とは、
・破綻のリスクはある
という前提で運用し、
・破綻しても大丈夫なように保険をかけつつ
運用なさってください。

パラメーターで「ロスカット」を設定するのはもちろん、
あらかじめ急落急騰することが想定される相場では運用を止めたり
また、私の同じ轍を踏まないよう、
一定の利益がでるごとに利益分を出金するなど、
あなたならではの工夫を加えて運用してください。

 

クリックで応援いただくと飛び上がって喜びます^^
 ⇒ 人気ブログランキングへ

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2013年06月04日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:FX Kousui Baggio

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

このページの先頭へ

FX情報商材トップ
このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加