自動売買をする上で決めておかなきゃならんこと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたはまだ、
無為無策に自動売買を行っているのですか?

今日は、
「自動売買をする上で決めておかなきゃならんこと。」
これをお話しします。

先日より「7アローFX」のご購入者様から、
「7アローFX」で年始早々に発生したドローダウンについて、
問い合わせをいただいております。


そのご質問に回答しながら、
これは、あなたにお伝えした方が良いなと思い、
ペンを取った次第です。

さて、あなたは、自動売買だからといって、
あまりに無為無策に運用をさせ過ぎていませんか?

もちろん、ある程度までなら
「漫然」と運用しても良いですよ。

なんと言っても、自動売買ソフトですからね。

しかし、
あなたが運用している自動売買ソフトに
大きなドローダウンが発生した際でも、
あることを理解して実行しておくことで、
ドンと構えていられるようになります。

私は、自動売買ソフトを運用する上では、
必ず理解および実行すべきだと思っている内容です。

今回の例えは「7アローFX」ですが、
どんな自動売買ソフトにも共通して言えることです。

上海人さんという読者様からいただいたご質問に対する、
私からの回答を下記にご案内します。

リアル「上海」の上海人さんからのメールです^^
どうぞ、ご参考になさってくださいませ。

ここからがご質問内容です。(改行のみ手を加えております。)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

西ヤンさん

おはようございます。
上海の上海人です。
とても参考になりました。
こまつなさんの質問、なかなか良い質問ですね(池上彰調)。

7アローとソルジャー、エリーゼクラブの3つに申込み、
現在7アローとエリーゼクラブを運用しています。

ソルジャーは、上海から送金するのに手間取り、まだ進めていません。
ペイパルが途中からどういうわけか中国語になり、
英語に 戻したりしているうちにわけが分からなくなりました。
中国銀行から送金するのはとても面倒な書式があって、
まだできていませんが、結局は中国からの送金になりそうです。

エリーゼクラブはマイナスのまま、
7アローは超ドローダウンで 現在売買ストップという状況です。

こういうときはどういう風に かまえていけばいいですか?

超初心者の私には今の状況がとても気分的に重いです。
ビクトリーFXは分散の意味で検討していたのですが、
気分は萎えています。
どうかアドバイスをお願いします。

上海人


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ここまでがご質問です。

そして、下記が私からの回答です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


池上彰様
失礼いたしました、上海人様

はじめまして。

「FX情報商材で稼ぐためにあなたが一番知りたいこと」
というサイトを運営している西ヤンです。

この度はお忙しいところ、
メールをお送りくださりありがとうございました。

そして、上海からご連絡ありがとうございます^^

> とても参考になりました。
> こまつなさんの質問、なかなか良い質問ですね(池上彰調)。

はい。

非常に好奇心旺盛な方で、
いろいろとご質問をいただけるので、
私自身もご質問にお答えすることで頭の中が整理されています。

> 7アローとソルジャー、エリーゼクラブの3つに申込み、
> 現在7アローとエリーゼクラブを運用しています。
>
> ソルジャーは、上海から送金するのに手間取り、まだ進めていません。
> ペイパルが途中からどういうわけか中国語になり、
> 英語に戻したりしているうちにわけが分からなくなりました。
> 中国銀行から送金するのはとても面倒な書式があって、
> まだできていませんが、結局は中国からの送金になりそうです。

なるほど。
中国からの送金は大変そうですね。

なんだかんだでPaypalが一番・・・なのですが、
そうも言ってられない状況のようですね(汗)

> エリーゼクラブはマイナスのまま、
> 7アローは超ドローダウンで現在売買ストップという状況です。
>
> こういうときはどういう風にかまえていけばいいですか?
> 超初心者の私には今の状況がとても気分的に重いです。

はい。

マイナスが続くと気分がへこみますよね。

私の場合、7アローFXは、20万円の初期投資に対して、
8万円近くのドローダウンを食らいましたので。

このドローダウンは本当に大きい数字です。

※エリーゼクラブは私は運用をしておりませんので、
 お答えできないことをあらかじめご了承ください。

ではまず、
7アローFXの今回の問題を整理します。

今回のドローダウンは、
FXCMのサーバーに問題があったようです。

実際のところ、これは7アローFX側からの見解ですので、
本当かどうか?かはわからないのが現状です。

ただ、仮にFXCMのサーバーに問題があったとすれば、
FXCMがFXDDに変更されれば、
「約定率の低さ」は解消されると思います。

約定率は、FXCMよりもFXDDの方が断然に良いからです。

ただ、ここで一点問題が発生します。

それは、

「自動売買ソフトは、
 いずれかのFX業者にあわせて開発されるので、
 FXDDに合うかは不明」

という問題です。

つまり、FXCM向けに開発された7アローFXが、
FXDDに変わったとしても、
昨年のような高パフォーマンスが出せるか?
という問題です。

得てして、約定率の問題でFX業者が変わる場合に、
それまでの調子が良かった時のような、
高いパフォーマンスを維持できる可能性は、
今までの経験上、良くて半々程度です。

さて、ここで上海人さんの、

> エリーゼクラブはマイナスのまま、
> 7アローは超ドローダウンで現在売買ストップという状況です。
> こういうときはどういう風にかまえていけばいいですか?

というご質問にお答えします。

私は当局から投資業の認定を受けておりませんので、
直接的な投資判断の是非については、
法律上、お答えできないということをお断りした上で、

「仮に私だったらどうするか?」

ということでお答えします。

現在、7アローFXは運用停止になっていますが、
仮にFXDDで運用が開始されても、
私は1ヶ月程度は運用を見合わせます。

つまり、このタイミングで7アローFXに
停止申請を出して運用を停止させます。

その、運用を停止している1ヶ月間に、
7アローFXの検証を行っているいずれかのサイトで、
FXDDへの変更後にもキッチリ利益が出ているのかを
チェックします。

※私は検証者という立場ですので、
 FXDDに変更された直後も毎日運用します。
 サイトでの更新は、1ヶ月に一度なのですが、
 都度、お聞きいただければお答えしますので、
 遠慮無く聞いてくださいね^^

その上で、昨年のような安定した実績が、
1ヶ月以上出ていれば、
7アローFXの事務局に、運用開始申請を出して、
運用を再び開始します。

もし、1ヶ月を経過してもあまり成績が芳しくない場合は、

資金に余裕があれば、そのまま放置。
資金に余裕が無ければ、運用を止めて出金します。

私でしたら、このように対処します。

そして、もう一点だけご案内させてください。

これは非常に重要なことで、
同様のご質問をいただいた読者様には、
都度、ご案内をさせていただいている内容です。

仮にFXDDでの1ヶ月間の検証結果を見て、
上海人様が運用を再開しようとされた際に、
是非行っていただきたいことです。

それは、

「いくらまでなら資産が減少しても許容できるか?
 という範囲を設定して、そこまでは運用させる」

という「許容範囲」をあらかじめ決めておくと言うことです。

例えば、20万円の初期投資であれば、
資金が10万円までは投資を継続するが、
それ以下になったら即刻運用を止めるといった感じです。

一般的に、自動売買ソフトの性能を測るためには、
1年間の実績を見なければ判断しようがありません。

日々のプラスマイナスで一喜一憂していると、
長期的な判断にブレが出ますし、精神的にも良くありません。

許容範囲を決めておくと、
あまり大きく落ち込むことはありませんし、
運用当初に決めた範囲内ですので、
気持ちの上げ下げで判断がブレることもありません。

なお、余談ですが、私は1ヶ月に1度のペースで、
その自動売買ソフトの損益を見極めて、
運用の継続の是非を検討するようにしています。

許容範囲を決めておくと言うこととは
また違った判断ポイントにはなりますが、
状況に合わせて柔軟な判断ができるようにしておいた方が
良いかと思います。

お答えは以上となります。

的確なお答えにはなっていないかも知れませんが、
どうぞ、上海人様の投資スタイルに合わせて、
ご判断いただければと存じます。

> ビクトリーFXは分散の意味で検討していたのですが、
> 気分は萎えています。
> どうかアドバイスをお願いします。

ビクトリーFXは、
私の運用の軸となっている自動売買ソフトです。

ただし、投資ですので、
上海人様のくれぐれも余剰資金の中で
運用していただければ嬉しく存じます^^

何か不明点がありましたら、
遠慮無くご質問なさってくださいませ。

(ご質問は、このメールにそのまま返信で結構です。)

この度は、お忙しい中
メールをお送りくださりどうもありがとうございました。

また、ブログに遊びに来てください。
待っています!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ここまでが私からの回答です。

運用自体の「漫然」はOK、資金管理の「漫然」はNG

上海人さん、ご質問ありがとうございました。

また、質問をメルマガに掲載する件にご快諾いただき、
本当に感謝しております。

改めて、自動売買での資金管理には、
本当に気をつけなくてはなりません。

・最初に準備する資金
・ロット
・複利 or 単利

などは、販売者が推奨している数値を遵守する。

これは必須中の必須です。

販売者の推奨が無ければ、販売者に聞きましょう。

そして、上海人さんへのメールにも書いたとおり、
あなたが運用しようとしている自動売買ソフトで、

「いくらまでなら資産が減少しても許容できるか?」

という範囲をあらかじめ設定しておくこと。

これも、超重要です。

日々のプラスマイナスで一喜一憂していると、
まず、精神的にも良くありません。

一喜一憂する方は、何においても一喜一憂します。

仮にそのドローダウン幅が、
販売ページに書かれている範囲内、
つまり、想定内のドローダウンであったとしても。

この、一喜一憂が何が悪いかというと、
その自動売買ソフトの運用の是非についての
判断が一喜一憂に引っ張られてしまうのです。

ゆえに、

「止めるか?」
「このまま続行か?」

という時に、まともな判断ができない。

これじゃあ困ります。

でも、実際のところは、
「一喜一憂するな!!」
というのも無理があります。

だって我々は、
虎の子の資金を自動売買ソフトに預けている訳ですから。

そりゃあ、
一喜一憂するなと言われても、
一喜一憂はしてしまいますよね。

だから、

許容範囲を決めておきましょう

ということです。

最初に許容額を決めておけば、
運用当初に決めた範囲内ですので、
気持ちの上げ下げで判断がブレることもありません。

自動売買ソフトにおける、
運用自体の「漫然」はOK、

しかし、
資金管理の「漫然」はNG

という訳です。

あなたの大切な大切な資産を守るためです。

是非、今日から
あなたが運用している自動売買ソフトの
許容額を決めて運用しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク